第4章 非推奨コンポーネント

本セクションのコンポーネントは非推奨になります。

4.1. レガシーのテストシナリオツール

レガシーのテストシナリオツールは、Red Hat Process Automation Manager 7.3.0 で非推奨になりました。このツールは、今後の Red Hat Process Automation Manager リリースで削除予定です。代わりに、新しいテストシナリオデザイナーを使用してください。

4.2. Red Hat OpenShift Container Platform 3.x のサポート

Red Hat Process Automation Manager バージョン 7.5 以降では、Red Hat OpenShift Container Platform 3.x 向けのイメージとテンプレートが非推奨になりました。非推奨のイメージとテンプレートには新機能は追加されませんが、Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.x のサポートが終了するまでこれらのイメージとテンプレートは使用できます。Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.x の完全なサポートライフサイクルフェーズに関する詳細は、「Red Hat OpenShift Container Platform のライフサイクルポリシー (最新バージョン以外)」を参照してください。

Operator を使用した Red Hat OpenShift Container Platform 4.x への Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイメントを検討してください。

4.3. レガシーのプロセスデザイナー

Business Central のレガシーのプロセスデザイナーは、Red Hat Process Automation Manager 7.6.0 で非推奨になりました。そのため、レガシーのプロセスデザイナーには新しい機能拡張や機能は追加されません。新しいプロセスデザイナを使用予定の場合には、お使いのプロセスを新しいデザイナーに移行し始め、新しいプロセスデザイナーですべての新規プロセスを作成してください。 新規デザイナーへのプロジェクト移行に関する詳細は、「Business Central でのプロジェクトの管理」を参照してください。

4.4. Entando AppBuilder のサポート

2020 年 8 月 31 日以降、Red Hat Process Automation Manager 7.8 には Entando AppBuilder が同梱されなくなりました。この日付以降、Red Hat では Entando AppBuilder のサポートがなくなります。機能の資料やドキュメントは、7.9 リリースでは提供されません。