3.2. ローテーションパターン

従業員勤務表アプリケーションは、シフトと従業員の ローテーションパターン をサポートします。

ローテーションパターンは、2 日以上の期間を対象とする「モデル」期間です。このパターンは、特定の日付けには紐付けされません。

ローテーションの全日に対して シフトテンプレート を作成できます。シフトテンプレートにはすべて、シフトの時間を設定できます。必要に応じて、テンプレートに、シフトに割り当てる従業員名をデフォルトで含めることができます。

勤務表の公開時に、アプリケーションによりドラフト期間に新しい週が追加されます。この時点で、シフトおよび該当する場合はデフォルトの従業員名が、新しいドラフト期間にローテーションパターンからコピーされます。

ローテーションパターンの最後に到達すると、自動的に最初から開始されます。

週末のシフトパターンが平日と異なる場合は、1 週間のローテーションパターンか、複数週間 (例: 14 日、21 日または 28日。デフォルトの長さは 28日) のローテーションパターンを使用してください。常に同じ平日には同じパターンを繰り返して、別の平日に特定のシフトを設定できます。

注記

現在のバージョンでは、単一シフトをすべて手動で設定する必要があります。初期データの設定時間を短縮するには、期間の短いローテーションパターンを使用してください (例: 7 日)。

ローテーションパターンの編集に関する説明は、「ローテーションパターンの表示および編集」 を参照してください。