Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

IBM WebSphere Application Server への Process Server のインストールおよび設定

Red Hat Process Automation Manager 7.6

Red Hat Customer Content Services

概要

本書は、Process Server 用に IBM WebSphere Application Server を設定する方法と、IBM サーバーインスタンスに Process Server をインストールする方法を説明します。

前書き

システム管理者は、Red Hat Process Server に IBM WebSphere Application Server を設定し、IBM サーバーインスタンスに Process Server をインストールできます。

前提条件

  • IBM WebSphere Application Server インスタンスのバージョン 9.0 以降がインストールされている。詳細なインストール手順は「IBM WebSphere Application Server 製品ページ」を参照してください。
  • WebSphere 統合ソリューションコンソール (通常は http://<HOST>:9060/ibm/console) へのアクセスがある。

第1章 Process Server

Process Server は、Red Hat Process Automation Manager のルールおよびその他のアーティファクトの保存先および、実行先のサーバーです。Process Server はスタンドアロンで組み込みのコンポーネントで、REST、Java Message Service (JMS)、または Java クライアントサイドアプリケーションで利用可能なインターフェースを介してルールをインスタンス化して実行し、ソルバーを介してプロセス、ジョブ、および Red Hat Business Optimizer 機能を管理できます。

Web でデプロイ可能な WAR ファイルとして作成することで、Process Server は Web コンテナーであればどこにでもデプロイできます。Process Server の現在のバージョンには、Red Hat Decision Manager および Red Hat Process Automation Manager の両方に対するデフォルトの拡張機能が含まれます。

Process Server はメモリー消費が最小限でフットプリントが小さいため、クラウドインスタンスに簡単にデプロイできます。このサーバーの各インスタンスでは、複数のコンテナーを開いてインスタンスを作成できるため、並行して複数のルールサービスを実行できます。

Process Server は、Oracle WebLogic Server、IBM WebSphere Application Server などのアプリケーションサーバーと統合して、Red Hat Process Automation Manager のアプリケーション管理を合理化できます。

第2章 IBM WebSphere Application Server

IBM WebSphere Application Server は、Java ベースの Web アプリケーションをホストし、Java EE 認定ランタイム環境を提供する、柔軟性が高くかつ安全な Web アプリケーションです。IBM WebSphere 9.0 は Java SE 8 に対応しており、Java EE 7 に完全に準拠しています。

第3章 IBM WebSphere Application Server のインストールおよび実行

Process Server に対応する多くの設定を適用するために、IBM WebSphere Application Server をインストールして実行する必要があります。本セクションは、IBM WebSphere をインストールして起動する方法を説明します。

インストールに関する最新の詳細説明は IBM Knowledge Center を参照してください。

手順

  1. IBM Installation Manager バージョン 1.8.5 以降を「IBM Installation Manager and Packaging Utility download links」ページからダウンロードします。IBM WebSphere のインストールには IBM Installation Manager が必要です。
  2. ダウンロードしたアーカイブを展開し、作成されたディレクトリーで、root 権限で以下のコマンドを実行します。

    sudo ./install

    IBM Installation Manager が開きます。

  3. FilePreferences の順に移動して、Add Repository をクリックします。
  4. Add Repository ウィンドウに、IBM WebSphere 9.0 のリポジトリー URL を入力します。すべてのリポジトリー URL は、IBM Knowledge Center の 「Online product repositories for IBM WebSphere Application Server offerings」 ページで確認できます。
  5. 端末で、インストール時に指定した IBM WebSphere Application Server ディレクトリーの場所に移動します。
  6. /bin ディレクトリーに変更し、以下の例のようなコマンドを実行して、IBM WebSphere のプロファイル、ユーザー名、およびパスワードを作成します。プロファイルは、ランタイム環境を定義します。プロファイルには、ランタイム環境でサーバーが処理し、変更できるファイルがすべて含まれます。このユーザーはログインに必要になります。

    sudo ./manageprofiles.sh -create -profileName testprofile -profilePath /profiles/testprofile  -adminUserName websphere -adminPassword password123
  7. 端末で、作成したプロファイルの bin ディレクトリー (例: /profiles/testprofile/bin) に移動し、以下のコマンドを実行して IBM WebSphere Application Server インスタンスを起動します。

    sudo ./startServer.sh <SERVER_NAME>

    <SERVER_NAME> は、WebSphere 統合ソリューションコンソールの ServersServer TypesIBM WebSphere Application Servers で定義した IBM WebSphere Application Server の名前です。

