第1章 Business Central のプロジェクトおよびビジネスアセットの例

Business Central には、プロジェクトサンプルがビジネスアセット例と合わせて同梱されており、ルール、プロセス、その他のアセットを、独自の Red Hat Process Automation Manager プロジェクトに作成するときの参考として使用できます。各プロジェクトは、Red Hat Process Automation Manager のプロセス自動化、意思決定管理、またはビジネス最適化アセットおよび論理を異なる方法で説明するように設計されています。

注記

Red Hat は、Red Hat Process Automation Manager ディストリビューションに含まれるコードサンプルのサポートはしていません。

以下のプロジェクト例が、Business Central で利用できます。

  • Evaluation_Process: (プロセス自動化) ビジネスプロセスアセットを使用したプロセス評価。実績に基づいて従業員を評価します。
  • Mortgage_Process (住宅ローン): (プロセス自動化) ビジネスプロセスとデシジョンアセットを使用した住宅ローン審査プロセス。申し込み者のデータと資格を基にローンの申し込み資格を判定します。
  • IT_Orders: (プロセス自動化およびケース管理) ビジネスプロセスとケース管理アセットを使用したケース注文。ニーズと承認に基づいて IT ハードウェアを注文します。
  • Traffic_Violation: (DMN でのデシジョン管理) Decision Model and Notation (DMN) モデルを使用した交通違反のデシジョンサービス。交通違反をもとに運転手の罰則および免許停止を判断します。
  • Mortgages (住宅ローン): (ルールでのデシジョン管理) ルールベースのデシジョンアセットを使用した住宅ローン審査プロセス。申し込み者のデータと資格を基にローンの申し込み資格を判定します。
  • Employee_Rostering (従業員勤務表) : (ビジネス最適化) デシジョンおよびソルバーアセットを使用した従業員勤務表の最適化。スキルに基づいて従業員をシフトに割り当てます。
  • OptaCloud: (ビジネス最適化) デシジョンおよびソルバーアセットを使用したリソース割り当ての最適化。リソースが制限されるなかでプロセスをコンピューターに割り当てます。
  • Course_Scheduling: (ビジネス最適化) コースのスケジュールとカリキュラム決定プロセス。講師を教室に割り当て、コースの競合や教室の収容能力といった要素を基にして学生のカリキュラムを決定します。
  • Dinner_Party: (ビジネス最適化) ガイド付きデシジョンテーブルを使用したゲストの座席割り当ての最適化。各ゲストの職種、政治的信条、既知の関係を基にしてゲストに座席を割り当てます。

1.1. Business Central のプロジェクトおよびビジネスアセット例へのアクセス

Business Central のプロジェクト例を使用すると、独自の Red Hat Process Automation Manager プロジェクトにルールや他のアセットを作成するときに、参考としてビジネスアセットを確認できます。

前提条件

手順

  1. Business Central で、MenuDesignProjects に移動します。既存のプロジェクトがある場合には、MySpace のデフォルトのスペースをクリックして、Add Project プルダウンメニューから Try Samples を選択して、サンプルにアクセスできます。既存のプロジェクトがない場合には、Try samples をクリックします。
  2. 各サンプルプロジェクトの説明を読んで、どのプロジェクトが最適か確認します。各プロジェクトは、Red Hat Process Automation Manager のプロセス自動化、意思決定管理、またはビジネス最適化アセットおよび論理を異なる方法で説明するように設計されています。
  3. サンプルプロジェクトを選択し、Ok をクリックして自分のスペースにプロジェクトを追加します。
  4. 自分のスペースの Projects ページで、サンプルプロジェクトの 1 つを選択して、そのプロジェクトのアセットを表示します。
  5. 各アセットを選択して、指定のゴールまたはワークフローに到達するためにプロジェクトがどのように設計されているのかを確認します。
  6. プロジェクトの Assets ページの右上にある Build をクリックしてサンプルプロジェクトをビルドするか、Deploy をクリックして、プロジェクトをビルドして Process Server にデプロイします。

    注記

    Build & Install オプションを選択してプロジェクトをビルドし、KJAR ファイルを Process Server にデプロイせずに設定済みの Maven リポジトリーに公開することもできます。開発環境では、Deploy をクリックすると、(該当する場合) 実行中のインスタンスを中止することなくビルドされた KJAR ファイルを Process Server にデプロイすることができます。または Redeploy をクリックして、ビルドした KJAR ファイルをデプロイして実行中のインスタンスを中止することもできます。ビルドした KJAR ファイルを次回にデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット Process Server で自動的に更新されます。ビルドされた KJAR ファイルを次回にデプロイまたは再デプロイすると、以前のデプロイメントユニット (KIE コンテナー) が同じターゲット Process Server で自動的に更新されます。実稼働環境では Redeploy オプションは無効になっており、Deploy をクリックして KJAR ファイルを Process Server 上の新規デプロイメントユニット (KIE コンテナー) にデプロイすることのみが可能です。

    Process Server 環境モードを設定するには、org.kie.server.mode システムプロパティーを org.kie.server.mode=development または org.kie.server.mode=production に設定します。Business Central でそれぞれのプロジェクトのデプロイメント動作を設定するには、プロジェクトの SettingsGeneral SettingsVersion に移動し、Development Mode オプションを選択して、Save をクリックします。デフォルトでは、Process Server と Business Central の新規プロジェクトはすべて、開発モードになっています。Development Mode がオンのプロジェクトや、実稼働モードの Process Server に手動で SNAPSHOT バージョンの接尾辞を追加したプロジェクトをデプロイすることはできません。

    プロジェクトのデプロイメントに関する詳細を確認するには、画面の上部にあるデプロイメントバナーの View deployment details か、Deploy のドロップダウンメニューをクリックします。このオプションを使用すると、MenuDeployExecution Servers ページに移動します。