Business Central 設定およびプロパティーの設定

Red Hat Process Automation Manager 7.7

Red Hat Customer Content Services

概要

本書は、Red Hat Process Automation Manager 7.7 のさまざまな Business Central の機能をカスタマイズして、管理する方法を説明します。

前書き

管理者は、管理者の Settings ページで以下をカスタマイズできます。

  • Roles: ロールのホームページ、優先順位、パーミッションを設定します。
  • Groups: グループのホームページ、優先順位、パーミッションを設定し、グループの作成、削除を行います。
  • Users: ユーザーの作成や削除、ユーザーに対するグループおよびロールの追加または削除、ユーザーパーミッションの表示を行います。
  • Artifacts: M2 リポジトリーアーティファクトの表示、アーティファクトのアップロード、JAR ファイルの表示とダウンロードを行います。
  • Data Sources: データソースおよびデータベースドライバーの追加、更新または削除を行います。
  • Data Sets: データセットの作成、変更または削除を行います。
  • Projects: ファイルエクスポートプロパティー、スペースプロパティー、デフォルト値、GAV 詳細プロパティーなどプロジェクトの設定を表示し、編集します。
  • Artifact Repository: アーティファクトリポジトリープロパティーを管理します。
  • Artifact Repository: Business Central の言語を設定します。
  • Process Administration: Business Central でデフォルトのページネーションオプションを設定します。
  • Process Designer: ダイアグラムエディタープロパティーを設定します。
  • SSH Keys: SSH キーを追加または削除します。
  • Service Tasks Administration: デフォルトのサービスタスクを有効化または無効化して、カスタムのサービスタスクをアップロードします。
  • Profiles: ワークベンチプロファイルを Planner and Rules または Full に設定します。
  • Archetype: アーキタイプの表示、追加、検証、デフォルト設定、削除を行います。Business Central で新規プロジェクトを作成するときにテンプレートとして使用します。

前提条件

第1章 ユーザー管理

Business Central は、ユーザー、グループ、ロールのセキュリティー管理のエンティティーを 3 種類定義します。パーミッションは、ロールにもグループにも両方割り当てることができます。Business Central には以下のロールがあります。

  • process-admin
  • manager
  • admin
  • analyst
  • developer
  • user
注記

ロールレジストリーというアプリケーションのユーザーロールには、ロールの識別子がありますが、ユーザーグループにはありません。

Business Central を使用して、必要数のユーザーとグループを作成し、管理できます。ユーザーは、最低でもユーザー固有のロールを 1 つ以上割り当てて、Business Central にログインできるようにする必要があります。ユーザーの権限は、ユーザーが所属するグループとロールからのパーミッションにより異なります。ユーザーに複数のロールまたはグループが割り当てられている場合には、ロールまたはグループの優先順位が考慮される点に注意してください。

1.1. ユーザーの作成

ユーザーの特権および設定は、ユーザーに割り当てたロールと、ユーザーが属するグループで制御されます。Business Central では、ユーザーをいくつでも作成できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Users を選びます。
  2. New user をクリックし、ユーザー名を入力し、Next をクリックします。
  3. ユーザーにロールを割り当てるには、Roles タブをクリックして、Add Roles をクリックし、任意のロールを選択してから、Add to selected roles をクリックします。
  4. オプションで、ユーザーにグループを割り当てるには、Groups タブをクリックして、Add to groups をクリックし、任意のグループを選択してから Add to selected groups をクリックします。
  5. Create をクリックします。
  6. Yes をクリックして、ユーザーにパスワードを設定し、Change をクリックします。
注記

ユーザーが Business Central にアクセスするために 1 つ以上のロールが必要です。

1.2. ユーザーの編集

Business Central Settings ページの Users オプションを使用して、ユーザーのグループとロールを変更できます。全ユーザーパーミッションは、ユーザーのグループとロールパーミッションを元にしています。ユーザーのパーミッションは、Permissions タブから確認できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Users を選びます。
  2. All users リストから、編集するユーザーをクリックします。右のペインにユーザーの情報が表示されます。
  3. Edit をクリックして、以下のタスクを実行します。

    • ユーザーのグループを変更するには、Groups タブをクリックして、Add to groups をクリックします。次に、ユーザーを所属させるグループを選択して Add to selected groups をクリックし、Save をクリックします。
    • ユーザーのロールを変更するには、Roles タブをクリックし、Add roles をクリックします。ユーザーに割り当てるロールを選択して、Add to selected roles をクリックし、Save をクリックします。
    • ユーザーパーミッションを表示するには、Permissions タブをクリックして属性を展開します。
    • パスワードを変更するには、Change Password をクリックして、新規パスワードを入力し、Change をクリックします。
    • ユーザーを削除するには、Delete をクリックしてから、Yes をクリックし、削除を確定します。

1.3. グループの作成

Business Central では、グループを使用してユーザーをまとめて、パーミッションを制御できます。任意数のグループを作成できますが、グループには最低でもユーザーを 1 つ所属させる必要があります。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Groups を選びます。
  2. New group をクリックし、グループ名を入力し、Next をクリックします。
  3. このグループに追加するユーザーを選択し、Add selected users をクリックします。

    新規作成したグループは、All groups に表示されます。

1.4. グループの編集

必要に応じて、ホームページ、優先順位、パーミッションなどグループの属性を編集できます。Business Central の SettingsGroups オプションから、グループの変更や削除が可能です。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Groups を選びます。
  2. All groups から編集するグループをクリックすると、右ペインに全ユーザーの詳細が表示されます。
  3. Home Page リストからホームページを選択します。
  4. Priority リストから優先順位を選択します。
  5. Permissions セクションから、リソース属性を展開して、パーミッションを変更します。

    注記

    PagesEditorSpaces および Projects パーミッションに例外を追加できます。

  6. Save をクリックして変更を適用します。

第2章 セキュリティー管理

Security management ページからセキュリティーおよびパーミッション管理タスクを実行できます。Security management ページにアクセスするには、画面の右上隅の Admin アイコンを選択して、Business Central Settings ページの RolesGroups または Users を選択します。クリックするアイコンによって、該当のタブに Security management ページが表示されます。ロールおよびグループを使用して、ユーザーの特権および設定を管理します。変更があれば、影響のあるロールまたはグループが割り当てられているユーザーすべてに適用されます。

2.1. グループおよびロールのパーミッションの変更

個人ユーザーに対するパーミッションは変更できませんが、グループおよびロールのパーミッションは変更できます。変更したパーミッションは、変更したロールが割り当てられているか、変更したグループに所属するユーザーに適用されます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択します。
  2. Roles または Groups をクリックして、適切なリストを表示します。
  3. リストから編集するロールまたはグループをクリックします。全詳細が右側のペインに表示されます。
  4. Settings セクションの Home Page または Priority を設定します。
  5. Permissions セクションで、Business Central、ページ、エディター、スペース、プロジェクトのパーミッションを設定します。

    変更するパーミッションのリソースタイプを展開できます。

  6. オプション: 表示されていないアイテムを追加するには、Add Exception をクリックしてから、必要なパーミッションを設定します。

    注記

    Business Central のリソースタイプには、例外を追加できません。

  7. 保存 をクリックします。
注記

ロールまたはグループに追加する変更は、そのロールまたはグループに関連付けられているすべてのユーザーに影響します。

第3章 アーティファクトの管理

Business Central の Artifacts ページからアーティファクトを管理できます。アーティファクトリポジトリーは、ローカルの Maven リポジトリーで、インストールごとに Maven リポジトリーは 1 つのみとなっています。Business Central は、Sonatype Nexus™Apache Archiva™ または JFrog Artifactory™ などの Maven リポジトリーソリューションを使用することを推奨します。

Artifacts ページでは、Maven リポジトリーの全アーティファクトをすべて表示します。アーティファクトは、Maven リポジトリーにアップロードできます。

注記

Artifacts リポジトリーにアップロードできるのは、JAR、KJAR および pom.xml ファイルのみです。

3.1. アーティファクトの表示

Artifacts ページからローカルの maven リポジトリーのコンテンツすべてを確認できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Artifacts を選びます。
  2. Open をクリックしてアーティファクトの詳細を表示します。
  3. Ok をクリックして Artifacts ページに戻ります。

3.2. アーティファクトのダウンロード

Business Central のリポジトリーからプロジェクトのローカルストレージにアーティファクトをダウンロードして保存できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Artifacts を選びます。
  2. Download をクリックします。
  3. アーティファクトを保存するディレクトリーを参照します。
  4. 保存 をクリックします。

3.3. アーティファクトのアップロード

ローカルストレージから Business Central のプロジェクトにアーティファクトをアップロードできます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Artifacts を選びます。
  2. アップロード をクリックします。
  3. Choose File をクリックして、アーティファクトをアップロードするディレクトリーに移動して選択します。
  4. アップロード をクリックします。

    注記

    maven 以外のアーティファクトを使用する場合には、先に mvn deploy コマンドを使用してアーティファクトをデプロイしてから Business Central のアーティファクト一覧を更新します。

第4章 データソース管理

Business Central ではデータソースの管理機能があり、データソースを定義してデータベースにアクセスできます。これらのデータソースは、データセットなど、他の Business Central コンポーネントが使用します。また、データベースドライバーは、データソースと対象のデータベースの間の通信を有効にするために使用します。

Data Source Authoring ページから、Business Central にデータソースとデータベースのドライバーを追加できます。

注記

Business Central にはデフォルトのデータソースが含まれており、これは使用可能ですが、編集や削除ができません。

4.1. データベースドライバーの追加

Business Central に新規データベースドライバーを追加できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Data Sources を選びます。
  2. DataSource Explorer ペインで Add Driver をクリックすると、New driver ウィンドウが開きます。
  3. New driver ウィンドウで、データベースドライバーの NameDriver Class NameGroup IdArtifact Id および Version を入力します。
  4. Finish をクリックして Business Central にドライバーを追加します。

4.2. データベースドライバーの編集

Driver Definition ペインからデータベースドライバーのプロパティーを更新できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Data Sources を選びます。
  2. DataSource Explorer ペインで編集するドライバーを選択します。
  3. Driver Definition ペインで、NameDriver Class NameGroup IdArtifact Id および Version フィールドに必要な変更を加えます。
  4. 更新 をクリックします。
  5. Yes をクリックしてドライバーへの変更を保存します。

