第5章 Oracle WebLogic Server への KIE Server のインストール

Oracle WebLogic Server に必要なシステムプロパティーをすべて設定したら、Oracle WebLogic Server に KIE Server をインストールして、Red Hat Process Automation Manager アプリケーション管理を合理化します。

前提条件

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページに移動し (ログインが必要)、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

    • 製品: Process Automation Manager
    • バージョン: 7.8
  2. Red Hat Process Automation Manager 7.8.0 KIE Server for All Supported EE7 Containers をダウンロードします。
  3. ダウンロードした rhpam-7.8.0-kie-server-ee7.zip ファイルを一時ディレクトリーに展開します。
  4. WebLogic 管理コンソールで Deployments に移動し、既存のアプリケーションをすべて表示します。
  5. Install をクリックします。
  6. rhpam-7.8.0-kie-server-ee7.zip ファイルをダウンロードして展開した一時ディレクトリーに移動し、rhpam-7.8.0-kie-server-ee7/kie-server.war に移動します。
  7. kie-server.war ファイルを選択し、Next をクリックして続行します。
  8. ターゲットとするスタイルとして Install this deployment as an application を選択し、Next をクリックします。
  9. アプリケーション名を kie-server に設定し、セキュリティーモデルを DD Only に設定します。残りのオプションはデフォルトのままにし、Next をクリックして続行します。
  10. Additional Configuration セクションで No, I will review the configuration later を選択し、Finish をクリックします。

5.1. Oracle WebLogic Server への KIE Server インストールの確認

Oracle WebLogic Server に KIE Server をインストールしたら、インストールが成功していることを確認します。

前提条件

手順

  1. Web ブラウザーに KIE Server の URL (http://<HOST>:<PORT>/kie-server/services/rest/server) を入力します。
  2. KIE Server が実行していることを確認します。

    KIE Server が実行していない場合は、Oracle WebLogic Server インスタンスを停止して再起動し、KIE Server の URL に再度アクセスしてみてください。