第5章 KIE Server への JDBC データソースの設定

データソースは、アプリケーションサーバーなど、Java Database Connectivity (JDBC) クライアントを有効にするオブジェクトで、データベースへの接続を確立します。アプリケーションは、JNDI (Java Naming and Directory Interface) ツリーまたはローカルのアプリケーションコンテキストでデータソースを検索し、データベース接続を要求してデータを取得します。KIE Server にデータソースを設定して、サーバーと、指定したデータベースとの間で適切なデータ交換を行う必要があります。

注記

実稼働環境の場合は、実際のデータソースを指定します。実稼働環境で、データソースの例は使用しないでください。

前提条件

  • Red Hat JBoss Enterprise Application Server 設定ガイド 』の「データソースの作成」と「JDBC ドライバー」のセクションの説明のように、データベース接続の作成に使用する JDBC プロバイダーは、KIE Server をデプロイする全サーバー上で設定されている。
  • Red Hat Process Automation Manager 7.7.0 Add Ons (rhpam-7.7.0-add-ons.zip) ファイルは、Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページからダウンロードされている。

手順

  1. 以下の手順を実行して、データベースを準備します。

    1. TEMP_DIR などの一時ディレクトリーに rhpam-7.7.0-add-ons.zip を展開します。
    2. TEMP_DIR/rhpam-7.7.0-migration-tool.zip を展開します。
    3. 現在のディレクトリーから、TEMP_DIR/rhpam-7.7.0-migration-tool/ddl-scripts ディレクトリーに移動します。このディレクトリーには、複数のデータベースタイプの DDL スクリプトが含まれています。
    4. 使用するデータベースに、お使いのデータベースタイプの DDL スクリプトをインポートします。以下に例を示します。

      psql jbpm < /ddl-scripts/postgresql/postgresql-jbpm-schema.sql
  2. テキストエディターで EAP_HOME/standalone/configuration/standalone-full.xml を開き、<system-properties> タグの場所を特定します。
  3. 以下のプロパティーを <system-properties> タグに追加します。<DATASOURCE> はデータソースの JNDI 名で、<HIBERNATE_DIALECT> はデータベースの Hibernate 方言です。

    注記

    org.kie.server.persistence.ds プロパティーのデフォルト値は java:jboss/datasources/ExampleDS です。org.kie.server.persistence.dialect プロパティーのデフォルト値は org.hibernate.dialect.H2Dialect です。

    <property name="org.kie.server.persistence.ds" value="<DATASOURCE>"/>
    <property name="org.kie.server.persistence.dialect" value="<HIBERNATE_DIALECT>"/>

    以下の例では、PostgreSQL hibernate 方言のデータソースの設定方法を紹介しています。

    <system-properties>
        <property name="org.kie.server.repo" value="${jboss.server.data.dir}"/>
        <property name="org.kie.example" value="true"/>
        <property name="org.jbpm.designer.perspective" value="full"/>
        <property name="designerdataobjects" value="false"/>
        <property name="org.kie.server.user" value="rhpamUser"/>
        <property name="org.kie.server.pwd" value="rhpam123!"/>
        <property name="org.kie.server.location" value="http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server"/>
        <property name="org.kie.server.controller" value="http://localhost:8080/business-central/rest/controller"/>
        <property name="org.kie.server.controller.user" value="kieserver"/>
        <property name="org.kie.server.controller.pwd" value="kieserver1!"/>
        <property name="org.kie.server.id" value="local-server-123"/>
    
        <!-- Data source properties. -->
        <property name="org.kie.server.persistence.ds" value="java:jboss/datasources/KieServerDS"/>
        <property name="org.kie.server.persistence.dialect" value="org.hibernate.dialect.PostgreSQLDialect"/>
    </system-properties>

以下の方言がサポートされます。

  • DB2: org.hibernate.dialect.DB2Dialect
  • MSSQL: org.hibernate.dialect.SQLServer2012Dialect
  • MySQL: org.hibernate.dialect.MySQL5InnoDBDialect
  • MariaDB: org.hibernate.dialect.MySQL5InnoDBDialect
  • Oracle: org.hibernate.dialect.Oracle10gDialect
  • PostgreSQL: org.hibernate.dialect.PostgreSQL82Dialect
  • PostgreSQL plus: org.hibernate.dialect.PostgresPlusDialect
  • Sybase: org.hibernate.dialect.SybaseASE157Dialect