4.3. データベースドライバーの削除

Business Central の Data Source Definition ペインからデータベースドライバーを削除できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Data Sources を選びます。
  2. DataSource Explorer ペインで削除するドライバーを選択します。
  3. 削除 をクリックします。
  4. Delete をクリックしてドライバーを削除します。

4.4. データソースの追加

Data Sources Authoring ページから Business Central に新しいデータソースを追加できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Data Sources を選びます。
  2. DataSource Explorer ペインで Add DataSource をクリックすると、New data source ウィンドウが開きます。
  3. New data source ウィンドウで、データソースの Name、データベースの Connection URLUserPassword、さらに Driver を入力します。
  4. Test Connection をクリックして、データベースへの接続を確認します。
  5. Finish をクリックして Business Central へデータソースを追加します。

4.5. データソースの編集

Business Central でデータソースのプロパティーを編集し、データベースへの接続をテストできます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Data Sources を選びます。
  2. DataSource Explorer ペインで編集するデータソースを選択します。
  3. Data Source Definition ペインで、NameConnection URLUserPassword および Driver フィールドに必要な変更を加えます。
  4. Test Connection をクリックして、データベースへの接続を確認します。
  5. 更新 をクリックします。
  6. Save をクリックして、データソースへの変更を確定します。

4.6. データソースの削除

Business Central の DataSource Explorer ペインから既存のデータソースを削除できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Data Sources を選びます。
  2. DataSource Explorer ペインで削除するデータソースを選択します。
  3. 削除 をクリックします。
  4. Delete をクリックして、データソースの削除を確定します。

第5章 データセットのオーサリング

データセットは情報の関連セットの集まりで、データベース、Microsoft Excel ファイル、メモリーなど、さまざまな方法で保存できます。データセットの定義は、Business Central がデータセットにどのようにアクセスし、読み込み、解析するかを指定します。Business Central にはデータは保存されません。データが保存される場所にかかわらず、データセットへのアクセスを定義できます。

たとえば、データベースにデータが保存されると、有効なデータセットには、SQL クエリーの結果として、データベース全体またはデータベースのサブセットが含まれます。いずれの場合も、データは、情報を表示する Business Central のレポーティングコンポーネントの入力情報として使用されます。

データセットにアクセスするには、データセット定義を作成および登録する必要があります。このデータセットの定義では、データセットの場所、アクセス、読み取り、解析の方法、データセットが含まれるコラムを指定します。

注記

Data Sets ページは、admin ロールを持つユーザーにのみ表示されます。

5.1. データセットの追加

外部データソースからデータを取得して、レポーティングコンポーネントでデータを使用するデータセットを作成できます。

手順

  1. Business Central で AdminData Sets に移動し、Data Set Explorer ページを表示します。
  2. New Data Set をクリックして、以下のプロバイダータイプから 1 つ選択します。

    • Bean: Java クラスからデータセットを生成するのに使用します。
    • CSV: リモートまたはローカルの CSV ファイルからデータセットを生成するのに使用します。
    • SQL: ANSI-SQL 準拠データベースからデータセットを生成するのに使用します。
    • Elastic Search: Elastic Search ノードからデータセットを生成するのに使用します。
    • Execution Server: Execution Server のカスタムのクエリー機能を使用してデータセットを生成します。

      注記

      KIE Server は、このオプションを使用して設定する必要があります。

  3. Data Set Creation Wizard を完了し、Test をクリックします。

    注記

    設定手順は、選択するプロバイダーにより異なります。

  4. 保存 をクリックします。

5.2. データセットの編集

既存のデータセットを編集し、レポーティングコンポーネントに取得したデータが最新になっていることを確認します。

手順

  1. Business Central で AdminData Sets に移動し、Data Set Explorer ページを表示します。
  2. Data Set Explorer ペインで、編集するデータセットを検索し、Edit をクリックします。
  3. Data Set Editor ペインで、適切なタブを使用して必要に応じてデータを編集します。タブは、選択するデータセットプロバイダーの種類によって異なります。

    たとえば、CSV データプロバイダーの編集には、以下の変更が適用できます。

    • CSV Configuration: データセット定義の名前、ソースファイル、区切り記号などのプロパティーを変更できます。
    • Preview: データのプレビューを使用できます。CSV Configuration タブで Test をクリックすると、システムはデータセットのルックアップコールを実行し、データが利用可能な場合はプレビューが表示されます。Preview タブには 2 つのサブタブがあります。

      • Data columns: どの列をデータセット定義に追加するかを指定できます。
      • Filter: 新しいフィルターを追加できます。
    • Advanced: 以下の設定を管理できます。

      • Caching: 詳細は「キャッシュ」を参照してください。
      • Cache life-cycle: データセット (またはデータ) を再読み込みされるまでの間隔を指定できます。バックエンドデータが変更すると、Refresh on stale data 機能は、キャッシュしたデータを再読み込みします。
  4. 必要な変更を加えた後に、Validate をクリックします。
  5. 保存 をクリックします。

5.3. データの再読み込み

データの再読み込み機能を使用すると、データセット (またはデータ) が再読み込みされるまでの間隔を指定できます。バックエンドデータに変更が加えられると、Refresh on stale data 機能は、キャッシュしたデータを再読み込みします。

5.4. キャッシュ

Business Central は、インメモリーデータを使用してデータセットを保存し、データ操作を実行するキャッシュメカニズムを提供します。データのキャッシュにより、ネットワークトラフィック、リモートシステムのペイロード、処理時間が減ります。パフォーマンスの問題を回避するには、Business Central にキャッシュを設定します。

最終的にデータセットが作成されるデータのルックアップコールの場合には、キャッシュメソッドは、データのルックアップコールがどこで実行されるか、その結果作成されるデータセットがどこに保存されるかを決定します。データのルックアップコールの例としては、ロケールパラメーターを「Urban」として設定するすべての住宅ローンアプリケーションが挙げられます。

Business Central データセット機能には、キャッシュレベルが 2 つあります。

  • クライアントレベル
  • バックエンドレベル

クライアントキャッシュ

キャッシュを有効にすると、データセットはルックアップ操作時に Web ブラウザーにキャッシュされ、その後のルックアップ操作ではバックエンドへの要求が実行されません。グループ化、集計、フィルタリング、並べ替えなどのデータセット操作は Web ブラウザーで処理されます。クライアントのキャッシュは、データセットのサイズが小さい場合 (例: データが 10 MB より少ない) にのみ有効になります。データセットが大きい場合、パフォーマンスの低下や断続的なフリーズなど、ブラウザーの問題が発生する場合があります。クライアントのキャッシュは、ストレージシステムへの要求など、バックエンド要求の数を減らします。

バックエンドキャッシュ

キャッシュが有効な場合に、デシジョンエンジンはデータセットをキャッシュします。これにより、リモートのストレージシステムへのバックエンドの要求数が減ります。データセットの全操作は、インメモリーデータを使用してデシジョンエンジンで実行されます。バックエンドキャッシュは、データセットのサイズが頻繁に更新され、インメモリーに保存されて処理される場合に限り有効です。バックエンドキャッシングは、リモートストレージを使用したレイテンシーが低い接続の問題が発生している状況でも有用です。

注記

バックエンドキャッシュの設定は、Data Set EditorAdvanced タブに常に表示されるわけではありません。これは、インメモリーデシジョンエンジンを使用してデータのルックアップ操作を解決するのに、Java および CSV のデータプロバイダーはバックエンドキャッシュに依存するためです (データセットはメモリー内に存在する必要があります)。

第6章 アーキタイプの管理

Business Central には、アーキタイプの表示、追加、検証、デフォルト設定、削除が可能なアーキタイプの管理機能があります。Business Central の Archetypes ページから、アーキタイプを管理できます。アーキタイプとは、Apache Maven リポジトリーにインストールされるプロジェクトのことで、このリポジトリーで必要に応じてテンプレート構造を設定したり、作成したりできます。

アーキタイプに関する最新の詳細情報は、Introduction to Archetypes page を参照してください。

6.1. アーキタイプの表示

Archetypes ページには、Business Central で追加したアーキタイプがすべて表示されます。このリストには、アーキタイプの グループ IDアーティファクト IDバージョン作成日ステータス および アクション の詳細情報が含まれます。

前提条件

  • Maven リポジトリーから、Business Central の Settings でアーキタイプを作成して表示しました。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Archetypes を選びます。

    Status コラムの緑のアイコンは有効なアーキタイプを、赤のアイコンは無効なアーキタイプを、青のアイコンは対応するアーキタイプが新しいスペースのデフォルトであることを示します。

6.2. アーキタイプの追加

Business Central に新規アーキタイプを追加できます。

前提条件

  • Maven リポジトリーにアーキタイプをインストールしました。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Archetypes を選びます。
  2. Add Archetype をクリックします。
  3. Add Archetype パネルで、Group IDArtifact IDVersion フィールドにそれぞれ GAV 属性を入力します。
  4. 追加 をクリックします。

Business Central は、新しく追加したアーキタイプを検証して、全スペースのテンプレートで使用できるようにします。

6.3. アーキタイプの追加機能の管理

Business Central の Archetypes ページからアーキタイプの削除、デフォルト設定、検証を行います。

前提条件

  • Maven リポジトリーから、Business Central の Settings でアーキタイプを作成して表示しました。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Archetypes を選びます。
  2. Actions コラムから、アーキタイプの右側にある dots アイコンをクリックします。

    • ドロップダウンメニューから Delete を選択して、リストからアーキタイプを削除します。
    • ドロップダウンメニューから Validate を選択して、アーキタイプが有効かどうかを検証します。

      注記

      Business Central の起動時に、登録したアーキタイプがすべて自動的に検証されます。

    • ドロップダウンメニューから Set as default を選択して、新規スペースのデフォルトとしてアーキタイプを設定します。

6.4. アーキタイプを使用したプロジェクトの作成

アーキタイプを使用して Business Central でプロジェクトを作成します。Business Central でプロジェクトを作成する時に、Red Hat Process Automation Manager インストールに接続されている Git リポジトリーに追加されます。

