Menu Close

6.2. コンソールでのモニタリングおよびアラート

Red Hat Quay 3.5 は、OpenShift コンソールから Operator を使用してデプロイされた Quay インスタンスのモニターのサポートを提供します。新規のモニタリング機能には、Grafana ダッシュボード、個別のメトリクスへのアクセス、Quay Pod を頻繁に再起動するために通知するアラートなどが含まれます。

注記

モニタリング機能を有効にするには、Operator を「all namespace」モードでインストールする必要があります。

6.2.1. ダッシュボード

OpenShift コンソールで、Monitoring → Dashboards に移動し、必要な Quay レジストリーインスタンスのダッシュボードを検索します。

Choose Quay dashboard

ダッシュボードには、以下を含むさまざまな統計が表示されます。

  • Organization (組織)、Repository (リポジトリー)、User (ユーザー)、および Robot (ロボット) アカウントの数
  • CPU 使用率および最大メモリー使用量
  • イメージプルおよびプッシュのレート、および認証要求
  • API 要求レート
  • 待機時間

Console dashboard