Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 テストシナリオテンプレート

テストシナリオの定義を指定する前に、テストシナリオテンプレートを作成する必要があります。テストシナリオテーブルのヘッダーにより、各シナリオのテンプレートが定義されます。GIVEN と EXPECT の両セクションに、インスタンスタイプとプロパティーヘッダーを設定する必要があります。インスタンスヘッダーは、特定のデータオブジェクト (ファクト) にマッピングし、プロパティーヘッダーは対応するデータオブジェクトの特定のフィールドにマッピングします。

テストシナリオデザイナーを使用すると、ルールベースと DMN ベースの両方のテストシナリオのテストシナリオテンプレートを作成できます。

4.1. ルールベースシナリオのテストシナリオテンプレートの作成

以下の手順に従い、ルールベースのテストシナリオのテストシナリオテンプレートを作成してルールとデータを検証します。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、テストシナリオを作成するプロジェクトをクリックします。
  2. Add AssetTest Scenario の順にクリックします。
  3. テストシナリオ 名を入力し、適切な パッケージ を選択します。選択するパッケージは、必要なデータオブジェクトとルールアセットが割り当てられている、またはこれから割り当てるパッケージにする必要があります。
  4. Source type として RULE を選択します。
  5. Ok をクリックして、テストシナリオデザイナーでテストシナリオを作成して開きます。
  6. GIVEN 列ヘッダーをデータオブジェクトにマッピングするには、以下を実行します。

    1. GIVEN セクションのインスタンスヘッダーセルを選択します。
    2. Test Tools タブからデータオブジェクトを選択します。
    3. Insert Data Object をクリックします。
  7. EXPECT 列ヘッダーをデータオブジェクトにマッピングするには、以下を実行します。

    1. EXPECT セクションのインスタンスヘッダーセルをクリックします。
    2. Test Tools タブからデータオブジェクトを選択します。
    3. Insert Data Object をクリックします。
  8. データオブジェクトをプロパティーセルにマッピングするには、以下を実行します。

    1. インスタンスヘッダーセルまたはプロパティーヘッダーセルを選択します。
    2. Test Tools タブからデータオブジェクトフィールドを選択します。
    3. Insert Data Object をクリックします。
  9. データオブジェクトのプロパティーをさらに挿入するには、プロパティーヘッダーを右クリックして、必要に応じて、Insert column right または Insert column left を選択します。
  10. テストシナリオの実行中に java メソッドをプロパティーセルに定義するには、以下を実行します。

    1. インスタンスヘッダーセルまたはプロパティーヘッダーセルを選択します。
    2. Test Tools タブからデータオブジェクトフィールドを選択します。
    3. Insert Data Object をクリックします。
    4. プリフィックスに # を指定した MVEL 式使用して、テストシナリオの実行に java メソッドを定義します。
    5. データオブジェクトのプロパティーをさらに挿入するには、プロパティーヘッダーセルを右クリックして、必要に応じて、Insert column right または Insert column left を選択します。
  11. 必要に応じて、コンテキストメニューを使用して行と列を追加または削除します。

ルールベースのシナリオの式の構文に関する詳細は、「ルールベースのテストシナリオの式構文」を参照してください。

4.2. ルールベースのテストシナリオでのエイリアスの使用

テストシナリオデザイナーで、ヘッダーセルをデータオブジェクトにマッピングすると、データオブジェクトは Test Tools タブから削除されます。エイリアスを使用して、データオブジェクトを別のヘッダーセルに再マッピングできます。また、エイリアスを使用すると、テストシナリオで同じデータオブジェクトのインスタンスを複数指定できます。さらに、プロパティーエイリアスを作成して、使用するプロパティーの名前をテーブルで直接変更することもできます。

手順

Business Central のテストシナリオデザイナーで、ヘッダーセルをダブルクリックし、名前を手動で変更します。エイリアスの名前が一意であることを確認してください。

インスタンスが Test Tools タブのデータオブジェクトのリストに表示されます。