前提条件

  • Maven リポジトリーから、Business Central の Settings でアーキタイプを作成して表示しました。
  • Business Central のスペースでアーキタイプをデフォルトとして設定しました。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. アーキタイプテンプレートから新しいプロジェクトを追加するスペースを選択または作成します。
  3. Add Project をクリックします。
  4. Name および Description フィールドにそれぞれプロジェクト名と説明を入力します。
  5. Configure Advanced Options をクリックします。
  6. Based on template チェックボックスを選択します。
  7. 必要に応じてドロップダウンオプションからアーキタイプを選択します。スペースで設定済みのデフォルトのアーキタイプは選択されています。
  8. 追加 をクリックします。

選択したアーキタイプのテンプレートをもとに、プロジェクトの Assets ビューが開きます。

6.5. Business Central のスペース設定を使用したアーキタイプの管理

Business Central にアーキタイプを追加すると、全スペースでテンプレートとして使用できます。スペースの Settings タブから全アーキタイプを管理できます。このタブは admin ロールが割り当てられたユーザーにしか表示されません。

前提条件

  • Maven リポジトリーにアーキタイプをインストールしました。
  • Maven リポジトリーから、Business Central の Settings でアーキタイプを作成して表示しました。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. アーキタイプを管理するスペースを選択または作成します。デフォルトのスペースは MySpace です。
  3. Settings をクリックします。
  4. スペースでアーキタイプを追加または除外するには、Include チェックボックスを選択します。
  5. Actions コラムから アーキタイプの右側にある dots アイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから Set as default を選択してスペースのデフォルトとしてアーキタイプを設定します。
  6. 保存 をクリックします。

第7章 プロジェクト設定のカスタマイズ

プロジェクトにはアセットが保存され、スペースの一部になります。スペースでは、複数のプロジェクトを保持できます。

たとえば、組織には HR、給与、エンジニアリング、R&D など、多くの部署が含まれます。各部署はスペースにマッピングされ、部署ごとに独自のプロジェクトが割り当てられます。

最初から新規プロジェクトを作成するか、既存の Git リポジトリーからプロジェクトをクローンできます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Users を選ぶと、Projects ページが表示されます。
  2. Project Preferences ペインで変更する設定をクリックします。以下の設定を利用できます。

    • File exporting: この設定には以下のプロパティーが含まれます。

      表7.1 ファイルエクスポートのプロパティー

      フィールド説明

      PDF の向き

      PDF の向きが横向きか、縦向きかを指定します。

      PDF の単位

      PDF の単位が PTMMCN または IN のいずれかを指定します。

      PDF ページ形式

      PDF ページ形式が A[0-10]B[0-10] または C[0-10] のいずれかに指定します。

    • Spaces: この設定には以下のプロパティーが含まれます。

      表7.2 スペースのプロパティー

      フィールド説明

      名前

      スペースのデフォルト名。存在しない場合には自動的に作成されます。

      所有者

      スペースのデフォルトの所有者。存在しない場合には自動的に作成されます。

      グループ ID

      スペースのデフォルトグループ。存在しない場合には自動的に作成されます。

      エイリアス (単数)

      スペースのカスタマイズエイリアス (単数) を指定します。

      エイリアス (複数)

      スペースのカスタマイズエイリアス (複数) を指定します。

    • Default values: この設定には以下のプロパティーが含まれます。

      表7.3 デフォルト値のプロパティー

      フィールド説明

      バージョン

      クイック設定オプションを使用してプロジェクトを作成する場合のプロジェクトのデフォルトバージョン番号

      説明

      クイック設定オプションを使用してプロジェクトを作成する場合のプロジェクトのデフォルトの説明

      ブランチ

      git リポジトリーを使用時に使うデフォルトのブランチ

    • Advanced GAV preferences: この設定には以下のプロパティーが含まれます。

      表7.4 GAV 詳細設定のプロパティー

      フィールド説明

      GAV の競合チェックを無効にしますか?

      GAV の競合チェックを有効化するか、無効化するか指定します。この機能を無効にすると、複数のプロジェクトに同じ GAV (グループ ID、アーティファクト、バージョン) を指定できます。

      GAV の子エディションを許可しますか?

      GAV エディションに対する子/サブエディションを許可するかどうかを指定します。

      注記

      重複する GAV の検出は、Development Mode のプロジェクトでは無効になっています。Business Central のプロジェクトで重複する GAV 検出を有効にするには、 プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを OFF (該当する場合) に切り替えます。

  3. 保存 をクリックします。

第8章 アーティファクトリポジトリーのカスタマイズのプロパティー

場合によっては、ドメインモデルの JAR ファイルをビルドするのに、プロジェクトで外部の依存関係を解決する必要があります。リポジトリーには、以下の機能を持つアーティファクトが必要です。

  • リポジトリーは、Maven リポジトリーである
  • 全スナップショットにはタイムスタンプが含まれる
  • アセットはほぼ、ローカルのハードドライブに保存されている

デフォルトでは、アーティファクトのリポジトリーは $WORKING_DIRECTORY/repositories/kie に含まれます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Artifact Repository を選ぶと、Artifact Repository ページが表示されます。
  2. いずれかを選択して、Properties セクションに情報を入力します。
  3. 保存 をクリックします。

第9章 言語のカスタマイズ設定

Business Central Settings ページで、言語を変更できます。Business Central は以下の言語をサポートします。

  • 英語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • フランス語
  • 日本語
  • ポルトガル語
  • 簡体字中国語

デフォルトの言語は英語です。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Languages を選ぶと、Language Selector のウィンドウが表示されます。
  2. Language リストから希望の言語を選択します。
  3. OK をクリックします。

第10章 プロセス管理のカスタマイズ

Business Central では、Process Administration ページの Default items per page プロパティーを編集して、デフォルトのページオプションをカスタマイズできます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Process Administration を選びます。
  2. Properties セクションから Default items per page プロパティーを更新して、Save をクリックします。

    注記

    ページごとに表示するアイテムは 10、20、50 または 100 のいずれかを指定できます。

第11章 Process Designer のカスタマイズ

Business Central では、Settings ページからダイアグラムエディターのプロパティーを編集して、Process Designer をカスタマイズできます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Process Designer を選びます。
  2. Properties セクションで、以下のプロパティーのいずれかを更新します。

    • Auto hide category panel チェックボックスを選択して、自動的にカテゴリーツールバーパネルが非表示になるようにします。
    • 描画エリアの幅を設定するには、Drawing area width フィールドで、2800 から 5600 までの整数値を入力します。
    • 描画エリアの高さを設定するには、Drawing area height フィールドで、1400 から 2800 までの整数値を入力します。
    • 高解像度のディプレイを使用しており、文字やオブジェクトがぼやけて表示される場合には、Enable HiDPI チェックボックスを選択します。このオプションはデフォルトで無効になっています。
  3. 保存 をクリックします。

第12章 SSH キー

Business Central には SSH キーストアサービスがあり、ユーザーの SSH 認証を有効にします。また、設定可能なデフォルトの SSH キーストアと拡張可能な API (カスタムの実装) が含まれており、複数の SSH の公開鍵形式をサポートします。

SSH 公開鍵を登録するには、Business Central の Settings ページから SSH Keys オプションにアクセスできます。

12.1. デフォルトの SSH キーストア

Business Central に含まれるデフォルトの SSH キーストアでは、ユーザーの公開鍵を保存するのにファイルベースのストレージメカニズムが採用されています。デフォルトでは、Business Central は *.security フォルダーを root ディレクトリーとして使用します。ただし、別のフォルダーを参照するように、appformer.ssh.keys.storage.folder システムプロパティーの値を設定することで、カスタムのストレージパスを使用できます。

SSH 公開鍵は {securityFolderPath}/pkeys/{userName}/ フォルダー構造に保存されます。

各 SSH 公開鍵は以下のファイルで構成されており、これらのファイルはストレージフォルダーに配置されています。

  • {keyId}.pub: このファイルには SSH 公開鍵のコンテンツが含まれます。ファイル名で、システムのロジックキーがわかるので、ファイル名がランタイム時に変更されないようにしてください。

    以下は例になります。

    ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAACAQDmak4Wu23RZ6XmN94bOsqecZxuTa4RRhhQmHmTZjMB7HM57/90u/B/gB/GhsPEu1nAXL0npY56tT/MPQ8vRm2C2W9A7CzN5+z5yyL3W01YZy3kzslk77CjULjfhrcfQSL3b2sPG5jv5E5/nyC/swSytucwT/PE7aXTS9H6cHIKUdYPzIt94SHoBxWRIK7PJi9d+eLB+hmDzvbVa1ezu5a8yu2kcHi6NxxfI5iRj2rsceDTp0imC1jMoC6ZDfBvZSxL9FXTMwFdNnmTlJveBtv9nAbnAvIWlilS0VOkdj1s3GxBxeZYAcKbcsK9sJzusptk5dxGsG2Z8vInaglN6OaOQ7b7tcomzCYYwviGQ9gRX8sGsVrw39gsDIGYP2tA4bRr7ecHnlNg1b0HCchA5+QCDk4Hbz1UrnHmPA2Lg9c3WGm2qedvQdVJXuS3mlwYOqL40aXPs6890PvFJUlpiVSznF50djPnwsMxJZEf1HdTXgZD1Bh54ogZf7czyUNfkNkE69yJDbTHjpQd0cKUQnu9tVxqmBzhX31yF4VcsMeADcf2Z8wlA3n4LZnC/GwonYlq5+G93zJpFOkPhme8c2XuPuCXF795lsxyJ8SB/AlwPJAhEtm0y0s0l1l4eWqxsDxkBOgN+ivU0czrVMssHJEJb4o0FLf7iHhOW56/iMdD9w== userName
  • .{keyId}.pub.meta: このファイルには、JSON 形式のキーメタデータが含まれます。キーにメタデータが含まれない場合には、新規のメタデータファイルが動的に生成されます。

    以下は例になります。

    {
      "name":"Key",
      "creationDate":"Oct 10, 2018 10:10:50 PM",
      "lastTimeUsed":"Oct 11, 2018 12:11:23 PM"
    }

12.2. カスタムの SSH キーストア

要件に合わせてデフォルトの SSH キーストアを拡張し、カスタマイズできます。appformer.ssh.keystore システムプロパティーで、使用する SSH サービスの Java クラス名を指定してください。このプロパティーが定義されていない場合や、不正な値が含まれる場合には、デフォルトの SSH キーストアが読み込まれます。

