第9章 KIE Server および Business Central での環境モードの設定

KIE Server は、production (実稼働) モードと development (開発) モードでの実行が設定可能です。開発モードでは、柔軟な開発ポリシーが提供され、小規模な変更の場合はアクティブなプロセスインスタンスを維持しながら、既存のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) を更新できます。また、大規模な変更の場合には、アクティブなプロセスインスタンスを更新する前に、デプロイメントユニットの状態をリセットすることも可能です。実稼働モードは、各デプロイメントで新規デプロイメントユニットが作成される実稼働環境に最適です。

開発環境では、Business Central で Deploy をクリックすると、(該当する場合) 実行中のインスタンスを中止することなくビルドした KJAR ファイルを KIE Server にデプロイすることができます。または Redeploy をクリックして、ビルドした KJAR ファイルをデプロイして全インスタンスを置き換えることもできます。ビルドした KJAR ファイルを次回にデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット KIE Server で自動的に更新されます。

実稼働環境では、Business Central の Redeploy オプションは無効になり、Deploy をクリックして、ビルドした KJAR ファイルを KIE Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

手順

  1. KIE Server 環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。
  2. Business Central のプロジェクトにデプロイメントの動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを切り替えます。

    注記

    デフォルトでは、KIE Server と Business Central の新規プロジェクトはすべて、開発モードになっています。

    Development Mode がオンのプロジェクトや、実稼働モードの KIE Server に手動で SNAPSHOT バージョンの接尾辞を追加したプロジェクトをデプロイすることはできません。