5.2. 実行エラーの管理

定義上、検出および保存されたプロセスエラーは何も確認されておらず、何らかの形 (エラーからの自動回復の場合) で処理する必要があります。エラーは、確認されたかどうかに基づいてフィルターリングされます。エラーを承認すると、追跡のために、ユーザー情報およびタイムスタンプが保存されます。いつでも、Error Management ビューにアクセスできます。

手順

  1. Business Central で、MenuManageExecution Errors の順に移動します。
  2. 一覧からエラーを選択し、Details タブを開きます。これにより、エラーに関する情報が表示されます。
  3. Acknowledge ボタンをクリックして、エラーを承認して削除します。Manage Execution Errors ページの Acknowledged フィルターで Yes を選択すれば、後からそのエラーを表示できます。

    エラーがタスクに関連する場合は、Go to Task ボタンが表示されます。

  4. 該当する場合は、Go to Task ボタンをクリックして、Manage Tasks ページに、関連するジョブ情報を表示します。

    Manage Tasks ページでは、対応するタスクの再起動、再スケジュール、または再試行を行うことができます。