第8章 スタンドアロン Business Central の実行

Business Central スタンドアロン JAR ファイルを使用して、Red Hat JBoss EAP などのアプリケーションサーバーにデプロイせずに Business Central を実行できます。

注記

Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux にインストールした場合に限りこのインストールタイプをサポートします。

注記

設定ファイルの例は、rhpam-7.8.0-addons.ziprhpam-7.8.0-standalone-sample-configuration.zip にあります。

前提条件

手順

  1. Red Hat Process Automation Manager 7.8 の Software Downloads ページから rhpam-7.8.0-addons.zip ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードした rhpam-7.8.0-addons.zip ファイルを一時ディレクトリーに展開します。
  3. rhpam-7.8.0-addons フォルダーに移動し、rhpam-7.8.0-standalone-sample-configuration.zip を展開します。
  4. rhpam-7.8.0-standalone-sample-configuration フォルダーに移動し、rhpam-7.8.0-business-central-standalone.jar ファイルを含むディレクトリーに内容をコピーします。
  5. スタンドアロンのサンプル設定を実行するには、以下のコマンドを入力します。

    java -jar rhpam-7.8.0-business-central-standalone.jar -s sample-standalone-config.yml

    詳細は、「Business Central のシステムプロパティー」を参照してください。

8.1. Business Central のシステムプロパティー

このセクションに記載の Business Central のシステムプロパティーは standalone*.xml ファイルに渡されます。または、スタンドアロン Business Central のインストール時に、以下のコマンドで、本セクションに列記するプロパティーを使用することができます。

java -jar rhpam-7.8.0-business-central-standalone.jar -s application-config.yaml -D<property>=<value> -D<property>=<value>

このコマンドでは、<property> をリストのプロパティーに、<value> をそのプロパティーに割り当てる値に置き換えます。

Git ディレクトリー

以下のプロパティーを使用して、Business Central Git ディレクトリーの場所と名前を設定します。

  • org.uberfire.nio.git.dir: Business Central の Git ディレクトリーの場所
  • org.uberfire.nio.git.dirname: Business Central の Git ディレクトリーの名前。デフォルト値: .niogit
  • org.uberfire.nio.git.ketch: Git ketch を有効化または無効化
  • org.uberfire.nio.git.hooks: Business Central の Git ディレクトリーの場所
HTTP 経由の Git

次のプロパティーを使用して、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスできるように設定します。

  • org.uberfire.nio.git.proxy.ssh.over.http: SSH が HTTP プロキシーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値: false
  • http.proxyHost: HTTP プロキシ−のホスト名を定義します。デフォルト値: null
  • http.proxyPort: HTTP プロキシーのホストポート (整数値) を定義します。デフォルト値: null
  • http.proxyUser: HTTP プロキシー名を定義します。
  • http.proxyPassword: HTTP プロキシーのユーザーパスワードを定義します。
  • org.uberfire.nio.git.http.enabled: HTTP デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.http.host: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはホストの識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.http.hostname: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはホスト名の識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.http.port: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはポート番号としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: 8080
HTTPS 経由の Git

次のプロパティーを使用して、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスできるように設定します。

  • org.uberfire.nio.git.proxy.ssh.over.https: SSH が HTTPS プロキシーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値: false
  • https.proxyHost: HTTPS プロキシーのホスト名を定義します。デフォルト値: null
  • https.proxyPort: HTTPS プロキシーのホストポート (整数値) を定義します。デフォルト値: null
  • https.proxyUser: HTTPS プロキシー名を定義します。
  • https.proxyPassword: HTTPS プロキシーのユーザーパスワードを定義します。
  • user.dir: ユーザーディレクトリーの場所。
  • org.uberfire.nio.git.https.enabled: HTTPS デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: false
  • org.uberfire.nio.git.https.host: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはホストの識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.https.hostname: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはホスト名の識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.https.port: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはポート番号としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: 8080
JGit
  • org.uberfire.nio.jgit.cache.instances: JGit キャッシュサイズを定義します。
  • org.uberfire.nio.jgit.cache.overflow.cleanup.size: JGit キャッシュオーバーフローのクリーンアップサイズを定義します。
  • org.uberfire.nio.jgit.remove.eldest.iterations: 最も古い JGit の反復を削除するかどうかを定義します。
  • org.uberfire.nio.jgit.cache.evict.threshold.duration: JGit 退避のしきい値の期間を定義します。
  • org.uberfire.nio.jgit.cache.evict.threshold.time.unit: JGit 退避のしきい値の時間単位を定義します。
Git デーモン

