第5章 実行エラー管理

ビジネスプロセスの実行エラーが発生すると、プロセスが停止し、直近の安定した状態 (直近の安全なポイント) に戻り、実行を継続します。プロセスがエラーを処理していない場合は、トランザクション全体がロールバックされ、プロセスインスタンスを 1 つ前の待ち状態のままにします。この痕跡はログにのみ表示され、通常は、プロセスエンジンに要求を送信した人にしか表示されません。

プロセスの管理者 (process-admin)、または管理者 (admin) のロールが割り当てられているユーザーが、Business Central のエラーメッセージにアクセスできます。実行エラーメッセージ機能では、主に以下の利点があります。

  • より優れたトレーサビリティー
  • 重大なプロセスの表示
  • エラー状態に基づいたレポートおよび解析
  • 外部システムエラー処理および補正

設定可能なエラー処理は、プロセスエンジンの実行 (タスクサービスを含む) 時に発生した技術エラーに対応します。以下の技術例外が適用されます。

  • java.lang.Throwable を拡張するすべてのもの
  • プロセスレベルのエラー処理およびその他の例外が事前に処理されていない

エラー処理メカニズムを設定し、その機能を拡張するプラグ可能なアプローチが可能なコンポーネントが複数あります。

エラー処理を行うプロセスエンジンのエントリーポイントは ExecutionErrorManager です。これは、RuntimeManager と統合され、基盤となる KieSession および TaskService に渡します。

API の観点からすると、ExecutionErrorManager で次のコンポーネントにアクセスできます。

  • ExecutionErrorHandler: エラー処理の主なメカニズム
  • ExecutionErrorStorage: 実行エラー情報のための、プラグ可能なストレージ

5.1. Business Central でのプロセスの実行エラー表示

Business Central では、2 つの場所でプロセスエラーを表示できます。

  • MenuManageProcess Instances
  • MenuManageExecution Errors

現在のプロセスインスタンスにエラーが存在する場合は、Manage Process Instances ページの Errors 列に、エラーの数が表示されます。

前提条件

  • Business Central でのプロセスの実行時にエラーが発生している。

手順

  1. Business Cnetral で MenuManageProcess Instances に移動し、Errors で表示されている数の上にマウスをかざします。
  2. Errors 列に表示されるエラーの数をクリックして、Manage Execution Errors ページに移動します。

    Manage Execution Errors ページには、すべてのプロセスインスタンスのエラー一覧が表示されます。