2.7. オフラインで使用する Maven ミラーリポジトリーの用意

Red Hat OpenShift Container Platform 環境に公開インターネットへの送信アクセスが設定されていない場合には、必要なアーティファクトすべてのミラーが含まれる Maven リポジトリーを用意して、このリポジトリーを使用できるようにする必要があります。

注記

Red Hat OpenShift Container Platform 環境がインターネットに接続されている場合は、この手順を飛ばして次に進むことができます。

前提条件

  • 公開インターネットへの送信アクセスが設定されているコンピューターが利用できる。

Procedure

  1. 書き込み可能な Maven リリースリポジトリーを準備します。このリポジトリーは、認証なしに読み込みアクセスを許可する必要があります。OpenShift 環境は、このリポジトリーへのアクセスが必要です。OpenShift 環境に、Nexus リポジトリーマネージャーをデプロイできます。OpenShift への Nexus の設定方法は、「Nexus の設定」を参照してください。このリポジトリーを別個のミラーリポジトリーとして使用します。

    または、サービスにカスタムの外部リポジトリー (Nexus など) を使用する場合、同じリポジトリーをミラーリポジトリーとして使用できます。

  2. 公共のインターネットに送信アクセスができるコンピューターで、以下の手順を実行します。

    1. 最新バージョンの Offliner tool をダウンロードします。
    2. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページから利用可能な rhpam-7.6.0-offliner.txt の製品配信可能ファイルをダウンロードします。
    3. 以下のコマンドを入力して、Offliner ツールを使用し、必要なアーティファクトをダウンロードします。

      java -jar offliner-<version>.jar -r https://maven.repository.redhat.com/ga/ -r https://repo1.maven.org/maven2/ -d /home/user/temp rhpam-7.6.0-offliner.txt

      /home/user/temp は空の一時ディレクトリーに、<version> はダウンロードした Offliner ツールのバージョンに置き換えます。ダウンロードにはかなり時間がかかる可能性があります。

    4. 一時ディレクトリーから作成した Maven リポジトリーにすべてのアーティファクトをアップロードします。アーティファクトをアップロードするには、Maven Repository Provisioner ユーティリティーを使用できます。
  3. Business Central 外でサービスを開発し、追加の依存関係がある場合は、ミラーリポジトリーにその依存関係を追加します。サービスを Maven プロジェクトとして開発した場合は、以下の手順を使用し、これらの依存関係を自動的に用意します。公開インターネットへに送信接続できるコンピューターで、この手順を実行します。

    1. ローカルの Maven キャッシュディレクトリー (~/.m2/repository) のバックアップを作成して、ディレクトリーを削除します。
    2. mvn clean install コマンドを使用してプロジェクトのソースをビルドします。
    3. すべてのプロジェクトで以下のコマンドを入力し、Maven を使用してプロジェクトで生成したすべてのアーティファクトのランタイムの依存関係をすべてダウンロードするようにします。

      mvn -e -DskipTests dependency:go-offline -f /path/to/project/pom.xml --batch-mode -Djava.net.preferIPv4Stack=true

      /path/to/project/pom.xml は、プロジェクトの pom.xml ファイルへの正しいパスに置き換えます。

    4. ローカルの Maven キャッシュディレクトリー (~/.m2/repository) から作成した Maven ミラーリポジトリーにすべてのアーティファクトをアップロードします。アーティファクトをアップロードするには、Maven Repository Provisioner ユーティリティーを使用できます。