第2章 Maven を使ったシステム統合

Red Hat Process Automation Manager は、Red Hat JBoss Middleware Maven Repository と Maven Central リポジトリーを依存関係ソースとして使用するように作られています。これら両方の依存関係がプロセスビルドに利用できるようにしてください。

ご自分のプロジェクトがアーティファクトの特定バージョンに依存していることを確認してください。LATEST または RELEASE は、アプリケーションの依存関係バージョンの特定と管理に一般的に使用されます。

  • LATEST は、アーティファクトの最新デプロイ (スナップショット) バージョンになります。
  • RELEASE は、リポジトリー内のスナップショットバージョンを除く最新リリースになります。

LATEST または RELEASE を使用することで、サードパーティーのライブラリーの新リリース時にバージョン番号を更新する必要がなくなります。ただし、ソフトウェアリリースの影響を受けるビルドをコントロールができなくなります。

2.1. ローカルプロジェクトの Preemptive (先行) 認証

お使いの環境にインターネットアクセスがない場合には、Maven Central や他のパブリックリポジトリーの代わりに社内リポジトリーを設定します。Red Hat Process Automation Manager サーバーのリモート Maven リポジトリーからローカル Mave プロジェクトに JAR をインポートするには、リポジトリーサーバーの先行認証をオンにします。pom.xml ファイルの guvnor-m2-repo 用の認証を設定することでこれが実行できます。以下に例を示します。

<server>
  <id>guvnor-m2-repo</id>
  <username>admin</username>
  <password>admin</password>
  <configuration>
    <wagonProvider>httpclient</wagonProvider>
    	<httpConfiguration>
      	<all>
      	   <usePreemptive>true</usePreemptive>
      	</all>
    	</httpConfiguration>
  </configuration>
</server>

別の方法では、Authorization HTTP ヘッダーを Base64 encoded 認証情報で設定できます。

<server>
  <id>guvnor-m2-repo</id>
  <configuration>
  	<httpHeaders>
  	   <property>
    	    <name>Authorization</name>
    	    <!-- Base64-encoded "admin:admin" -->
    	    <value>Basic YWRtaW46YWRtaW4=</value>
  	   </property>
    </httpHeaders>
  </configuration>
</server>

2.2. Business Central における重複した GAV の検出

Business Central のすべての Maven リポジトリーで、GroupIdArtifactIdVersion (GAV) の各値が重複しているかどうかが確認されます。GAV が重複していると、実行された操作が取り消されます。

注記

重複する GAV の検出は、Development Mode のプロジェクトでは無効になっています。Business Central で重複する GAV 検出を有効にするには、 プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを OFF (該当する場合) に切り替えます。

重複した GAV の検出は、以下の操作を実行するたびに実行されます。

  • プロジェクトのプロジェクト定義の保存。
  • pom.xml ファイルの保存。
  • プロジェクトのインストール、ビルド、またはデプロイメント。

以下の Maven リポジトリーで重複の GAV が確認されます。

  • pom.xml ファイルの <repositories> 要素および <distributionManagement> 要素で指定されたリポジトリー。
  • Maven の settings.xml 設定ファイルに指定されたリポジトリー。

2.3. Business Central における重複した GAV 検出設定の管理

admin ロールを持つ Business Central ユーザーは、プロジェクトで GroupId 値、ArtifactId 値、Version 値 (GAV) が重複しているかどうかを確認するリポジトリーの一覧を修正できます。

注記

重複する GAV の検出は、Development Mode のプロジェクトでは無効になっています。Business Central で重複する GAV 検出を有効にするには、 プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを OFF (該当する場合) に切り替えます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. プロジェクトの Settings タブをクリックし、Validation をクリックしてリポジトリーの一覧を開きます。
  3. 一覧表示したリポジトリーオプションの中から選択するか選択を解除して、重複した GAV の検出を有効または無効にします。

    今後、重複した GAV の報告は、検証を有効にしたリポジトリーに対してのみ行われます。

    注記

    この機能を無効にするには、システムの起動時に Business Central のorg.guvnor.project.gav.check.disabled システムプロパティーを true に設定します。

    $ ~/EAP_HOME/bin/standalone.sh -c standalone-full.xml
    -Dorg.guvnor.project.gav.check.disabled=true