第4章 KIE Server の設定と起動

KIE Server の場所、ユーザー名、パスワード、その他の関連プロパティーは、KIE Server の起動時に必要な設定を定義することで設定できます。

手順

Red Hat Process Automation Manager 7.7 の bin ディレクトリーに移動し、以下のプロパティーを使用して、新しい KIE Server を起動します。お使いの環境に応じて特定のプロパティーを調整します。

$ ~/EAP_HOME/bin/standalone.sh --server-config=standalone-full.xml 1
-Dorg.kie.server.id=myserver 2
-Dorg.kie.server.user=kie_server_username 3
-Dorg.kie.server.pwd=kie_server_password 4
-Dorg.kie.server.controller=http://localhost:8080/business-central/rest/controller 5
-Dorg.kie.server.controller.user=controller_username 6
-Dorg.kie.server.controller.pwd=controller_password 7
-Dorg.kie.server.location=http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server 8
-Dorg.kie.server.persistence.dialect=org.hibernate.dialect.PostgreSQLDialect 9
-Dorg.kie.server.persistence.ds=java:jboss/datasources/psjbpmDS 10
1
standalone-full.xml サーバープロファイルの開始コマンド
2
サーバー ID (Business Central で定義したサーバー設定名に一致させる必要がある)
3
Process Automation Manager コントローラーから KIE Server に接続する際のユーザー名
4
Process Automation Manager コントローラーから KIE Server に接続する際のパスワード
5
Process Automation Manager コントローラーの場所 (/rest/controller 接尾辞が付いた Business Central URL)
6
Process Automation Manager コントローラー REST API に接続するユーザー名
7
Process Automation Manager コントローラー REST API に接続するパスワード
8
KIE Server の場所 (この例では Business Central と同じ場所)
9
使用する Hibernate の方言
10
以前の Red Hat JBoss BPM Suite データベースに使用されるデータソースの JNDI 名
注記

Business Central と KIE Server が別々のアプリケーションサーバーインスタンス (Red Hat JBoss EAP など) にインストールされている場合は、Business Central とポートが競合しないように、KIE Server の場所には別のポートを使用します。別の KIE Server ポートが設定されていない場合は、ポートオフセットを追加して、KIE Server プロパティーに従って KIE Server のポート値を調整します。

例:

-Djboss.socket.binding.port-offset=150
-Dorg.kie.server.location=http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server

この例のように、Business Central ポートが 8080 で、オフセットを 150 に定義した場合には、KIE Server ポートは 8230 になります。

KIE Server は、新しい Business Central に接続し、デプロイするデプロイメントユニット (KIE コンテナー) の一覧を収集します。

注記

依存関係の JAR ファイルでクラスを使用して KIE Server クライアントから KIE Server にアクセスすると、Business Central では ConversionException および ForbiddenClassException が発生します。Business Central でこれらの例外を発生させないようにするには、次のいずれかを実行します。

  • クライアント側で例外が発生する場合には、kie-server クライアントに次のシステムプロパティーを追加します。
System.setProperty("org.kie.server.xstream.enabled.packages", "org.example.**");
  • サーバー側で例外が発生する場合には、Red Hat Process Automation Manager インストールディレクトリーから standalone-full.xml を開き、<system-properties> タグに以下のプロパティーを設定します。
<property name="org.kie.server.xstream.enabled.packages" value="org.example.**"/>
  • 以下の JVM プロパティーを設定します。
-Dorg.kie.server.xstream.enabled.packages=org.example.**

KJAR に存在するクラスは、これらのシステムプロパティーを使用して設定しないように想定されています。システムプロパティーでは既知のクラスのみを使用し、脆弱性を回避するようにしてください。

org.example はパッケージ例で、使用するパッケージを何でも定義できます。 org.example1.* * , org.example2.* * , org.example3.* * などのように、コンマ区切りで、複数のパッケージを指定できます。

org.example1.Mydata1, org.example2.Mydata2 など、特定のクラスも追加できます。