  8. Web ブラウザーで、以下の URL を開きます。

    http://<HOST>:9060/ibm/console

    <HOST> は、ターゲットサーバーの名前または IP アドレスです。

    たとえば、システムで起動している IBM WebSphere のローカルインスタンスに対して WebSphere 統合ソリューションコンソールを起動する場合は、以下の URL を Web ブラウザーに入力します。

    http://localhost:9060/ibm/console
  9. WebSphere 統合ソリューションコンソールのログインページが表示されたら、管理者の認証情報を入力します。

第4章 Process Server への IBM WebSphere Application Server の設定

IBM WebSphere Application Server に Process Server をデプロイする前に、システムプロパティー、セキュリティー設定、JMS 要件、その他の IBM WebSphere プロパティーを設定する必要があります。この設定により、Process Server との最適な統合が促進されます。

前提条件

  • IBM WebSphere Application Server をインストールして実行している。
  • WebSphere 統合ソリューションコンソールにログインしている。

4.1. 管理セキュリティーの有効化

WebSphere 統合ソリューションコンソールで管理セキュリティーを有効にして、ユーザーおよびグループを作成するのに必要な権限を取得します。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、SecurityGlobal Security の順にクリックし、Enable Application Security オプションが選択されていることを確認します。選択していても、サーバーレベルで上書きされている可能性があります。
  2. Security Configuration Wizard をクリックし、Next をクリックします。
  3. ユーザー情報を含むリポジトリーを選択します。たとえば、ローカル設定で Federated repositories を選択します。
  4. Next をクリックします。
  5. Primary administrative user name および Password を入力します。
  6. Next をクリックし、Finish をクリックします。
  7. Messages ウィンドウで Save をクリックして、マスター設定への変更を保存します。

    図4.1 セキュリティー変更の保存

    Save security changes
  8. 端末で、インストール時に指定した IBM WebSphere Application Server の /bin ディレクトリーの場所に移動し、以下のコマンドを実行して IBM WebSphere を停止して再起動し、セキュリティーの変更を適用します。

    sudo ./stopServer.sh <SERVER_NAME>
    sudo ./startServer.sh <SERVER_NAME>

    <SERVER_NAME> は、WebSphere 統合ソリューションコンソールの ServersServer TypesIBM WebSphere Application Servers で定義した IBM WebSphere Application Server の名前です。

4.2. IBM WebSphere Application Server への JDBC データソースの設定

データソースは、アプリケーションサーバーなど、Java Database Connectivity (JDBC) クライアントを有効にするオブジェクトで、データベースへの接続を確立します。アプリケーションは、JNDI (Java Naming and Directory Interface) ツリーまたはローカルのアプリケーションコンテキストでデータソースを検索し、データ接続を要求してデータを取得します。IBM WebSphere Application Server にデータソースを設定して、サーバーと、指定したデータベースとの間で適切なデータ交換を行う必要があります。

前提条件

  • データベース接続を作成するのに使用する JDBC プロバイダーが、データソースをデプロイするすべてのサーバーに設定されている。JDBC プロバイダーの詳細は、IBM Knowledge Center の 「Configuring a JDBC provider」 を参照してください。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページに移動し (ログインが必要)、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

    • 製品: Process Automation Manager
    • バージョン: 7.6
  2. Red Hat Process Automation Manager 7.6.x Add-Ons をダウンロードします。x は現在のパッチバージョンです。
  3. 以下の手順を実行して、データベースを準備します。

    1. TEMP_DIR などの一時ディレクトリーに rhpam-7.6.0-add-ons.zip を展開します。
    2. TEMP_DIR/rhpam-7.6-migration-tool.zip を展開します。
    3. 現在のディレクトリーから、TEMP_DIR/rhpam-7.6-migration-tool/ddl-scripts ディレクトリーへ移動します。このディレクトリーには、複数のデータベースタイプの DDL スクリプトが含まれています。
    4. 使用するデータベースに、お使いのデータベースタイプの DDL スクリプトをインポートします。以下に例を示します。

      psql jbpm < /ddl-scripts/postgresql/postgresql-jbpm-schema.sql
  4. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ResourcesJDBCData sources の順に移動します。
  5. データソースを使用するアプリケーションでスコープを選択します。セル、ノード、クラスター、またはサーバーを選択できます。
  6. New をクリックし、Create a data source ウィザードを開きます。
  7. Data source name フィールドに一意の名前を入力し、JNDI name フィールドに JNDI (Java Naming and Directory Interface) 名を入力します。アプリケーションサーバーは JNDI 名を使用して、アプリケーションのリソース参照をこのデータソースにバインドします。

