第2章 OpenShift 環境に Red Hat Process Automation Manager をデプロイする準備

OpenShift 環境に Red Hat Process Automation Manager をデプロイする前に、タスクをいくつか完了する必要があります。追加イメージ (たとえば、プロセスの新しいバージョン、または別のプロセス) をデプロイする場合は、このタスクを繰り返す必要はありません。

2.1. Red Hat レジストリーに対してお使いの環境が認証されていることを確認する方法

Red Hat OpenShift Container Platform の Red Hat Process Automation Manager コンポーネントをデプロイするには、OpenShift が Red Hat レジストリーから適切なイメージをダウンロードできることを確認します。

OpenShift は、お使いのサービスアカウントのユーザー名とパスワードを使用して Red Hat レジストリーへの認証が行われるように設定する必要があります。この設定は namespace ごとに固有であり、Operator が機能している場合には、openshift namespace に対する設定がすでに完了しています。

ただし、Red Hat Process Automation Manager のイメージストリームが openshift namespace にない場合や、Red Hat Process Automation Manager を新規バージョンに自動更新するように設定されている場合には、Operator はこのプロジェクトの namespace にイメージをダウンロードする必要があります。対象の namespace の認証設定を完了する必要があります。

手順

  1. oc コマンドで OpenShift にログインして、プロジェクトがアクティブであることを確認します。
  2. 「Registry Service Accounts for Shared Environments」で説明されている手順を実行します。Red Hat カスタマーポータルにログインして、このドキュメントにアクセスし、レジストリーサービスアカウントを作成する手順を実行します。
  3. OpenShift Secret タブを選択し、Download secret のリンクをクリックして、YAML シークレットファイルをダウンロードします。
  4. ダウンロードしたファイルを確認して、name: エントリーに記載の名前をメモします。
  5. 以下のコマンドを実行します。

    oc create -f <file_name>.yaml
    oc secrets link default <secret_name> --for=pull
    oc secrets link builder <secret_name> --for=pull

    <file_name> はダウンロードしたファイルに、<secret_name> はファイルの name: のエントリーに記載されている名前に置き換えてください。