Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第9章 テストシナリオの式構文

テストシナリオデザイナーでは、ルールベースおよび DMN ベースのテストシナリオ両方似向け、異なる式言語をサポートします。ルールベースのテストシナリオは MVFLEX 式言語 (MVEL) を、DMN ベースのテストシナリオは FEEL (Friendly Enough Expression Language) 式言語をサポートします。

9.1. ルールベースのテストシナリオの式構文

ルールベースのテストシナリオは、以下の組み込みデータ型をサポートします。

  • 文字列
  • Boolean 型
  • 整数
  • Long
  • Double
  • 浮動
  • 文字
  • バイト
  • Short
  • LocalDate
注記

その他のデータ型については、プリフィックスとして # を指定した MVEL 式を使用してください。

テストシナリオデザイナーの BigDecimal の例に従って、プリフィックスに # を使用して java 式を設定します。

  • GIVEN 列の値に、# java.math.BigDecimal.valueOf(10) と入力します。
  • EXPECT 列の値に # actualValue.intValue() == 10 と入力します。

java 式の EXPECT 列の実際の値を参照して、条件を実行できます。

テストシナリオデザイナーでは、以下に示すルールベースのテストシナリオの定義式がサポートされます。

表9.1 式構文の説明

演算子説明

=

値と同等であることを指定します。これは、全コラムでデフォルトとなっており、GIVEN コラムでサポートされる唯一の演算子です。

=, =!, <>

値が同等でないことを指定します。この演算子は、他の演算子と組み合わることができます。

<, >, <=, >=

比較を指定します。未満、値よりも大きい、以下、以上

#

この演算子を使用して、プロパティーヘッダーセルに java 式の値を設定することで、java メソッドとして実行できます。

[value1, value2, value3]

値の一覧を指定します。1 つまたは複数の値が有効な場合には、シナリオの定義は True と評価されます。

expression1; expression2; expression3

式のリストを指定します。すべての式が有効な場合には、シナリオ定義は True と評価されます。

注記

セルがからの場合は、評価が省略されます。空の文字列を定義するには、=[] または ; を使用します。null 値を定義するには、null を使用します。

表9.2 式の例

説明

-1

実際の値は、-1 と同等です。

< 0

実際の値は、0 未満です。

! > 0

実際の値は、0 以下です。

[-1, 0, 1]

実際の値は、-1、0 または 1 です。

<> [1, -1]

実際の値は、1 でも -1 でもありません。

! 100; 0

実際の値は、100 ではなく、0 です。

!= < 0; <> > 1

実際の値は、0 未満でも、1 以上でもありません。

<> <= 0; >= 1

実際の値は、0 以下でなく、1 以上です。

注記

ルールベースのテストシナリオデザイナーの右側にある Scenario Cheatsheet タブで、サポートされているコマンドと構文を参照できます。

9.2. DMN ベースシナリオの式構文

以下のデータタイプは、テストシナリオデザイナーの DMN ベーステストシナリオでサポートされます。

表9.3 DMN ベースのシナリオがサポートするデータタイプ

サポートされるデータタイプ説明

番号および文字列

文字列は、"John Doe""Brno" または "" のように、引用符で囲む必要があります。

ブール値

truefalse および null.

日時

例: date("2019-05-13") または time("14:10:00+02:00")

関数

avgmax などの組み込み計算機能をサポートします。

コンテキスト

例: {x : 5, y : 3}

範囲とリスト

例: [1 .. 10] または [2, 3, 4, 5]

注記

DMN ベースのテストシナリオデザイナーの右側にある Scenario Cheatsheet タブで、サポートされているコマンドと構文を参照できます。