次のプロパティーを使用して、Git デーモンを有効にして構成します。

  • org.uberfire.nio.git.daemon.enabled: Git デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.daemon.host: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホストの識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.daemon.hostname: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト名の識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.daemon.port: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをポート番号として使用します。デフォルト値: 9418
  • org.uberfire.nio.git.http.sslVerify: Git リポジトリーの確認をする SSL 証明書を有効または無効にします。デフォルト値: true

    注記

    デフォルトポートまたは割り当てられたポートが既に使用されている場合は、別のポートが自動的に選択されます。ポートが利用可能であることを確認し、詳細についてはログをチェックします。

Git SSH

次のプロパティーを使用して、Git SSHデーモンを有効にして構成します。

  • org.uberfire.nio.git.ssh.enabled: SSH デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.ssh.host: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.ssh.hostname: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト名の識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.SSH.port: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをポート番号として使用します。デフォルト値: 8001

    注記

    デフォルトポートまたは割り当てられたポートが既に使用されている場合は、別のポートが自動的に選択されます。ポートが利用可能であることを確認し、詳細についてはログをチェックします。

  • org.uberfire.nio.git.ssh.cert.dir: ローカルの証明書が保存される .security ディレクトリーの場所。デフォルト: 作業ディレクトリー。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.idle.timeout: SSH のアイドルタイムアウトを設定します。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.passphrase: SCP スタイルの URL (例: git@github.com:user/repository.git) を使用して git リポジトリーをクローンする時に、オペレーティングシステムの公開鍵ストアへのアクセスに使用するパスフレーズ。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.algorithm: SSH で使用されるアルゴリズム。デフォルト値: RSA
  • org.uberfire.nio.git.gc.limit: GC の制限を設定します。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.ciphers: コンマ区切りの暗号化の文字列。利用可能な暗号化は aes128-ctraes192-ctraes256-ctrarcfour128arcfour256aes192-cbcaes256-cbc です。このプロパティーを使用しない場合は、すべての暗号化が読み込まれます。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.macs: コンマ区切りのメッセージ認証コード (MAC) の文字列。利用可能な MAC は hmac-md5hmac-md5-96hmac-sha1hmac-sha1-96hmac-sha2-256hmac-sha2-512 です。このプロパティーを使用しない場合は、すべての MAC が読み込まれます。

    注記

    RSA、または DSA 以外のアルゴリズムを使う場合は、Bouncy Castle JCE ライブラリーを使用するようにアプリケーションサーバーを設定します。

KIE Server ノードおよび Process Automation Manager コントローラー

以下のプロパティーを使用して Process Automation Manager コントローラーから KIE Server ノードへの接続を設定します。

  • org.kie.server.controller: Process Automation Manager コントローラーへの接続に使用される URL (例: ws://localhost:8080/business-central/websocket/controller)
  • org.kie.server.user: Process Automation Manager コントローラーから KIE Server ノードへの接続時に使用するユーザー名。このプロパティーは、この Business Central システムを Process Automation Manager コントローラーとして使用する場合に限り必要になります。
  • org.kie.server.pwd: Process Automation Manager コントローラーから KIE Server ノードに接続する際に使用するパスワード。このプロパティーは、この Business Central システムを Process Automation Manager コントローラーとして使用する場合に限り必要になります。
Maven など

以下のプロパティーを使用して、Maven などの機能を設定します。

  • kie.maven.offline.force: Maven のオフライン動作を強制します。true に設定すると、オンラインの依存関係解決が無効になります。デフォルト値: false

    注記

    このプロパティーは、Business Central にのみ使用してください。他のコンポーネントとランタイム環境を共有する場合は、設定を分離して、Business Central にだけ適用してください。

