第6章 統合 Process Automation Manager コントローラーを使用する KIE Server の設定

注記

本セクションで説明されている変更は、KIE Server を Business Central で管理し、Red Hat Process Automation Manager を ZIP ファイルからインストールしている場合にのみ、実行してください。Business Central をインストールしていない場合は、「7章ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーのインストールおよび実行」の記載通りに、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを使用して KIE Server を管理することができます。

KIE Server は管理モードにすることも、非管理モードにすることもできます。KIE Server が非管理モードにある場合は、手動で KIE コンテナーを作成および維持する必要があります (デプロイメントユニット)。KIE Server が管理モードにある場合は、Process Automation Manager コントローラーが KIE Server 設定を管理するため、Process Automation Manager コントローラーと対話して KIE コンテナーの作成と維持を行います。

Process Automation Manager コントローラーは Business Central と統合されており、Business Central をインストールする場合は、Business Central の Execution Server ページを使用して Process Automation Manager コントローラーと対話できます。

ZIP ファイルから Red Hat Process Automation Manager をインストールした場合は、KIE Server および Business Central のインストールの standalone-full.xml ファイルを編集して、統合 Process Automation Manager コントローラーを持つ KIE Server を設定する必要があります。

前提条件

  • Business Central と KIE Server が Red Hat JBoss EAP インストールのベースディレクトリー (EAP_HOME) にインストールされている。

    注記

    実稼働環境では、Business Central と KIE Server は異なるサーバーにインストールすることが推奨されます。ただし、開発環境などで、KIE Server と Business Central を同じサーバーにインストールする場合は、本セクションの説明に従って、共有の standalone-full.xml ファイルを変更します。

  • Business Central サーバーノードに、rest-all ロールを持つユーザーが作成されている。

    手順

    1. Business Central の EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml ファイルで、<system-properties> セクションの以下のプロパティーのコメントを解除し、<USERNAME> および <USER_PWD> を、kie-server ロールを持つユーザーの認証情報に置き換えます。

         <property name="org.kie.server.user" value="<USERNAME>"/>
         <property name="org.kie.server.pwd" value="<USER_PWD>"/>
    2. KIE Server の EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml ファイルで、<system-properties> セクションの以下のプロパティーのコメントを解除します。

        <property name="org.kie.server.controller.user" value="<CONTROLLER_USER>"/>
        <property name="org.kie.server.controller.pwd" value="<CONTROLLER_PWD>"/>
        <property name="org.kie.server.id" value="<KIE_SERVER_ID>"/>
        <property name="org.kie.server.location" value="http://<HOST>:<PORT>/kie-server/services/rest/server"/>
        <property name="org.kie.server.controller" value="<CONTROLLER_URL>"/>
    3. 以下の値を置き換えてください。
  • <CONTROLLER_USER> および <CONTROLLER_PWD>rest-all ロールを持つユーザーの認証情報に置き換えます。
  • <KIE_SERVER_ID> を KIE Server システムの ID または名前に置き換えます (例: rhpam-7.7.0-kie_server-1)。
  • <HOST> を KIE Server ホストの ID または名前に置き換える (例: localhost または 192.7.8.9)。
  • <PORT> を KIE Server ホストのポートに置き換える (例: 8080)。

    注記

    org.kie.server.location プロパティーで KIE Server の場所を指定します。

  • <CONTROLLER_URL> を Business Central の URL に置き換えます。KIE Server は、起動時にこの URL に接続します。

    • インストーラーまたは Red Hat JBoss EAP zip ファイルを使用して Business Central をインストールした場合、<CONTROLLER_URL> は以下のようになります。

      http://<HOST>:<PORT>/business-central/rest/controller

    • standalone.jar ファイルを使用して Business Central を実行している場合、<CONTROLLER_URL> は以下のようになります。

      http://<HOST>:<PORT>/rest/controller