    複数のリソースタイプ (データソース、J2C 接続ファクトリー/JMS 接続ファクトリー) に割り当てる JNDI 名を重複させないでください。

    同じスコープに、同じタイプの複数のリソースに割り当てる JNDI 名を重複させないでください。

  8. プロバイダーを作成している場合は、Next をクリックして Select an existing JDBC provider を選択します。作成していない場合は Create new JDBC provider をクリックして、新しいプロバイダーの詳細を定義します。(JDBC プロバイダーは、データソースを追加するための前提条件であるため、事前に作成しておくことが推奨されます。)
  9. CMP (container managed persistence) のエンタープライズ Bean がこのデータソースにアクセスする必要がある場合は、Enter database specific properties for the data source パネルで Use this data source in container managed persistence (CMP) をクリックします。 これにより、その他のデータベース関連のプロパティーが書き込まれます。
  10. オプションで、データソースのセキュリティーエイリアスを設定します。すべての認証メソッドで None を選択するか、以下のいずれを選択できます。

    • Component-managed authentication alias: コンポーネントリソース参照の res-auth 値が Application の場合に使用する認証エイリアスを指定します。新しいエイリアスを定義するには、Related Items → J2EE Connector Architecture (J2C) authentication data entries に移動します。コンポーネント管理エイリアスは、データソース認証に対してアプリケーションに指定した ID およびパスワードの組み合わせとなります。したがって、データソースに設定したエイリアスは、アプリケーションコードのエイリアスと同一にする必要があります。
    • Mapping-configuration alias: コンポーネントリソース参照にログイン設定がない場合にのみ利用します。res-auth 値を Container に設定した場合は、ログイン設定およびコンポーネントリソース参照の関連プロパティーを指定することが、認証ストラテジーを定義するのに推奨される方法です。DefaultPrincipalMapping ログイン設定を指定する場合の関連プロパティーは JAAS - J2C 認証データエントリーエイリアスです。
    • Container-managed authentication alias: コンポーネントリソース参照にログイン設定がない場合にのみ利用します。res-auth 値を Container に設定する場合は、ログイン設定と、コンポーネントリソース参照の関連プロパティーを指定することで、コンテナー管理認証ストラテジーが判断されます。
  11. Next をクリックしてデータソースの情報を確認し、Finish をクリックして設定を保存してウィザードを終了します。

    Data sources パネルには、新しい設定と、同じスコープに設定したその他のデータソースがテーブルに表示されます。

IBM WebSphere Application Server データソースの詳細は、IBM Knowledge Center の「Configuring a JDBC provider and data source」を参照してください。

4.3. Java Message Service (JMS) の設定

Java Message Service (JMS) は、Process Server が、Oracle WebLogic Server、IBM WebSphere Application Server などのアプリケーションサーバーとメッセージを交換するのに使用する Java API です。Process Server を経由して JMS メッセージを送受信するようにアプリケーションサーバーを設定し、2 台のサーバー間でコラボレーションが適切に行われるようにします。

4.3.1. サービスバスを作成し、IBM WebSphere を追加します。

JMS を使用するためには、サービスバスを作成し、IBM WebSphere Application Server をそのメンバーとして追加します。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、Service IntegrationBusesNew の順に移動します。
  2. 新しいバス名を入力し、Bus Security オプションの選択を解除します。
  3. Next をクリックしてから Finish をクリックし、サービスバスを作成します。
  4. 作成しておいたサービスバスを選択します。
  5. TopologyBus MembersAdd をクリックします。
  6. Add a New Bus Member ウィザードを使用し、IBM WebSphere Application Server と、永続性に関するメッセージストアのタイプを選択します。メッセージストアのプロパティーを指定することもできます。
  7. Finish をクリックし、バスメンバーを追加します。

