3.8. 非同期シグナルイベント

異なるプロセス定義の複数のプロセスインスタンスが同じシグナルを待機している場合に、これらのプロセスインスタンスは同じスレッドで順次実行されます。ただし、このプロセスインスタンスの 1 つがランタイム例外を出力すると、他のすべてのプロセスインスタンスが影響を受け、通常はトランザクションがロールバックされます。この状況を回避するために、Red Hat Process Automation Manager は非同期シグナルイベントを使用します。

  • 中間シグナルイベントの出力
  • 終了イベント

3.8.1. 中間イベントの非同期シグナルの設定

中間イベントは、ビジネスプロセスのフローを駆動します。中間イベントは、ビジネスプロセスの実行中にイベントをキャッチまたは出力するときに使用します。中間イベントは、プロセス実行時に発生する特定の状況を処理します。出力シグナルの中間イベントは、定義したプロパティーをもとにシグナルオブジェクトを生成します。

Business Central で中間イベントの非同期シグナルを設定できます。

前提条件

  • Business Central でプロジェクトを作成済みである。これにはビジネスプロセスアセットが 1 つ以上含まれます。
  • Business Central に、プロセス定義が設定されたプロジェクトがデプロイされている。

手順

  1. ビジネスプロセスアセットを開きます。
  2. プロセスデザイナーキャンバスで、左のツールバーから Intermediate Signal をドラッグアンドドロップします。
  3. 画面の右上にある Properties アイコンをクリックして、Properties パネルを開きます。
  4. Data Assignments セクションを展開します。
  5. Assignments サブセクションの下のボックスをクリックします。Task Data I/O ダイアログボックスが開きます。
  6. Data Inputs and Assignments の横にある Add をクリックします。
  7. Name フィールドに、出力されたイベント名を async と入力します。
  8. Data TypeSource のフィールドは空白のままにします。
  9. OK をクリックします。

各セッションに executor サービスが自動的に設定されます。これにより、各プロセスインスタンスが異なるトランザクションで通知されるようになります。