第3章 OpenShift Operator を使用した Red Hat Process Automation Manager 環境のデプロイと管理

Red Hat Process Automation Manager 環境をデプロイするために、OpenShift Operator は環境を記述する YAML ソースを使用します。Red Hat Process Automation Manager は、YAML ソースを作成し、環境をデプロイするために使用できるインストーラーを提供します。

Business Automation Operator で環境をデプロイする場合には、環境の YAML 記述を作成し、環境が常にこの記述と一致していることを確認します。記述を編集して環境を変更することができます。

3.1. Business Automation Operator のサブスクライブ

Operator を使用して Red Hat Process Automation Manager をデプロイできるようにするには、OpenShift で Business Automation Operator にサブスクライブする必要があります。

手順

  1. OpenShift Web クラスターコンソールでプロジェクトに移動します。
  2. OpenShift Web コンソールのナビゲーションパネルで、Catalog → OperatorHub または Operators → OperatorHub を選択します。
  3. Business Automation を検索し、これを選択してから Install をクリックします。
  4. Create Operator Subscription ページで、ターゲットの名前空間および承認ストラテジーを選択します。

    必要に応じて、承認ストラテジーAutomatic に設定して、Operator の自動更新を有効にします。Operator の更新は直ちに製品を更新しませんが、製品を更新する前に必要になります。特定のすべての製品デプロイメントの設定を使用して、自動または手動の製品更新を設定します。

  5. Subscribe をクリックしてサブスクリプションを作成します。