3.2.2. 環境の基本設定の構成

Business Automation Operator を使用して Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイを開始した後に、環境のタイプを選択し、他の基本的な設定を行う必要があります。

前提条件

Procedure

  1. Application Name フィールドに、OpenShift アプリケーションの名前を入力します。この名前は、すべてのコンポーネントのデフォルト URL で使用されます。
  2. Environment 一覧で、環境のタイプを選択します。このタイプは、デフォルトの設定を定めるものです。この設定を必要に応じて変更することができます。以下のタイプは Red Hat Process Automation Manager で利用できます。

    • rhpam-trial: すばやく設定でき、アセットの開発や実行の評価やデモに使用できる試用版の環境。Business Central と Process Server 1 台が含まれています。この環境では永続ストレージを使用しないので、この環境で実行した作業内容は保存されません。
    • rhpam-authoring: Business Central を使用してサービスを作成および修正する環境。この環境は、オーサリングの作業用の Business Central と、サービスのテスト実行用の Process Server 1 台で構成されます。
    • rhpam-authoring-ha: Business Central を使用してサービスを作成し、変更する 環境。この環境は、オーサリングの作業用の Business Central と、サービスのテスト実行用の Process Server 1 台で構成されます。このバージョンのオーサリング環境は、高可用性が確保されるように Business Central Pod のスケーリングをサポートします。

      重要

      Red Hat Process Automation Manager 7.6 では、Operator を使用した高可用性 Business Central 機能のデプロイメントはテクノロジープレビューとしてのみご利用いただけます。Red Hat のテクノロジープレビュー機能についての詳細は、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。完全にサポートされた高可用性可用性デプロイメントの場合、Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.11 で高可用性オーサリングテンプレートを使用します。このテンプレートをデプロイする手順については、『Red HatOpenShift Container Platform への Red Hat Process Automation Manager オーサリング環境のデプロイ 』を参照してください。

    • rhpam-production: ステージングおよび実稼働用として既存のサービスを実行するために使用する環境。この環境には、Business Central Monitoring、Smart Router、および Process Server Pod の 2 つのグループが含まれます。このようなすべてのグループに対してサービスのデプロイおよびデプロイ解除を実行できます。このようなすべてのグループに対してサービスのデプロイおよびデプロイ解除を実行します。必要に応じてこれらのグループのスケールアップおよびスケールダウンを実行できます。Business Central Monitoring を使用してサービスをデプロイし、実行し、停止し、またそれらの実行を監視します。
    • rhpam-production-immutable: ステージングおよび実稼働目的で既存のサービスを実行するための別の環境。ソースからサービスをビルドしたり、Maven リポジトリーからサービスをプルする 1 つ以上の Process Server Pod を設定できます。その後、必要に応じて各 Pod を複製できます。

      Pod からサービスを削除したり、新しいサービスを Pod に追加したりすることはできません。サービスの別のバージョンを使用するか、他の方法で設定を変更する場合は、新規のサーバーイメージをデプロイして、以前のイメージを置き換えます。コンテナーベースの統合ワークフローを使用して、Pod を管理できます。

      この環境を設定する場合は、KIE Servers タブで Process Server をカスタマイズし、Set immutable server configuration ボタンをクリックするか、KIE_SERVER_CONTAINER_DEPLOYMENT 環境変数を設定します。Process Server の設定手順は、「環境のカスタム Process Server 設定の構成」 を参照してください。

      必要に応じて、Console タブを使用して、この環境に Business Central Monitoring を追加して、プロセスサービスの実行を監視、停止、および再起動することもできます。Business Central Monitoring の設定手順は、「環境の Business Central 設定の構成」 を参照してください。

  3. 新しいバージョンへの自動アップグレードを有効にするには、Enable Upgrades ボックスを選択します。このボックスを選択すると、Red Hat Process Automation Manager 7.6 の新しいパッチバージョンが利用可能になると、Operator は自動的にこのバージョンにデプロイメントをアップグレードします。サービスはすべて確保され、アップグレードプロセス全体で通常通り利用できます。

    同じ自動アップグレードプロセスを、Red Hat Process Automation Manager 7.x の新規マイナーバージョンが利用できる場合にも有効にする場合は、Include minor version upgrade のチェックボックスを選択します。

  4. Custom registry のカスタムイメージレジストリーを使用する場合、Image registry フィールドにレジストリーの URL を入力します。このレジストリーに適切に署名され、認識された SSL 証明書がない場合には、Insecure ボックスを選択します。
  5. Admin userUsername および Password フィールドに、Red Hat Process Automation Manager の管理者ユーザーのユーザー名およびパスワードを入力します。RH-SSO または LDAP 認証を使用する場合、同じユーザーを、Red Hat Process Automation Manager の kie-server,rest-all,admin ロールで認証システムに設定する必要があります。
  6. イメージのカスタムバージョンタグを使用する必要がある場合には、以下の手順を実行します。

    1. Next をクリックして Security タブにアクセスします。
    2. ウィンドウの下部までスクロールします。
    3. イメージタグを Image tag フィールドに入力します。

次のステップ

デフォルト設定で環境をデプロイする必要がある場合は、Finish をクリックしてから Deploy をクリックして環境をデプロイします。それ以外の場合は、引き続き他の設定パラメーターの設定を行います。