5.3. エラーのフィルターリング

MenuManageExecution Errors の実行エラーについては、必要に応じて、FiltersAdvanced Filters パネルを使用してエラーを分類できます。

図5.1 エラーのフィルターリング: デフォルト表示

Filtering Errors

Filters パネルの以下の属性別に、実行エラーをフィルターリングできます。

タイプ

エラーの種類でフィルターリングします。フィルターリングの種類は複数選択できます。ステータスフィルターを削除すると、ステータスにかかわらずすべてのプロセスが表示されます。

以下のフィルターステータスを利用できます。

  • DB
  • タスク
  • Process
  • Job
プロセスインスタンス ID

プロセスインスタンス ID でフィルターリングします。

入力: Numeric

ジョブ ID

ジョブ ID でフィルターリングします。ジョブ ID は、ジョブの作成時に自動的に作成されます。

入力: Numeric

ID

プロセスインスタンス ID でフィルターリングします。

入力: Numeric

確認済み
エラーを承認したかどうかでフィルターリングします。
エラー日付

イベントが発生した日付または時間でフィルターリングします。

このフィルターには、以下のような、フィルターのクイックオプションがあります。

  • 過去 1 時間
  • 本日
  • 過去 24 時間
  • 過去 7 日間
  • 過去 30 日間
  • カスタム

    Custom の日時フィルターリングを選択すると、カレンダーツールが開いて日時の範囲を選択できます。

    図5.2 日付で検索

    Search by Date Range