注記

SSH キーストアのカスタム実装を作成するには、java クラスは uberfire-ssh-api モジュールで定義した org.uberfire.ssh.service.backend.keystore.SSHKeyStore クラスを実装する必要があります。

12.3. SSH キーの作成

SSH キーを Business Central に追加または登録する前に、お使いのシステムで SSH キーを生成する必要があります。

手順

  1. システムでコマンドターミナルを開きます。
  2. 以下の例のように、ssh-keygen コマンドを実行して、SSH キーを作成します。<user_login> はユーザー名に置き換えてください。

    ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "<user_login>"
    注記

    Business Central キーストアでサポートされる SSH キーは ssh-rsassh-dssecdsa-sha2-nistp256ecdsa-sha2-nistp384 および ecdsa-sha2-nistp521 です。

  3. 以下の例のように、プロンプトが表示されたら、Enter キーを押して、デフォルトのキーファイルの場所を確定します。<user_login> はユーザー名に置き換えてください。

    Enter a file in which to save the key (/home/<user_login>/.ssh/id_rsa): [Press enter]
  4. コマンドプロンプトで、パスフレーズを入力して確定します。

    Enter passphrase (empty for no passphrase): [Type a passphrase]
    Enter same passphrase again: [Type passphrase again]
  5. ssh-agent を起動します。

    eval "$(ssh-agent -s)"
    Agent pid <any-number-here>
  6. 新しい SSH 秘密鍵を ssh-agent に追加します。違う名前のキーを使用する場合には、コード内の id_rsa を置き換えます。

    ssh-add ~/.ssh/id_rsa

12.4. SSH キーストアを使用した SSH 公開鍵の登録

新規作成した SSH 公開鍵は、Business Central キーストアに登録する必要があります。

手順

  1. システムでコマンドターミナルを開きます。
  2. 以下の例のように、cat コマンドを実行します。id_rsa はキーの名前に置き換えます。

    cat ~/.ssh/id_rsa.pub
  3. SSH 公開鍵のコンテンツをコピーします。
  4. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、SSH Keys を選びます。
  5. SSH Keys ページで Add SSH Key をクリックします。
  6. Add SSH Key ウィンドウで Name フィールドに名前を入力し、SSH 公開鍵のコンテンツを Key フィールドにコピーします。

    注記

    Name および Key は必須のフィールドです。

  7. Add SSH Key をクリックしてキーを登録します。

12.5. SSH キーの削除

Business Central の SSH Keys ページから SSH キーを削除できます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、SSH Keys を選びます。
  2. SSH Keys ページで削除する SSH キーの削除アイコンをクリックします。
  3. Delete SSH Key をクリックして、削除を確定します。

第13章 Business Central でのサービスタスクの管理

サービスタスク (ワークアイテム) とは、複数のビジネスプロセスまたは Business Central の全プロジェクトの間でカスタマイズして再利用できるタスクのことです。Red Hat Process Automation Manager は、Business Central のサービスタスクのリポジトリーで、サービスタスクセットを提供します。デフォルトのサービスタスクを有効化または無効化して、カスタムのサービスタスクを Business Central にアップロードし、適切なプロセスにこのタスクを実装できます。

注記

Red Hat Process Automation Manager に含まれるサポート対象のカスタムタスクには限りがあり、Red Hat Process Automation Manager に含まれていないカスタムタスクはサポートされません。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Service Tasks Administration を選びます。

    このページは、サービスタスクのインストール設定や、Business Central 全体にあるプロジェクトのプロセスで利用可能なサービスタスクを表示します。このページで有効にしたサービスタスクは、プロジェクトレベルの設定で利用できます。プロジェクトレベルの設定で、プロセスで使用する各サービスタスクをインストールできます。サービスタスクをプロジェクトにインストールする方法は、Service Tasks Administration ページの Settings で有効化または無効化したグローバル設定により決まります。

  2. Settings で、各設定を有効化または無効化して、ユーザーがプロジェクトレベルでインストールするときに、利用可能なサービスタスクを実装する方法を決定します。

    以下のサービスタスクの設定が利用できます。

    • Install as Maven artifact: ファイルがない場合には、サービスタスクの JAR ファイルを Maven リポジトリーにアップロードし、Business Central で設定します。
    • Install service task dependencies into project: サービスタスクの依存関係をプロジェクトの pom.xml ファイルに追加します。このファイルでタスクがインストールされます。
    • Use version range when installing service task into project: プロジェクトの依存関係として追加するサービスタスクの固定バージョンではなく、バージョン範囲を使用します。例: 7.16.0.Final ではなく [7.16,)
  3. 必要に応じて利用可能なサービスタスクを有効化または無効化します (ON または OFF に設定)。有効化したサービスタスクは、Business Central の全プロジェクトのプロジェクトレベル設定に表示されます。

    図13.1 サービスタスクおよびサービスタスク設定の有効化

    Service Tasks Administration page
  4. カスタムのサービスタスクを追加するには、Add Service Task をクリックして、適切な JAR ファイルを参照し、Upload アイコンをクリックします。JAR ファイルには、@Wid のアノテーションを指定した作業アイテムハンドラーの実装を含める必要があります。
  5. オプションでサービスタスクを削除するには、削除するサービスタスクの行にある remove をクリックし、Ok をクリックして削除を確定します。
  6. Business Central ですべての必須サービスタスクを設定した後に、プロジェクトの SettingsService Tasks ページに移動すると、有効化したサービスタスクで利用可能なものが表示されます。
  7. サービスタスクごとに、Install をクリックして、対象のプロジェクトのプロセスでタスクを利用できるようにするか、Uninstall をクリックして、プロジェクトのプロセスからタスクを除外します。
  8. サービスタスクのインストール時に追加情報を求められた場合には、必要な情報を入力して、もう一度 Install をクリックします。

    サービスタスクの必須パラメーターは、タスクのタイプにより異なります。たとえば、ルールとデシジョンタスクにはアーティファクトの GAV 情報 (グループ ID、アーティファクト ID およびバージョン) が、メールタスクにはホストとポートアクセスの情報が、REST タスクには API の認証情報が必要です。他のサービスタスクでは、追加のパラメーターが必要でない場合もあります。

    図13.2 プロセスで使用するためのサービスタスクのインストール

    Project-level service task settings
  9. 保存 をクリックします。
  10. プロジェクトページに戻り、プロジェクトのビジネスプロセスを選択または追加します。プロセスデザイナーパレットで Service Tasks オプションを選択すると、有効化してインストールした、利用可能なサービスタスクが表示されます。

    図13.3 プロセスデザイナーでのインストール済みサービスタスクのアクセス

    Service tasks in process designer

第14章 Dashbuilder データのエクスポートおよびインポート

Dashbuilder は Business Central に統合されているダッシュボードおよびレポートツールで、データセットエディターとコンテンツマネージャーのページで使用します。データタイプには 3 種類あります。

  • データセット
  • パースペクティブ
  • ナビゲーション

Business Central では、Dashbuilder データは Zip ファイルとしてインポートおよびエクスポートできます。

重要

この機能は管理者ユーザーのみが利用できます。

14.1. Dashbuilder データのエクスポート

Dashbuilder のデータはすべて、Business Central から ZIP ファイルとしてエクスポートできます。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Dashbuilder Data Transfer を選びます。
  2. Dashbuilder Data Transfer ページで Export をクリックします。

    全 Dashbuilder データを含む export.zip ファイルがダウンロードされ、以下のように export.zip ファイル構造はデータタイプで分類されます。

    dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example1.csv
    dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example1.dset
    dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example2.csv
    dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example2.dset
    dashbuilder/datasets/readme.md
    dashbuilder/perspectives/page1/perspective_layout
    dashbuilder/perspectives/page1/perspective_layout.plugin
    dashbuilder/perspectives/page2/perspective_layout
    dashbuilder/perspectives/page2/perspective_layout.plugin
    dashbuilder/perspectives/readme.md
    dashbuilder/navigation/navigation/navtree.json
    dashbuilder/navigation/readme.md
    VERSION

14.2. Dashbuilder データのインポート

アーカイブが以下の例と同じように構成されている場合には、Zip ファイルで Dashbuilder データを Business Central にインポートできます。

dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example1.csv
dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example1.dset
dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example2.csv
dashbuilder/datasets/definitions/dataset-example2.dset
dashbuilder/datasets/readme.md
dashbuilder/perspectives/page1/perspective_layout
dashbuilder/perspectives/page1/perspective_layout.plugin
dashbuilder/perspectives/page2/perspective_layout
dashbuilder/perspectives/page2/perspective_layout.plugin
dashbuilder/perspectives/readme.md
dashbuilder/navigation/navigation/navtree.json
dashbuilder/navigation/readme.md
VERSION

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Dashbuilder Data Transfer を選びます。

    警告

    既存システムのデータが上書きされないように、新規インストールした Red Hat Process Automation Manager にのみ、Dashbuilder のデータはインポートするようにしてください。

  2. Dashbuilder Data Transfer ページで、Choose File アイコンをクリックします。
  3. インポートする ZIP ファイルに移動し、ファイルを選択します。
  4. アップロード アイコンをクリックします。
  5. Import をクリックします。

第15章 LDAP 接続

Business Central は、ユーザータスクサービスがユーザー、グループ、ロールの情報を LDAP サービスから直接取得できるように、Red Hat Process Automation Manager で LDAP サーバー専用の UserGroupCallback 実装を提供します。

