第2章 OpenShift での従業員勤務表スターターアプリケーションのインストールおよび起動

Red Hat Business Optimizer 従業員勤務表スターターアプリケーションは、OpenShift テンプレートまたはリファレンス実装のディストリビューションで提供されている provision.sh シェルスクリプトを使用して、 Red Hat OpenShift Container Platform にデプロイできます。

OpenShift テンプレートを使用する場合、Red Hat OpenShift Container Platform は Red Hat リポジトリーからイメージを読み込んでデプロイします。このデプロイメントの方法は、テクノロジープレビュー機能となっています。

スクリプトを使用する場合には、アプリケーションのソースコードをローカルでビルドしてパッケージ化し、OpenShift 環境にアップロードしてデプロイします。Java 開発ツール (Java 開発キットおよび Maven) とバッシュシェルコマンドラインが利用できる場合は、この手法を使用できます。

2.1. 提供されているスクリプトを使用したアプリケーションのデプロイ

Red Hat Business Optimizer 従業員勤務表スターターアプリケーションは、提供されているスクリプトを使用して Red Hat OpenShift Container Platform にデプロイできます。このスクリプトは、アプリケーションのソースコードをローカルでビルドしてパッケージ化し、OpenShift 環境にアップロードしてデプロイします。

前提条件

  • oc コマンドラインツールを使用して、対象の OpenShift 環境にログインしている。このツールに関する詳細は、『CLI リファレンス 』を参照してください。
  • Maven および Java 開発キットがローカルのマシンにインストールされている。
  • bash シェル環境がローカルのマシンに用意されている。

Procedure

  1. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページから rhpam-7.6.0-maven-repository.zip ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたアーカイブを展開します。
  3. jboss-rhba-7.6.0.GA-maven-repository/maven-repository サブディレクトリーの内容を ~/.m2/repository ディレクトリーにコピーします。
  4. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページから rhpam-7.6.0-reference-implementation.zip ファイルをダウンロードします。
  5. ダウンロードしたアーカイブを展開します。
  6. リファレンス実装アーカイブから展開した rhpam-7.6-employee-rostering.zip ファイルを展開します。
  7. コマンドラインで、employee-rostering-distribution-7.30.0.Final-redhat-00003/sourcesフォルダーに移動します
  8. OptaWeb 従業員勤務表アプリケーションをビルドするには、以下のコマンドを実行します。

    mvn clean install -DskipTests -DskipITs
  9. OpenShift アカウントまたは Red Hat Code Ready Container インスタンスにログインします。以下の例では、<account-url> を OpenShift アカウントまたは Red Hat Code Ready Container インスタンスに、<login-token> をそのアカウントのログイントークンに置き換えます。

    oc login <account-url> --token <login-token>
  10. OptaWeb 従業員勤務表をホストする新規プロジェクトを作成します。

    oc new-project employee-rostering
  11. プロビジョニングスクリプトを実行し、アプリケーションをビルドしてデプロイします。

    ./provision.sh

    コンパイルとパッケージ化が完了するには最大 10 分かかります。これらのプロセスは、継続的にコマンドライン出力に進行状況を示します。

    操作が完了したら、以下のメッセージが表示されます。<URL> は デプロイメントの URL に置き換えます。

    You can access the application at <URL> once the deployment is done.
  12. 先ほどの手順で使用した OpenShift アカウントまたは Red Hat Code Ready Container インスタンスの URL を入力して、デプロイしたアプリケーションにアクセスします。初回起動の場合は、OpenShift プラットフォームでの追加のビルドが実行されるため、最大で 1 分程かかります。

    注記

    リンクをクリックしてから 1 分経過してもアプリケーションが表示されない場合は、ブラウザーページを強制的に更新してください。