前書き

ビジネスアナリスト、システム管理者、またはビジネスルール開発者は、作成する Red Hat Process Automation Manager のビジネスアセットのタイプと、これらのアセットの開発、保存、実行、デプロイの方法は、ビジネス自動化環境のニーズにより異なります。アセット開発には Business Central または外部統合開発環境 (IDE)、ストレージおよびバージョン管理にはビルトインまたは外部 Git リポジトリー、デプロイメントには KIE Server または埋め込み型アプリケーション、またはその他の実装の組み合わせを使用するデシジョン管理アーキテクチャーを設計できます。Red Hat Process Automation Manager を Red Hat OpenShift Container Platform 環境にデプロイして、コンテナー実装を強化することもできます。

このドキュメントでは、デシジョン管理アーキテクチャーを設計時に考慮する Red Hat Process Automation Manager の実装の基本的な概念とオプションについて説明します。環境に最適な実装を確認するには、Red Hat テクニカルアカウントマネージャーまたはソリューションアーキテクトにお問い合わせください。