以下の LDAP UserGroupCallback 実装プロパティーは、設定可能です。

表15.1 LDAP UserGroupCallback プロパティー

Property説明

ldap.bind.user

LDAP サーバーへの接続に使用するユーザー名

指定がない場合はこのプロパティーはオプションで、LDAP サーバーは匿名アクセスを受け入れます。

ldap.bind.pwd

LDAP サーバーへの接続に使用するパスワード

指定がない場合はこのプロパティーはオプションで、LDAP サーバーは匿名アクセスを受け入れます。

ldap.user.ctx

ユーザー情報を含む LDAP のコンテキスト

ldap.role.ctx

グループトロールの情報を含む LDAP のコンテキスト

ldap.user.roles.ctx

ユーザーグループおよびロールのメンバーシップ情報を含む LDAP のコンテキスト

指定がない場合はこのプロパティーはオプションで、代わりに ldap.role.ctx プロパティーを使用します。

ldap.user.filter

ユーザー情報検索用のフィルター

このプロパティーは通常、代入キー {0} が含まれており、パラメーターと置き換えられます。

ldap.role.filter

グループおよびロール情報の検索フィルター

このプロパティーは通常、代入キー {0} が含まれており、パラメーターと置き換えられます。

ldap.user.roles.filter

ユーザーグループおよびロールメンバー情報を検索するためのフィルター

このプロパティーは通常、代入キー {0} が含まれており、パラメーターと置き換えられます。

ldap.user.attr.id

LDAP に含まれるユーザー ID の属性名

指定がない場合はこのプロパティーはオプションで、代わりに uid プロパティーを使用します。

ldap.roles.attr.id

LDAP 内のグループおよびロール ID の属性名

指定がない場合はこのプロパティーはオプションで、代わりに cn プロパティーを使用します。

ldap.user.id.dn

DN のユーザー ID。ロールの検索前にユーザー DN をクエリーするようにコールバックを指示します。これは任意で、デフォルトは false です。

java.naming.factory.initial

初期コンテキストファクトリークラス名。デフォルトは com.sun.jndi.ldap.LdapCtxFactory

java.naming.security.authentication

認証タイプ。許容値は、nonesimple および strong で、デフォルトは simple です。

java.naming.security.protocol

ssl など、使用するセキュリティープロトコル

java.naming.provider.url

LDAP url (デフォルトは ldap://localhost:389。プロトコルが ssl に設定されている場合は ldap://localhost:636)

15.1. LDAP UserGroupCallback 実装の使用

以下のいずれかの方法で、該当の LDAP プロパティーを設定して、LDAP UserGroupCallback 実装を使用できます。

  • プログラム: 該当の LDAPUserGroupCallbackImpl プロパティーでプロパティーのオブジェクトをビルドし、プロパティーオブジェクトで、パラメーターとして LDAPUserGroupCallbackImpl を作成します。

    以下は例になります。

    import org.kie.api.PropertiesConfiguration;
    import org.kie.api.task.UserGroupCallback;
    ...
    Properties properties = new Properties();
    properties.setProperty(LDAPUserGroupCallbackImpl.USER_CTX, "ou=People,dc=my-domain,dc=com");
    properties.setProperty(LDAPUserGroupCallbackImpl.ROLE_CTX, "ou=Roles,dc=my-domain,dc=com");
    properties.setProperty(LDAPUserGroupCallbackImpl.USER_ROLES_CTX, "ou=Roles,dc=my-domain,dc=com");
    properties.setProperty(LDAPUserGroupCallbackImpl.USER_FILTER, "(uid={0})");
    properties.setProperty(LDAPUserGroupCallbackImpl.ROLE_FILTER, "(cn={0})");
    properties.setProperty(LDAPUserGroupCallbackImpl.USER_ROLES_FILTER, "(member={0})");
    
    UserGroupCallback ldapUserGroupCallback = new LDAPUserGroupCallbackImpl(properties);
    
    UserGroupCallbackManager.getInstance().setCallback(ldapUserGroupCallback);
  • 宣言設定: アプリケーションのルートに jbpm.usergroup.callback.properties ファイルを作成するか、システムプロパティーとしてファイルの場所を指定します。

    以下は例になります。

    -Djbpm.usergroup.callback.properties=FILE_LOCATION_ON_CLASSPATH

    ユーザータスクサーバーの起動時に LDAP コールバックを登録するようにしてください。

    以下は例になります。

    #ldap.bind.user=
    #ldap.bind.pwd=
    ldap.user.ctx=ou\=People,dc\=my-domain,dc\=com
    ldap.role.ctx=ou\=Roles,dc\=my-domain,dc\=com
    ldap.user.roles.ctx=ou\=Roles,dc\=my-domain,dc\=com
    ldap.user.filter=(uid\={0})
    ldap.role.filter=(cn\={0})
    ldap.user.roles.filter=(member\={0})
    #ldap.user.attr.id=
    #ldap.roles.attr.id=

関連資料

第16章 settings.xml ファイルを使用した Maven の設定

Java アプリケーション開発は、Apache Maven ビルド自動化ツールを使用して、ソフトウェアプロジェクトをビルドし、管理します。Maven は Project Object Model (POM) 設定の XML ファイルを使用して、プロジェクトプロパティーとビルドプロセスの両方を定義します。

Maven はレポジトリーを使用して Java ライブラリー、プラグイン、および他のビルドアーティファクトを格納します。リポジトリーはローカルまたはリモートのいずれかになります。ローカルリポジトリーは、ローカルマシンにキャッシュされたリモートリポジトリーからアーティファクトをダウンロードしたものです。リモートリポジトリーは、http:// (HTTP サーバーにある場合) や file:// (ファイルサーバーにある場合) などの一般的なプロトコルを使用してアクセスされる他のリポジトリーです。デフォルトのリポジトリーは、パブリックのリモート Maven 2 Central Repository となっており、settings.xml ファイルを変更することで Maven を設定できます。グローバルの Maven 設定は、M2_HOME/conf/settings.xml ファイルで、ユーザーレベルの設定は USER_HOME/.m2/settings.xml ファイルで実行可能です。

関連資料

第17章 GAV チェック管理

Business Central では、プロジェクトは グループ IDアーティファクト ID および バージョン (GAV) の Maven 命名規則で識別されます。GAV の値は、プロジェクトとプロジェクトバージョンを区別し、特定のプロジェクトとの依存関係を識別します。

デフォルトでは、Business Central は GAV の重複を検出します。この機能は、admin ロールを持つユーザーにより無効にできます。

17.1. GAV チェックおよび子の GAV エディションの設定

以下の手順では、Business Central での GAV チェックの設定方法を説明します。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動して、プロジェクト名をクリックします。
  2. プロジェクトウィンドウで、Settings タブをクリックします。
  3. General Settings タブで以下のタスクを実行します。

    • 他のプロジェクトで同じ GAV を使用できるようにするには、Disable GAV conflict check チェックボックスを選択します。
    • このプロジェクトに GAV エディションを指定できるようにするには、Allow child GAV edition チェックボックスを選択します。
  4. 保存 をクリックします。

    注記

    Reset をクリックして、すべての変更を元に戻すことができます。

  5. Save をクリックして、変更を確定します。
注記

重複する GAV の検出は、Development Mode のプロジェクトでは無効になっています。Business Central で重複する GAV 検出を有効にするには、 プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを OFF (該当する場合) に切り替えます。

17.2. 全プロジェクトの GAV チェックの設定

以下の手順では、Business Central の全プロジェクトに GAV チェックを設定する方法を説明します。また、システムの起動時に GAV チェックを無効にすることも可能です。

手順

  1. Business Central で、画面の右上隅にある Admin アイコンを選択して、Users を選ぶと、Projects ウィンドウが表示されます。
  2. Advanced GAV preferences タブで以下のタスクのいずれかを実行します。

    • 他のプロジェクトで同じ GAV を使用できるようにするには、Disable GAV conflict check チェックボックスを選択します。
    • このプロジェクトに GAV エディションを指定できるようにするには、Allow child GAV edition チェックボックスを選択します。
  3. 保存 をクリックします。
注記

Business Central の起動時に、org.guvnor.project.gav.check.disabled システムプロパティーを true に設定して、重複した GAV の削除機能を無効にすることも可能です。

$ ~/EAP_HOME/bin/standalone.sh -c standalone-full.xml
-Dorg.guvnor.project.gav.check.disabled=true

第18章 KIE Server および Business Central での環境モードの設定

KIE Server は、production (実稼働) モードと development (開発) モードでの実行が設定可能です。開発モードでは、柔軟な開発ポリシーが提供され、小規模な変更の場合はアクティブなプロセスインスタンスを維持しながら、既存のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) を更新できます。また、大規模な変更の場合には、アクティブなプロセスインスタンスを更新する前に、デプロイメントユニットの状態をリセットすることも可能です。実稼働モードは、各デプロイメントで新規デプロイメントユニットが作成される実稼働環境に最適です。

開発環境では、Business Central で Deploy をクリックすると、(該当する場合) 実行中のインスタンスを中止することなくビルドした KJAR ファイルを KIE Server にデプロイすることができます。または Redeploy をクリックして、ビルドした KJAR ファイルをデプロイして全インスタンスを置き換えることもできます。ビルドした KJAR ファイルを次回にデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット KIE Server で自動的に更新されます。

実稼働環境では、Business Central の Redeploy オプションは無効になり、Deploy をクリックして、ビルドした KJAR ファイルを KIE Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

手順

  1. KIE Server 環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。
  2. Business Central のプロジェクトにデプロイメントの動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動して、Development Mode オプションを切り替えます。

    注記

    デフォルトでは、KIE Server と Business Central の新規プロジェクトはすべて、開発モードになっています。

    Development Mode がオンのプロジェクトや、実稼働モードの KIE Server に手動で SNAPSHOT バージョンの接尾辞を追加したプロジェクトをデプロイすることはできません。

第19章 Git フックおよびリモート Git リポジトリーの統合

Git フックは、git commit または git push の前後に実行するバッシュスクリプトです。Business Central では、Git フックを使用して、イベントが発生するたびに、リポジトリーが指定のアクションをトリガーするように設定できます。Git フックに関する情報は、Customizing Git Hooks を参照してください。

Business Central と、リモート Git リポジトリーを統合するには、post-commit の Git フックを使用します。こうすることで、Business Central とリモートリポジトリーの間のコンテンツの複製を自動化できます。たとえば、Business Central プロジェクトに加えた変更をリモートの Git リポジトリーに複製する、リアルタイムのバックアップストラテジーを実装できます。

注記

Business Central は、 post-commit の Git フックのみをサポートします。

post-commit の Git フックは、コミットするたびに同期操作として実行します。Business Central は、コミット後の Bash が完了するまで待機して、リポジトリーでの他の書き込み操作が行われないようにします。

19.1. post-commit の Git フックの作成

post-commit の Git フックスクリプトファイルを作成してそのファイルに含まれるコードを実行するか、Java プログラムなどの別のファイルからコードを実行できます。

