第8章 Business Central に接続する KIE Server の設定

KIE Server を Red Hat Process Automation Manager 環境に設定していない場合、または Red Hat Process Automation Manager 環境に KIE Server を追加する必要がある場合は、KIE Server を設定して Business Central に接続する必要があります。

注記

Red Hat OpenShift Container Platform に KIE Server をデプロイする場合は、『Red Hat OpenShift Container Platform への Red Hat Process Automation Manager freeform 管理サーバー環境のデプロイメント』で、Business Central に接続する設定手順を参照してください。

前提条件

手順

  1. Red Hat Process Automation Manager インストールディレクトリーで、standalone-full.xml ファイルに移動します。たとえば、Red Hat Process Automation Manager に Red Hat JBoss EAP インストールを使用する場合は $EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml に移動します。
  2. standalone-full.xml を開き、<system-properties> タグの下に、以下のプロパティーを設定します。

    • org.kie.server.controller.user: Business Central にログインするユーザーのユーザー名。
    • org.kie.server.controller.pwd: Business Central にログインするユーザーのパスワード。
    • org.kie.server.controller: Business Central の API に接続する URL。通常、URL は http://<centralhost>:<centralport>/business-central/rest/controller です。<centralhost><centralport> はそれぞれ Business Central のホスト名とポートになります。Business Central を OpenShift にデプロイしている場合は、URL から business-central/ を削除します。
    • org.kie.server.location: KIE Server の API に接続する URL。通常、URL は http://<serverhost>:<serverport>/kie-server/services/rest/server (<serverhost> および <serverport> はそれぞれ KIE Server のホスト名およびポート) になります。
    • org.kie.server.id: サーバー設定の名前。このサーバー設定が Business Central に存在しない場合は、KIE Server が Business Central に接続する時に自動的に作成されます。

    例:

    <property name="org.kie.server.controller.user" value="central_user"/>
    <property name="org.kie.server.controller.pwd" value="central_password"/>
    <property name="org.kie.server.controller" value="http://central.example.com:8080/business-central/rest/controller"/>
    <property name="org.kie.server.location" value="http://kieserver.example.com:8080/kie-server/services/rest/server"/>
    <property name="org.kie.server.id" value="production-servers"/>
  3. KIE Server を起動または再起動します。