第3章 ランタイム環境における KIE Server クラスター

ランタイム環境では、KIE Server は、ビジネス上の決定をサポートするルールおよびプロセスが含まれるサービスを実行します。KIE Server ランタイム環境をクラスタリングする主な利点は負荷分散です。クラスターのノードの 1 つでアクティビティーが増えると、そのアクティビティーはクラスターの残りのノードと共有されるため、パフォーマンスが改善します。

KIE Server のクラスター化ランタイム環境を作成するには、Red Hat JBoss EAP 7.3 および KIE Server をダウンロードして展開します。次に、ドメインモードクラスターに Red Hat JBoss EAP 7.3 を設定し、クラスターを起動し、各クラスターノードに KIE Server をインストールします。

任意で、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーおよび Smart Router をクラスター化できます。

3.1. Red Hat JBoss EAP 7.3 および KIE Server のダウンロードおよび展開

本セクションの手順を行い、Red Hat JBoss EAP 7.3 をダウンロードしてインストールし、クラスター環境にインストールするために KIE Server をダウンロードして再パッケージ化します。

手順

  1. クラスターの各ノードに Red Hat JBoss EAP 7.3 をインストールします。

    1. Red Hat カスタマーポータルの「Software Downloads」ページに移動し (ログインが必要)、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

      • Product: Red Hat JBoss EAP
      • Version: 7.3
    2. Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 7.3.0 (jboss-eap-7.3.0.zip) の横にある Download をクリックします。
  2. jboss-eap-7.3.0.zip ファイルを展開します。jboss-eap-7.3/jboss-eap-7.3 ディレクトリーは EAP_HOME とします。
  3. 最新の Red Hat JBoss EAP パッチが利用できる場合には、ダウンロードして適用します。
  4. KIE Server のダウンロード:

    1. Red Hat カスタマーポータルの「Software Downloads」ページに移動し、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

      • Product: Process Automation Manager
      • バージョン: 7.8
    2. Red Hat Process Automation Manager 7.8.0 KIE Server for All Supported EE8 Containers (rhpam-7.8.0-kie-server-ee8.zip) をダウンロードします。
  5. rhpam-7.8.0-kie-server-ee8.zip アーカイブを一時ディレクトリーに展開します。以下の例では、この名前を TEMP_DIR とします。
  6. TEMP_DIR/rhpam-7.8.0-kie-server-ee8/rhpam-7.8.0-kie-server-ee8/kie-server.war ディレクトリーを EAP_HOME/standalone/deployments/ にコピーします。

    警告

    コピーする Red Hat Process Automation Manager デプロイメントの名前が、Red Hat JBoss EAP インスタンスの既存デプロイメントと競合しないことを確認します。

  7. TEMP_DIR/rhpam-7.8.0-kie-server-ee8/rhpam-7.8.0-kie-server-ee8/SecurityPolicy/ の内容を EAP_HOME/bin にコピーします。ファイルの上書きを確認するメッセージが表示されたら、Replace をクリックします。
  8. EAP_HOME/standalone/deployments/ ディレクトリーに、kie-server.war.dodeploy という名前で空のファイルを作成します。このファイルにより、サーバーが起動すると KIE Server が自動的にデプロイされます。
  9. 最新の Red Hat Process Automation Manager のパッチが利用できる場合には、ダウンロードして適用します。
  10. EAP_HOME/bin ディレクトリーに移動します。
  11. KIE Server へのログインに使用する kie-server ロールのユーザーを作成します。

    $ ./add-user.sh -a --user <USERNAME> --password <PASSWORD> --role kie-server
  12. ユーザー名とパスワードを書き留めておきます。