手順

  1. post-commit Git フックファイルを作成します。

    $ touch post-commit
  2. post-commit ファイルのパーミッションを 755 に設定します。

    $ chmod 755 post-commit
  3. 以下のように、#!/bin/bash と必要なコードを post-commit ファイルに追加します。

    • すべての変更をリモートリポジトリーにプッシュするには、以下のコマンドを実行します。

      #!/bin/bash
      git push origin +master
    • メッセージをログに記録するには、以下を実行します。

      #!/bin/bash
      echo 'Hello World'
    • 別のファイルのコードを実行するには、以下を実行します。

      #!/bin/bash
      java -jar _EAP_HOME_/bin/.niogit/<SPACE>/<PROJECT_NAME>.git/hooks/git-push.jar
      注記

      post-commit の Git フックを使用して Java コードを実行するには、以下の Java ライブラリーを使用する必要があります。

      • JGit: 内部の Business Central Git リポジトリーと対話するのに使用します。
      • GitHub API for Java: GitHub との通信に使用します。

      post-commit の Git フックと Java コードの例に関する情報は、Business Central post-commit Git Hooks Integration を参照してください。

19.2. リモート Git リポジトリーのインポート

リモートの Git リポジトリーを Business Central にインポートし、 post-commit の Git フックを設定して、そのリモートリポジトリーに変更を自動的にプッシュできます。

前提条件

  • Red Hat JBoss EAP 7.2 サーバーインスタンスに Red Hat Process Automation Manager がインストールされている。
  • Red Hat Process Automation Manager プロジェクトが外部の Git リポジトリーに存在している。
  • 外部 git リポジトリーへの読み取りアクセスに必要な認証情報
  • (Windows の場合) Cygwin は、インストール時に追加される git パッケージでインストールします。Cygwin /bin フォルダーへのパスは、お使いの環境の PATH 変数に追加されます (例: C:\cygwin64\bin)。Cygwin のインストールに関する詳細は、Installing and Updating Cygwin Packages を参照してください。

手順

  1. Business Central で、MenuProjects に移動します。
  2. Git プロジェクトをインポートするスペースを選択または作成します。
  3. 画面の右側の dots をクリックして、Import Project を選択します。
  4. Import Project ウィンドウで、Git リポジトリーの URL を入力します (例: https://github.com/USERNAME/REPOSITORY_NAME.git および Git リポジトリーの認証情報)。
  5. Import をクリックします。

    プロジェクトを Business Central の Git リポジトリーに追加すると、スペースで使用できるようになります。

    重要

    SCP スタイルの SSH URL の代わりに、HTTPS または Git プロトコルを使用します。Business Central は基本的な SSH URL をサポートしないので、この URL を使用する場合はエラーが発生します。

    公開 SSH キーを Git プロバイダーに設定する必要があります。

    git リポジトリーは、Red Hat Process Automation Manager のバージョンと互換性のある KJAR が 1 つだけ含まれる、KJAR プロジェクトでなければなりません。KJAR コンテンツは、リポジトリーのルートに配置する必要があります。

  6. コマンドターミナルで、以下のように、プロジェクトのリポジトリー Git フォルダーにある hooks フォルダーに移動します。

    $ cd _EAP_HOME_/bin/.niogit/<SPACE>/<PROJECT_NAME>.git/hooks
  7. 以下のように、リモート Git リポジトリーに変更をプッシュする post-commit ファイルを作成します。

    #!/bin/sh
    git push origin +master

    post-commit の Git フックの作成に関する情報は、「 post-commit の Git フックの作成」を参照してください。

  8. オプション: 設定が正常に行われたことを確認するには、Business Central のガイド付きルールを作成します。

    1. Business Central で MenuProjectsAdd AssetGuided Rule に移動します。
    2. Create new Guided Rule ページで必要な情報を入力します。
    3. OK をクリックします。

      Business Central は、リモートリポジトリーにすべての変更を自動的にプッシュします。

19.3. 既存のリモート Git プロジェクトリポジトリー用の Git フックの設定

既存のリモート Git リポジトリープロジェクトがある場合には、その既存のプロジェクトのリモート Git リポジトリーに post-commit の Git フックを作成し、リモート Git リポジトリーを Business Central に統合できます。

前提条件

  • Red Hat JBoss EAP 7.2 サーバーインスタンスに Red Hat Process Automation Manager がインストールされている。
  • Red Hat Process Automation Manager プロジェクトが外部の Git リポジトリーに存在している。
  • 外部 git リポジトリーへの読み取りアクセスに必要な認証情報
  • (Windows オペレーティングシステムの場合) Cygwin がインストール時に追加される git パッケージでインストールされており、Cygwin /bin フォルダーへのパスがお使いの環境の PATH 変数に追加されている (例: C:\cygwin64\bin)。Cygwin のインストールに関する詳細は、Installing and Updating Cygwin Packages を参照してください。

手順

  1. コマンドターミナルで、以下のように、プロジェクトのリポジトリー Git フォルダーにある hooks フォルダーに移動します。

    $ cd _EAP_HOME_/bin/.niogit/<SPACE>/<PROJECT_NAME>.git/hooks
  2. 以下のように、リモート Git リポジトリーに変更をプッシュする post-commit ファイルを作成します。

    #!/bin/sh
    git push origin +master

    post-commit の Git フックの作成に関する情報は、「 post-commit の Git フックの作成」を参照してください。

  3. オプション: 設定が正常に行われたことを確認するには、Business Central のガイド付きルールを作成します。

    1. Business Central で MenuProjectsAdd AssetGuided Rule に移動します。
    2. Create new Guided Rule ページで必要な情報を入力します。
    3. OK をクリックします。

      Business Central は、リモートリポジトリーにすべての変更を自動的にプッシュします。

19.4. Business Central のシステムプロパティーとしての Git フックの設定

既存の Git リポジトリープロジェクトがない場合や、post-commit の Git フックを多数のプロジェクトリポジトリーに適用する場合には、org.uberfire.nio.git.hooks システムプロパティーの値に、フックファイルが含まれるディレクトリーを指定できます。このディレクトリーは Git リポジトリーにコピーされます。

注記

org.uberfire.nio.git.hooks システムプロパティーを指定した場合には、すべての Business Central 内部リポジトリーおよびプロジェクトリポジトリーは、post-commit の Git フックを使用します。スクリプトでは完全修飾パスのみを使用する必要があります。

前提条件

  • Red Hat JBoss EAP 7.2 サーバーインスタンスに Red Hat Process Automation Manager がインストールされている。
  • (Windows オペレーティングシステムの場合) Cygwin がインストール時に追加される git パッケージでインストールされており、Cygwin /bin フォルダーへのパスがお使いの環境の PATH 変数に追加されている (例: C:\cygwin64\bin)。Cygwin のインストールに関する詳細は、Installing and Updating Cygwin Packages を参照してください。

手順

  1. ローカルシステムのディレクトリーに post-commit の Git フックを作成します。

    post-commit の Git フックの作成に関する情報は、「 post-commit の Git フックの作成」を参照してください。

  2. org.uberfire.nio.git.hooks システムプロパティーの値に、フックファイルが含まれるディレクトリーを指定するには、以下のいずれかのタスクを実行します。

    • 以下のように、org.uberfire.nio.git.hooks システムプロパティーを standalone.xml ファイルに追加します。

      <system-properties>
        <property name="org.uberfire.nio.git.hooks" value="_EAP_HOME_/hooks">
        </property>
        ...
      </system-properties>
    • 以下のように、Business Central を実行時に、-Dorg.uberfire.nio.git.hooks 環境変数を使用します。

      $ ./standalone.sh -c standalone-full.xml -Dorg.uberfire.nio.git.hooks=_EAP_HOME_/hooks
  3. Business Central を起動します。

    post-commit の Git フックは、Business Central の内部リポジトリーとプロジェクトのリポジトリーすべてにコピーされます。

19.5. リモート Git リポジトリーの統合

以下の例では、post-commit の Git フックと Java コードを使用して、Business Central と リモートの Git リポジトリーを統合します。Java コードの例については、Business Central post-commit Git Hooks Integration を参照してください。この例では、以下の機能を提供します。

  • テンプレート .gitremote 設定ファイルを自動生成
  • 必須のパラメーターに対する .gitremote 設定ファイルを検証
  • .gitremote ファイルの ignore パラメーターで定義するパターンを Git で無視
  • ユーザーにメッセージおよび通知を出力
  • GitLab および GitHub トークン認証をサポート
  • GitLab グループおよびサブグループプロジェクト作成をサポート
  • GitHub 組織リポジトリー作成をサポート

前提条件

  • Red Hat JBoss EAP 7.2 サーバーインスタンスに Red Hat Process Automation Manager がインストールされている。
  • Java Development Kit (JDK) 8 がインストールされている。
  • Maven がインストールされている。

手順

  1. 端末ウィンドウで、GitHub リポジトリーをシステムにクローンします。

    $ git clone https://github.com/kiegroup/bc-git-integration-push.git
  2. クローンしたリポジトリーに移動します。

    $ cd bc-git-integration-push
  3. Maven の新規インストールを実行します。

    $ mvn clean install
  4. EAP_HOME ディレクトリーに /hooks フォルダーを作成します。

    $ mkdir -p _EAP_HOME_/hooks/
  5. git-push-2.1-SNAPSHOT.jarEAP_HOME/hooks/ フォルダーにコピーします。

    $ cp bc-git-integration-push/git-push-2.1-SNAPSHOT.jar _EAP_HOME_/hooks/
  6. オプション: テンプレートの .gitremote 設定ファイルを作成するに git-push-2.1-SNAPSHOT.jar を実行します。

    $ java -jar git-push-2.1-SNAPSHOT.jar

    テンプレート .gitremote 設定ファイルの例

    #This is an auto generated template empty property file
    provider=GIT_HUB
    login=
    password=
    token=
    remoteGitUrl=https://api.github.com/
    useSSH=false
    ignore=.*demo.*, test.*
    githubOrg=OrgName
    gitlabGroup=Group/subgroup

