第6章 プロセスインスタンスの移行

プロセスインスタンス移行 (PIM) は、ユーザーインターフェイスとバックエンドを含むスタンドアロンのサービス (テクノロジープレビュー) で、Thorntail uber JAR としてパッケージされます。プロセスインスタンスの移行サービスを使用して、2 つの異なるプロセス定義間の移行を定義できます。これは移行プランと呼ばれます。特定の Process Server で実行中のプロセスインスタンスに対して、この移行プランを適用できます。

PIM サービスの詳細は、KIE (Drools, OptaPlanner and jBPM )Process Instance Migration Service を参照してください。

6.1. プロセスインスタンスの移行サービスのインストール

プロセスインスタンス移行 (PIM) サービスを使用して、移行プランを作成、エクスポート、実行します。PIM サービスは、GitHub リポジトリー経由で提供されます。PIM サービスをインストールするには、GitHub リポジトリーのクローンを作成してから、サービスを実行して、Web ブラウザーにアクセスします。

前提条件

  • バックアップを作成した Red Hat Process Automation Manager 開発環境でプロセスを定義している。

手順

  1. Red Hat Process Automation Manager 7. 6 の Software Downloads ページから rhpam-7.6.0-add-ons.zip ファイルをダウンロードします
  2. ダウンロードしたアーカイブを展開します。
  3. アドオンアーカイブから rhpam-7.6.0-process-migration-service-standalone.jar ファイルを、任意の場所に移動します。
  4. その場所で、以下のような kieserver および Thorntail の設定を含む YAML ファイルを作成します。

    thorntail:
      deployment:
        process-migration.war:
          jaxrs:
            application-path: /rest
          web:
            login-config:
              auth-method: BASIC
              security-domain: pim
            security-constraints:
              - url-pattern: /*
                roles: [ admin ]
              - url-pattern: /health/*
      datasources:
        data-sources:
          pimDS:
            driver-name: h2
            connection-url: jdbc:h2:mem:test;DB_CLOSE_DELAY=-1;DB_CLOSE_ON_EXIT=FALSE
            user-name: DS_USERNAME
            password: DS_PASSWORD
      security:
        security-domains:
          pim:
            classic-authentication:
              login-modules:
                UsersRoles:
                  code: UsersRoles
                  flag: required
                  module-options:
                    usersProperties: application-users.properties
                    rolesProperties: application-roles.properties
    kieservers:
      - host: http://localhost:8080/kie-server/services/rest/server
        username: KIESERVER_USERNAME
        password: KIESERVER_PASSWORD
      - host: http://localhost:8280/kie-server/services/rest/server
        username: KIESERVER_USERNAME
        password: KIESERVER_PASSWORD1
  5. PIM サービスを開始します。

    $ java -jar rhpam-7.6.0-process-migration-service-standalone.jar -s./config.yml
  6. Thorntail による JDBC ドライバーの自動検出を有効にするには、JDBC ドライバー名の JAR ファイルを thorntail.classpath システムプロパティーに追加します。以下に例を示します。

    $ java -Dthorntail.classpath=./h2-1.4.200.jar -jar rhpam-7.6.0-process-migration-service-standalone.jar -s ./config.yml
    注記

    h2 JDBC ドライバーはデフォルトで含まれています。異なる JDBC ドライバーを使用して、異なる外部データベースに接続できます。

  7. PIM サービスを起動して実行後に、Web ブラウザーに http://localhost:8080 と入力します。