  • org.uberfire.gzip.enable: GzipFilter 圧縮フィルターで Gzip の圧縮を有効にするか、または無効にします。デフォルト値: true
  • org.kie.workbench.profile: Business Central プロファイルを選択します。許容値は、FULL または PLANNER_AND_RULES です。プリフィックス FULL_ で、プロファイルを設定し、管理者設定にこのプロファイルの設定を表示されないようにします。デフォルト値: FULL
  • org.appformer.m2repo.url: Business Central は依存関係を検索する時に、Maven リポジトリーのデフォルトの場所を使用します。デフォルト値は、http://localhost:8080/business-central/maven2 など、Business Central 内の Maven リポジトリーを参照します。このプロパティーは、Business Central が起動する前に設定してください。デフォルト値: 内部の m2 リポジトリーへのファイルパス
  • appformer.ssh.keystore: クラス名を指定して Business Central で使用する、カスタムの SSH キーストアを定義します。このプロパティーが指定されていない場合はデフォルトの SSH キーストアを使用します。
  • appformer.ssh.keys.storage.folder: デフォルトの SSH キーストアを使用する場合にこのプロパティーはユーザーの SSH 公開鍵の保存フォルダーを定義します。このプロパティーが指定されていない場合には、この公開鍵は Business Central の .security フォルダーに保存されます。
  • appformer.experimental.features: 実験的機能のフレームワークを有効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.demo: GitHub 外部へのデモアプリケーションのクローン作成を有効にします。
  • org.uberfire.metadata.index.dir: Lucene の .index ディレクトリーが保存される場所。デフォルト値: 作業ディレクトリー
  • org.uberfire.ldap.regex.role_mapper: アプリケーションのロール名に LDAP プリンシパル名をマッピングするのに使用する Regex パターン。プリンシパルの値とロール名が一致する場合にアプリケーションのロール名は、変数ロールに置き換えられるので、変数ロールはパターンの一部でなければならない点に注意してください。
  • org.uberfire.sys.repo.monitor.disabled: 設定モニターを無効にします。無効にした場合の影響を正しく理解していない場合は、無効にしないでください。デフォルト値: false
  • org.uberfire.secure.key: パスワードの暗号化で使用するパスワード。デフォルト値: org.uberfire.admin
  • org.uberfire.secure.alg: パスワードの暗号化で使用する暗号化アルゴリズム。デフォルト値: PBEWithMD5AndDES
  • org.uberfire.domain: uberfire が使用するセキュリティードメイン名。デフォルト値: ApplicationRealm
  • org.guvnor.m2repo.dir: Maven リポジトリーディレクトリーが保存される場所。デフォルト値: <working-directory>/repositories/kie
  • org.guvnor.project.gav.check.disabled: グループ ID、アーティファクト ID、およびバージョン (GAV) のチェックを無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.build.disable-project-explorer: Project Explorer で選択したプロジェクトの自動ビルドを無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.verification.disable-dtable-realtime-verification: デシジョンテーブルのリアルタイム確認および検証を無効にします。デフォルト値: false
Process Automation Manager コントローラー

以下のプロパティーを使用して、Process Automation Manager コントローラーへの接続方法を設定します。

  • org.kie.workbench.controller: Process Automation Manager コントローラーとの接続に使用する URL。例: ws://localhost:8080/kie-server-controller/websocket/controller
  • org.kie.workbench.controller.user: Process Automation Manager コントローラーのユーザー。デフォルト値: kieserver
  • org.kie.workbench.controller.pwd: Process Automation Manager コントローラーのパスワード。デフォルト値: kieserver1!
  • org.kie.workbench.controller.token: Process Automation Manager コントローラーとの接続に使用するトークン文字列
Java Cryptography Extension KeyStore (JCEKS)

JCEKS を設定するには、以下のプロパティーを使用します。

  • kie.keystore.keyStoreURL: Java Cryptography Extension KeyStore (JCEKS) の読み込みに使用する URL (例: file:///home/kie/keystores/keystore.jceks.)。
  • kie.keystore.keyStorePwd: JCEKS に使用するパスワード。
  • kie.keystore.key.ctrl.alias: デフォルトの REST Process Automation Manager コントローラーに使用するキーのエイリアス。
  • kie.keystore.key.ctrl.pwd: デフォルトの REST Process Automation Manager コントローラーのエイリアスのパスワード
レンダリング

以下のプロパティーを使用して、Business Centralと KIE Server のレンダリングフォームを切り替えます。

  • org.jbpm.wb.forms.renderer.ext: Business Central と KIE Server のフォームのレンダリングを切り替えます。デフォルトでは、フォームのレンダリングは Business Central が行います。デフォルト値: false
  • org.jbpm.wb.forms.renderer.name: Business Central と KIE Server のレンダリングフォームを切り替えることができます。デフォルト値: workbench