  7. .gitremote 設定ファイルパラメーターを変更します。

    表19.1 .gitremote パラメーターの例

    パラメーター説明

    provider

    Git プロバイダー。許容値は GIT_HUB と GIT_LAB の 2 つのみ。必須

    login

    Git プロバイダーのユーザー名。必須

    password

    プレーンテキストのパスワードです。token が指定されている場合は必要ありません。

    token

    username および password ベースの、安全対策がされていない接続の代わりとなる生成トークン。注記: これが設定されていない場合には、セキュアでない接続を使用している旨の警告が表示されます。password が指定されている場合には必須ではありません。注記: GitLab はトークン認証のみをサポートします。

    remoteGitUrl

    パブリックのプロバイダー URL またはプロバイダー用にローカルでホストされたエンタープライズ URL。必須。注記: パブリックの GitHub URL は、api.github.com など API URL でなければなりません。

    useSSH

    SSH プロトコルがリモートリポジトリーに変更をプッシュできるようにするブール型。任意。デフォルト値 = false。注記: このパラメーターはローカルの ~/.ssh/ ディレクトリーを使用して SSH 設定を取得します。

    ignore

    コンマ区切りの正規表現。この正規表現に一致するプロジェクト名を無視します。任意。

    githubOrg

    プロバイダーとして GitHub を使用する場合にリポジトリー組織を定義します。任意。

    gitlabGroup

    プロバイダーとして GitLab を使用する場合にリポジトリーグループおよびサブグループを定義します。任意。

  8. EAP_HOME/hookspost-commit Git フックファイルを作成します。

    $ touch post-commit
  9. post-commit ファイルのパーミッションを 755 に設定します。

    $ chmod 755 post-commit
  10. #!/bin/bashgit-push-2.1-SNAPSHOT.jar を実行するコードを post-commit ファイルに追加します。

    $ echo "#\!/bin/bash\njava -jar $APP_SERVER_HOME/hooks/git-push-2.1-SNAPSHOT.jar" > hooks/post-commit
  11. 以下のように、-Dorg.uberfire.nio.git.hooks 環境変数を設定して、Business Central を起動します。

    $ ./standalone.sh -c standalone-full.xml -Dorg.uberfire.nio.git.hooks=_EAP_HOME_/hooks
注記

post-commit の Git フックを使用して Java コードを実行するには、以下の Java ライブラリーを使用する必要があります。

  • JGit: 内部の Business Central Git リポジトリーと対話するのに使用します。
  • GitHub API for Java: GitHub との通信に使用します。

post-commit の Git フックと Java コードの例に関する情報は、Business Central post-commit Git Hooks Integration を参照してください。

19.6. git フックの終了コード

git フックの終了時には、整数値が返され、git フックの実行ステータスを判断します。この整数値は、git フックの終了コードとして知られています。実行ステータスは、成功 (1)、警告 (2 から 30) または失敗 (31 から 255) です。

19.7. git フック通知のカスタマイズ

Business Central には、フックの終了コードをもとに、カスタマイズした git フック通知をユーザーが受信可能なメカニズムがあります。

この通知メカニズムを有効にするには、カスタムのメッセージを含む *.properties ファイルを作成してから、appformer.git.hooks.bundle システムプロパティーの値として対象のファイルのパスを指定する必要があります。

手順

  1. *.properties ファイルを作成して、各終了コードに以下の形式の適切なメッセージを 1 行追加してください。

    <exit_code>=<display_message>

    <exit_code> は、git フックの終了コードに、<display_message> はユーザーに表示するカスタムメッセージに置き換えます。

    以下は例になります。

    0=Success! All working as expected.
    1=Warning! Please check the logs and advise your admin.
    .
    .
    31=Error! Please advise your admin immediately.
    注記

    考えられる終了コードをすべて *.properties ファイルに定義する必要はありません。*.properties ファイルに定義されている終了コードに対する通知のみが表示されます。

    重要

    通知サービスは、*.properties ファイルに設定されている ISO 8859-1 (LATIN 1) 文字のみサポートします。拡張文字を使用する場合には、Unicode 文字コードのエスケープシーケンスを使用してください。

  2. Git フック通知を有効化するには、appformer.git.hooks.bundle システムプロパティーの値としてファイルへのパスを指定します。

    Messages.properties ファイルを参照する設定が含まれている、以下の standalone.xml ファイル例を確認してください。

    <system-properties>
      <property name="appformer.git.hooks.bundle" value="/opt/jboss-as/git-hooks-messages/Messages.properties">
      </property>
      ...
    </system-properties>

19.7.1. Business Central の Git フック通知

Business Central で Git フックの通知を確認できます。Git フックの終了コードの通知タイプは 3 種類あります。

表19.2 Git フックの UI 通知タイプ

終了コードカスタマイズしたメッセージUI での通知の色

0

Success! All working as expected. (成功! すべて想定どおりに機能しています。)

1 to 30

Warning! Please check the logs and advise your admin. (警告! ログを確認して管理者に連絡してください。)

オレンジ

31 to 255

Error! Please advise your admin immediately. (エラー! 今すぐ管理者に連絡してください。)

重要

UNIX マシンがサポートするエラーコードは 0 (success) から 255 (error) までで、この範囲外の終了コードは別のコードに変換され、誤った通知メッセージが表示される可能性があります。

Windows マシンには、制限がなく、幅広い終了コードをサポートします。

19.7.2. Git フック通知の国際化サポート

通知メッセージの国際化には、appformer.git.hooks.bundle システムプロパティーとして指定した元のプロパティーファイルと同じパスに、追加でプロパティーファイルを配置してください。

各種ローカライズファイルの名前は、<filename>_<lang>.properties に指定し、<filename> は元のファイルと同じファイル名にしてください。たとえば、システムプロパティーが Messages.properties を参照している場合には、英語は Messages_en.properties、フランス語は Messages_fr.properties、またはイタリア語は Messages_it.properties として作成できます。

通知サービスは、ユーザー言語をもとにプロパティーファイルを選択します。対象言語の翻訳がない場合には、元の Messages.properties ファイルからのエントリーを使用します。

第20章 Business Central のブランチでのロールベースアクセス制御

Business Central には、特定のコラボレータータイプのターゲットブランチに対するアクセスを制限するオプションがあります。セキュリティーチェックは、Security Management の画面とコントリビューターソースの両方を使用してスペースやプロジェクトに対してパーミッションを与えたり、拒否したりします。たとえば、コントリビュータータイプをもとにして、プロジェクトを更新するパーミッションと、対象のブランチへの書き込みパーミッションがある場合には、新規アセットを作成できます。

20.1. ロールベースのブランチアクセスのカスタマイズ

Business Central では、プロジェクトのブランチごとにコントリビューターロールのパーミッションをカスタマイズできます。たとえば、ブランチに割り当てたロールごとに、ReadWriteDelete および Deploy のアクセス権を設定できます。

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。
  2. 必要に応じて、新規コントリビューターを追加します。

    1. プロジェクト名をクリックし、Contributors タブをクリックします。
    2. Add Contributor をクリックします。
    3. admin プルダウンメニューからロール名を選択します (例: analyst)。
    4. Owner プルダウンメニューから Contributor ロールタイプを選択します。
    5. OK をクリックします。
  3. 関連のコントリビューターのブランチへのアクセス権限をロールベースでカスタマイズします。

    1. SettingsBranch Management をクリックします。
    2. Branch Management プルダウンメニューからブランチ名を選択します。
    3. Role Access のセクションで、パーミッションのチェックボックスを選択または、選択解除して、利用可能なロールタイプごとにロールベースのブランチアクセスを指定します。
    4. Save をクリックし、再度 Save をクリックして変更を確定します。

第21章 プロセスインスタンスログの表示

Logs タブから、インスタンスのプロセスイベントをすべて表示できます。インスタンスログは、現在と過去のプロセスの状態をすべて表示します。Business Central には、BusinessTechnical ログの 2 種類のプロセスインスタンスログがあります。

手順

  1. Business Central で、MenuManageProcess Instances に移動します。
  2. Manage Process Instances ページで、表示するログのプロセスインスタンスをクリックします。
  3. Logs タブを選択します。

    • ビジネスインベントログを表示するには、Business をクリックします。
    • テクニカルイベントログを表示するには、Technical をクリックします。
    • Asc または Desc をクリックすると、ログファイルの順序が変わります。

第22章 Business Central システムプロパティー

このセクションに記載の Business Central のシステムプロパティーは standalone*.xml ファイルに渡されます。または、スタンドアロン Business Central のインストール時に、以下のコマンドで、本セクションに列記するプロパティーを使用することができます。

java -jar rhpam-7.7.0-business-central-standalone.jar -s application-config.yaml -D<property>=<value> -D<property>=<value>

このコマンドでは、<property> をリストのプロパティーに、<value> をそのプロパティーに割り当てる値に置き換えます。

  • org.uberfire.nio.git.dir: KIE Server Git ディレクトリーの場所。
  • org.uberfire.nio.git.dirname: KIE Server Git ディレクトリーの名前。デフォルト値: .niogit
  • org.uberfire.nio.git.proxy.ssh.over.http: SSH が HTTP プロキシーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値: false
  • http.proxyHost: HTTP プロキシ−のホスト名。デフォルト値: null
  • http.proxyPort: HTTP プロキシーのホストポート (整数値)。デフォルト値: null
  • org.uberfire.nio.git.proxy.ssh.over.https: SSH が HTTPS プロキシーを使用するかどうかを指定します。デフォルト値: false
  • https.proxyHost: HTTPS プロキシーのホスト名。デフォルト値: null
  • https.proxyPort: HTTPS プロキシーのホストポート (整数値)。デフォルト値: null
  • org.uberfire.nio.git.http.enabled: HTTP デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.http.host: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはホストの識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.http.hostname: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはホスト名の識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.http.port: HTTP デーモンが有効な場合に、このデーモンはポート番号としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTP 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTP は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: 8080
  • org.uberfire.nio.git.https.enabled: HTTPS デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: false
  • org.uberfire.nio.git.https.host: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはホストの識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.https.hostname: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはホスト名の識別子としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.https.port: HTTPS デーモンが有効な場合に、このデーモンはポート番号としてこのプロパティーを使用します。これは、HTTPS 経由で Git リポジトリーにアクセスする方法を表示するときに使用する参考属性です。HTTPS は、継続してサーブレットコンテナーに依存します。デフォルト値: 8080
  • org.uberfire.nio.git.daemon.enabled: Git デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.daemon.host: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホストの識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.daemon.hostname: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト名の識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.daemon.port: Git デーモンが有効な場合は、このプロパティーをポート番号として使用します。デフォルト値: 9418
  • org.uberfire.nio.git.http.sslVerify: Git リポジトリーの確認をする SSL 証明書を有効または無効にします。デフォルト値: true

