第3章 Oracle WebLogic Server のインストールおよび実行

KIE Server に対応する多くの設定を適用するために、Oracle WebLogic Server をインストールして実行する必要があります。本セクションは、スタンドアロンの Oracle WebLogic Server ドメインに Oracle WebLogic Server をインストールして起動する方法を説明します。

最新の詳細情報は「Oracle WebLogic Server 製品ページ」を参照してください。

注記

起動するサーバーと同じリスナーポートを使用する Oracle WebLogic Server インスタンスを実行している場合は、新たにサーバーを起動する前に、稼働しているサーバーを停止する必要があります。

手順

  1. Oracle WebLogic Server の Downloads page から、Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0 以降をダウンロードします。
  2. ターゲットシステムにサインインし、認定済み JDK がシステムにインストールされていることを確認します。インストーラーには認定済み JDK が必要です。システム要件は「Oracle Fusion Middleware Systems Requirements and Specifications」を参照してください。JDK のダウンロードは「Planning an Installation of Oracle Fusion Middleware」の「About JDK Requirements for an Oracle Fusion Middleware Installation」のセクションを参照してください。
  3. インストールプログラムをダウンロードしたディレクトリーに移動します。
  4. システムの JDK ディレクトリーから java -jar を実行して、インストールプログラムを起動します。以下の例を参照してください

    UNIX ベースのシステムの場合:

    /home/Oracle/jdk/jdk1.8.0_131/bin/java -jar fmw_12.2.1.3.0_wls_generic.jar

    Windows オペレーティングシステムの場合:

    C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_131\bin\java -jar fmw_12.2.1.3.0_wls_generic.jar

    この例の JDK の場所を、実際にシステムに保存されている JDK の場所に置き換えます。

  5. インストールウィザードプロンプトに従い、インストールを完了します。
  6. インストールが完了したら、端末からドメインディレクトリー (WLS_HOME/user_projects/<DOMAIN_NAME>) に移動します。以下は例となります。

    WLS\user_projects\mydomain
  7. 以下のいずれかのコマンドを実行して、Oracle WebLogic Server を起動します。

    UNIX ベースのシステムの場合:

    startWebLogic.sh

    Windows オペレーティングシステムの場合:

    startWebLogic.cmd

    起動スクリプトが多数のメッセージを表示しますが、最後に以下のようなメッセージを表示します。

    <Dec 8, 2017 3:50:42 PM PDT> <Notice> <WebLogicServer> <000360> <Server started in RUNNING mode>
  8. Web ブラウザーで、以下の URL を開きます。

    http://<HOST>:<PORT>/console

    <HOST> は、ホストサーバーのシステム名または IP アドレスです。

    <PORT> は、ホストサーバーが要求をリッスンしているポートのアドレス (デフォルトでは 7001) です。

    たとえば、システムで起動している Oracle WebLogic Server のローカルインスタンスに対して管理コンソールを起動するには、以下の URL をブラウザーに入力します。

    http://localhost:7001/console/

    SSL (secure socket layer) を使用して管理コンソールを起動したら、http の後に s を追加して、https://<HOST>:<PORT>/console にする必要があります。

  9. WebLogic 管理コンソールのログインページが表示されたら、管理者の認証情報を入力します。