第7章 Red Hat Process Automation Manager 7.8.0 で修正された問題

Red Hat Process Automation Manager 7.8.0 の安定性が増し、本セクションに挙げる問題が修正されました。

7.1. Business Central

  • Dashbuilder データ転送機能が Windows で機能しない [RHPAM-2751]
  • Business Central で http を使用して clone プロジェクトを再有効化できない [RHPAM-2721]
  • ガイド付きデシジョンテーブルを変更しようとすると、列が競合して予期せぬエラーが発生する [RHPAM-2673]

7.2. プロセスエンジン

  • " をリテラル式に使用するとタイマーの式が正しく解釈されない [RHPAM-2845]

7.3. プロセスデザイナー

  • Business Central でタイマー式のコンポーネントを使用しようとすると、エラーメッセージが表示される [RHPAM-2695]
  • ケースファイルとグローバル変数を削除できない [RHPAM-2643]
  • プロセスデザイナーで不正な calledElement 属性を設定すると、プロセスが壊れ、エラーメッセージが表示される [RHPAM-2432]

7.4. デシジョンエンジン

  • DMN モデルでは coegen 機能を使用して DMNContext と DMNResult 向けに厳密に型指定されたコードを生成できる [RHDM-1323]

7.5. Red Hat OpenShift Container Platform

  • Operator を使用して Red Hat OpenShift Container Platform にイミュータブルな KIE Server 環境をデプロイできない [RHPAM-2942]
  • データベースのカスタム拡張イメージを作成できない [RHPAM-2948]
  • AWS EBS ボリュームプラグインで ReadWriteMany (RWX) 永続ボリュームアクセスモードのサポートがないため、AWS Elastic Block Storage (EBS) を備えた Amazon Web Services (AWS) で実稼働環境をデプロイできない [RHPAM-2480]

7.6. DMN デザイナー

  • デシジョンテーブルで単純なデシジョンノードを作成すると、不必要な typerRef エラーが生成される [RHDM-1291]
  • ビジネスナレッジモデル (BKM) とContextEntry の値が含まれるデシジョンテーブルを使用すると、DMN モデルの検証に失敗してエラーメッセージが表示される [RHDM-1281]
  • ボックスリスト式の型はサポートされない [RHDM-1271]
  • ビジネスナレッジモデル (BKM) は説明テキストエリアの最大長をサポートしない [RHDM-1261]
  • トップレベルのデシジョンテーブルの出力ヘッダーを選択すると、Properties パネルが更新されない [RHDM-1247]
  • DMN デシジョンノードは、長い質問を入力するために使用するテキストエリアの最大長をサポートしない [RHDM-1228]
  • レイアウト情報が含まれていない DMN ダイアグラムを表示すると、ノードがすべて同じ場所に表示される [RHDM-1150]