3.2. Operator を使用した Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイ

Business Automation Operator にサブスクライブした後に、インストーラーウィザードを使用して Red Hat Process Automation Manager 環境を設定し、デプロイできます。

重要

Red Hat Process Automation Manager 7.6 では、Operator インストーラーウィザードはテクノロジープレビュー機能となっています。Red Hat のテクノロジープレビュー機能についての詳細は、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください

3.2.1. Business Automation Operator の使用による Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイメントの開始

Business Automation Operator を使用して Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイメントを開始するには、インストーラーウィザードにアクセスします。インストーラーウィザードは Operator にサブスクライブする際にデプロイされます。

前提条件

Procedure

  1. Red Hat OpenShift Container Platform Web クラスターコンソールメニューで、Catalog → Installed operators または Operators → Installed operators を選択します。
  2. businessautomation が含まれる Operator の名前をクリックします。この Operator の情報が表示されます。
  3. Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 4.1 の場合は、ウィンドウの左側の Installer リンクを、Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 4.2 以降の場合は、ウィンドウの右側のリンクをクリックします。
  4. プロンプトが出されたら、OpenShift 認証情報でログインします。

結果

ウィザードの Installation タブが表示されます。