    注記

    デフォルトポートまたは割り当てられたポートが既に使用されている場合は、別のポートが自動的に選択されます。ポートが利用可能であることを確認し、詳細についてはログをチェックします。

  • org.uberfire.nio.git.ssh.enabled: SSH デーモンを有効または無効にします。デフォルト値: true
  • org.uberfire.nio.git.ssh.host: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.ssh.hostname: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをローカルホスト名の識別子として使用します。デフォルト値: localhost
  • org.uberfire.nio.git.SSH.port: SSH デーモンが有効な場合は、このプロパティーをポート番号として使用します。デフォルト値: 8001

    注記

    デフォルトポートまたは割り当てられたポートが既に使用されている場合は、別のポートが自動的に選択されます。ポートが利用可能であることを確認し、詳細についてはログをチェックします。

  • org.uberfire.nio.git.ssh.cert.dir: ローカルの証明書が保存される .security ディレクトリーの場所。デフォルト: 作業ディレクトリー。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.passphrase: SCP スタイルの URL (例: git@github.com:user/repository.git) を持つ Git リポジトリーのクローンを作成する場合に、オペレーティングシステムの公開キーストアにアクセスするためのパスフレーズ。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.algorithm: SSH で使用されるアルゴリズム。デフォルト値: RSA
  • org.uberfire.nio.git.ssh.ciphers: コンマ区切りの暗号化の文字列。利用可能な暗号化は aes128-ctraes192-ctraes256-ctrarcfour128arcfour256aes192-cbcaes256-cbc です。このプロパティーを使用しない場合は、すべての暗号化が読み込まれます。
  • org.uberfire.nio.git.ssh.macs: コンマ区切りのメッセージ認証コード (MAC) の文字列。利用可能な MAC は hmac-md5hmac-md5-96hmac-sha1hmac-sha1-96hmac-sha2-256hmac-sha2-512 です。このプロパティーを使用しない場合は、すべての MAC が読み込まれます。

    注記

    RSA、または DSA 以外のアルゴリズムを使う場合は、Bouncy Castle JCE ライブラリーを使用するようにアプリケーションサーバーを設定します。

  • org.uberfire.metadata.index.dir: Lucene の .index ディレクトリーが保存される場所。デフォルト値: 作業ディレクトリー
  • org.uberfire.ldap.regex.role_mapper: LDAP プリンシパル名をアプリケーションのロール名にマッピングするのに使用する regex パターン。プリンシパルの値がロール名に一致する場合はアプリケーションのロール名に置き換えられるため、変数ロールはパターンの一部でなければならない点に注意してください。
  • org.uberfire.sys.repo.monitor.disabled: 設定モニターを無効にします。無効にした場合の影響を正しく理解していない場合は、無効にしないでください。デフォルト値: false
  • org.uberfire.secure.key: パスワードの暗号化で使用するパスワード。デフォルト値: org.uberfire.admin
  • org.uberfire.secure.alg: パスワードの暗号化で使用する暗号化アルゴリズム。デフォルト値: PBEWithMD5AndDES
  • org.uberfire.domain: uberfire が使用するセキュリティードメイン名。デフォルト値: ApplicationRealm
  • org.guvnor.m2repo.dir: Maven リポジトリーディレクトリーが保存される場所。デフォルト値: <working-directory>/repositories/kie
  • org.guvnor.project.gav.check.disabled: グループ ID、アーティファクト ID、およびバージョン (GAV) のチェックを無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.build.disable-project-explorer: Project Explorer で選択したプロジェクトの自動ビルドを無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.verification.disable-dtable-realtime-verification: デシジョンテーブルのリアルタイム確認および検証を無効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.server.controller: Process Automation Manager コントローラーへの接続に使用される URL (例: ws://localhost:8080/business-central/websocket/controller)
  • org.kie.server.user: Process Automation Manager コントローラーから KIE Server ノードへの接続時に使用するユーザー名。このプロパティーは、この Business Central システムを Process Automation Manager コントローラーとして使用する場合に限り必要になります。
  • org.kie.server.pwd: Process Automation Manager コントローラーから KIE Server ノードに接続する際に使用するパスワード。このプロパティーは、この Business Central システムを Process Automation Manager コントローラーとして使用する場合に限り必要になります。
  • kie.maven.offline.force: Maven のオフライン動作を強制します。true に設定すると、オンラインの依存関係解決が無効になります。デフォルト値: false

    注記

    このプロパティーは、Business Central にのみ使用してください。他のコンポーネントとランタイム環境を共有する場合は、設定を分離して、Business Central にだけ適用してください。

  • org.uberfire.gzip.enable: GzipFilter 圧縮フィルターで Gzip の圧縮を有効にするか、または無効にします。デフォルト値: true
  • org.kie.workbench.profile: Business Central プロファイルを選択します。許容値は、FULL または PLANNER_AND_RULES です。プリフィックス FULL_ で、プロファイルを設定し、管理者設定にこのプロファイルの設定を表示されないようにします。デフォルト値: FULL
  • org.appformer.m2repo.url: Business Central は依存関係を検索する時に、Maven リポジトリーのデフォルトの場所を使用します。デフォルト値は、http://localhost:8080/business-central/maven2 など、Business Central 内の Maven リポジトリーを参照します。このプロパティーは、Business Central が起動する前に設定してください。デフォルト値: 内部の m2 リポジトリーへのファイルパス
  • appformer.ssh.keystore: クラス名を指定して Business Central で使用する、カスタムの SSH キーストアを定義します。このプロパティーが指定されていない場合はデフォルトの SSH キーストアを使用します。
  • appformer.ssh.keys.storage.folder: デフォルトの SSH キーストアを使用する場合にこのプロパティーはユーザーの SSH 公開鍵の保存フォルダーを定義します。このプロパティーが指定されていない場合には、この公開鍵は Business Central の .security フォルダーに保存されます。
  • appformer.experimental.features: 実験的機能のフレームワークを有効にします。デフォルト値: false
  • org.kie.demo: GitHub 外部へのデモアプリケーションのクローン作成を有効にします。
  • org.kie.workbench.controller: Process Automation Manager コントローラーとの接続に使用する URL。例: ws://localhost:8080/kie-server-controller/websocket/controller
  • org.kie.workbench.controller.user: Process Automation Manager コントローラーのユーザー。デフォルト値: kieserver
  • org.kie.workbench.controller.pwd: Process Automation Manager コントローラーのパスワード。デフォルト値: kieserver1!
  • org.kie.workbench.controller.token: Process Automation Manager コントローラーとの接続に使用するトークン文字列
  • kie.keystore.keyStoreURL: Java Cryptography Extension KeyStore (JCEKS) の読み込みに使用する URL。例: file:///home/kie/keystores/keystore.jceks.
  • kie.keystore.keyStorePwd: JCEKS に使用するパスワード
  • kie.keystore.key.ctrl.alias: デフォルトの REST Process Automation Manager コントローラーに使用するキーのエイリアス
  • kie.keystore.key.ctrl.pwd: デフォルトの REST Process Automation Manager コントローラーのエイリアスのパスワード
  • org.jbpm.wb.forms.renderer.ext: Business Central と KIE Server のフォームのレンダリングを切り替えます。デフォルトでは、フォームのレンダリングは Business Central が行います。デフォルト値: false
  • org.jbpm.wb.forms.renderer.name: Business Central と KIE Server のレンダリングフォームを切り替えることができます。デフォルト値: workbench

第23章 Business Central 使用時のパフォーマンスチューニングに関する考慮点

以下の主要な概念または推奨のプラクティスを使用すると、Business Central の設定および Red Hat Process Automation Manager のパフォーマンス最適化に役立ちます。本セクションでこの概念についてまとめており、随時、他のドキュメントを相互参照して詳細を説明します。本セクションは、Red Hat Process Automation Manager の新しいリリースで、必要に応じて拡張または変更します。

開発時には、必ず開発モードを有効にする

KIE Server または特定のプロジェクトを Business Central に設定して、production モードまたは development モードを使用できます。デフォルトでは、Business Central の KIE Server および新規プロジェクトはすべて開発モードです。このモードには、プロジェクトの開発ポリシーに柔軟性をもたせるなど、開発が容易にすすむ機能や、重複した GAV の検出を無効化するなど、開発中の KIE Server のパフォーマンスを最適化する機能が含まれます。Red Hat Process Automation Manager 環境が確立し、実稼働モードを実行できる準備が完全に整うまで、開発モードを使用してください。

環境モードの設定または重複する GAV の検出についての詳細は、以下の資料を参照してください。

複雑なガイド付きデシジョンテーブルの検証および妥当性確認の無効化

Business Central のデシジョンテーブルの検証および妥当性確認機能は、デフォルトで有効になっています。この機能を使用すると、ガイド付きデシジョンテーブルの検証が容易になりますが、複雑なガイド付きデシジョンテーブルの場合は、この機能が原因でデシジョンエンジンのパフォーマンスが低下してしまう可能性があります。org.kie.verification.disable-dtable-realtime-verification のシステムプロパティーを true に設定して、この機能を無効にできます。

ガイド付きデシジョンテーブルの詳細は『ガイド付きデシジョンテーブルを使用したデシジョンサービスの作成』を参照してください。

大規模なプロジェクトが多数ある場合には、自動ビルドを無効にする

Business Central では、Project Explorer のサイドパネルで、プロジェクト間を移動すると、選択したプロジェクトが自動でビルドされて、Alerts ウインドウが更新され、プロジェクトのビルドエラーが表示されます。大規模なプロジェクトがある場合や、頻繁に、開発が実際に行われているプロジェクト多数の間を頻繁に切り替える場合には、この機能を使用すると、Business Central とデシジョンエンジンのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

プロジェクトの自動ビルドを無効にするには、org.kie.build.disable-project-explorer のシステムプロパティーを true. に設定します。

付録A バージョン情報

本ドキュメントの最終更新日: 2020 年 3 月 18 日 (水)

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.