第19章 OpenShift 接続タイムアウトの設定

デフォルトでは、OpenShift のルートは、HTTP 要求が 30 秒を超えると、タイムアウトするよう設定されています。これが原因で Business Central でセッションのタイムアウトの問題が発生して、以下の動作につながる可能性があります。

  • "Unable to complete your request. The following exception occurred: (TypeError) : Cannot read property 'indexOf' of null."
  • "Unable to complete your request. The following exception occurred: (TypeError) : b is null."
  • Business Central で Project または Server リンクをクリックすると、空白ページが表示される。

すべての Business Central テンプレートには拡張タイムアウト設定が含まれています。

Business Central OpenShift ルートのタイムアウトを長く設定するには、ターゲットルートに haproxy.router.openshift.io/timeout: 60s のアノテーションを追加します。

  - kind: Route
    apiVersion: v1
    id: "$APPLICATION_NAME-rhpamcentr-http"
    metadata:
      name: "$APPLICATION_NAME-rhpamcentr"
      labels:
        application: "$APPLICATION_NAME"
      annotations:
        description: Route for Business Central's http service.
        haproxy.router.openshift.io/timeout: 60s
    spec:
      host: "$BUSINESS_CENTRAL_HOSTNAME_HTTP"
      to:
        name: "$APPLICATION_NAME-rhpamcentr"

グローバルのルート固有のタイムアウトアノテーションについての完全一覧は、OpenShift ドキュメント を参照してください。