Menu Close

2.2. Quay Operator のインストール前に

2.2.1. ストレージソリューションの決定

Operator が Quay のオブジェクトストレージを管理する必要がある場合、クラスターは ObjectBucketClaim API 経由でオブジェクトストレージを提供できる必要があります。Red Hat OpenShift Data Foundations (ODF) Operator を使用する場合、2 つのサポートされるオプションを使用できます。

  • ローカルの Kubernetes PersistentVolume ストレージでサポートされる Multi-Cloud Object Gateway のスタンドアロンインスタンス

    • 高可用性がない
    • Quay サブスクリプションに含まれる
    • ODF に別のサブスクリプションは必要ない
  • スケールアウト Object Service と Ceph を使用する ODF の実稼働デプロイメント

    • 高可用性がある
    • ODF に別のサブスクリプションが必要

スタンドアロンのインスタンスオプションを使用するには、以下の読み取りを続行します。ODF の実稼働デプロイメントについては、公式ドキュメントを参照してください。

ObjectBucketClaim API 経由でオブジェクトストレージがすでに利用可能な場合や、外部 S3 互換オブジェクトストレージサービス(クラウドプロバイダーなど)を使用してオブジェクトストレージを利用可能にしている場合は、Operator のインストール に進みます。