4.3.2. JMS 接続ファクトリーの作成

Process Server でメッセージングを有効にするには、メッセージの送受信に JMS 接続ファクトリーをいくつか作成する必要があります。

前提条件

  • IBM WebSphere Application Server にサービスバスを作成している。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ResourcesJMSConnection Factories の順に移動します。
  2. 正しいスコープを選択し、New をクリックします。
  3. Default Messaging Provider オプションを選択し、OK をクリックします。
  4. 以下に示す必須の接続ファクトリーに、接続ファクトリーの名前 (例: KIE.SERVER.REQUEST) および JNDI 名 (例: jms/cf/KIE.SERVER.REQUEST) を入力して、Bus Name ドロップダウンリストからサービスバス名を選択します。残りのオプションはデフォルト値のままにします。
  5. Apply および Save をクリックして master 設定への変更を保存し、必要な各ファクトリーに上述の手順を繰り返します。

4.3.2.1. Process Server の JMS 接続ファクトリー

以下は、Process Server で JMS メッセージングを有効にするのに必要な Java Message Service (JMS) 接続ファクトリーになります。

表4.1 Process Server に必要な JMS 接続ファクトリー

名前デフォルト値用途

KIE.SERVER.REQUEST

jms/cf/KIE.SERVER.REQUEST

全要求を Process Server へ送信

KIE.SERVER.RESPONSE

jms/cf/KIE.SERVER.RESPONSE

Process Server が生成する応答をすべて受信

KIE.SERVER.EXECUTOR

jms/cf/KIE.SERVER.EXECUTOR

Process Server エグゼキューターサービス

4.3.3. JMS キューの作成

JMS キューは、ポイントツーポイントメッセージング (point-to-point messaging) の宛先エンドポイントになります。Process Server で JMS メッセージングを有効にするには JMS キューをいくつか作成する必要があります。

前提条件

  • IBM WebSphere Application Server にサービスバスを作成している。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ResourcesJMSQueues の順に移動します。
  2. 正しいスコープを選択し、New をクリックします。
  3. Default Messaging Provider オプションを選択し、OK をクリックします。
  4. 以下に示す必須のキューに、キューの名前 (例: KIE.SERVER.REQUEST) および JNDI 名 (例: jms/KIE.SERVER.REQUEST) を入力して、Bus Name ドロップダウンリストからサービスバスを選択します。
  5. Queue Name ドロップダウンリストで Create Service Integration Bus Destination を選択して一意の識別子を入力し、事前に作成したバスメンバーを選択します。
  6. Apply および Save をクリックして master 設定への変更を保存し、必要な各キューに上述の手順を繰り返します。

4.3.3.1. Process Server の JMS キュー

以下は、Process Server で JMS メッセージングを有効にするのに必要な Java Message Service (JMS) キューになります。

表4.2 Process Server に必要な JMS キュー

名前デフォルト値用途

KIE.SERVER.REQUEST

jms/KIE.SERVER.REQUEST

全要求を Process Server へ送信

KIE.SERVER.RESPONSE

jms/KIE.SERVER.RESPONSE

Process Server が生成する応答をすべて受信

KIE.SERVER.EXECUTOR

jms/KIE.SERVER.EXECUTOR

Process Server エグゼキューターサービス

4.3.4. JMS アクティベーション仕様の作成

キューと、JMS を有効にするメッセージ駆動型 Bean との間にブリッジを行うには、JMS アクティベーション仕様が必要です。

前提条件

  • IBM WebSphere Application Server にサービスバスを作成している。
  • JMS キューを作成している。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ResourcesJMSActivation Specifications の順に移動します。
  2. 正しいスコープを選択し、New をクリックします。
  3. Default Messaging Provider オプションを選択し、OK をクリックします。
  4. 以下に示す必須のアクティベーション仕様に、アクティベーション仕様名 (例: KIE.SERVER.REQUEST) および JNDI 名 (例: jms/activation/KIE.SERVER.REQUEST) を入力して、Bus Name ドロップダウンリストからサービスバス名を選択します。
  5. Destination Type ドロップダウンリストで Queue を選択し、Destination lookup に対応するキューの名前 (例: jms/KIE.SERVER.REQUEST) を入力します。
  6. Apply および Save をクリックして master 設定への変更を保存し、必要な各アクティベーション仕様に上述の手順を繰り返します。

4.3.4.1. Process Server の JMS アクティベーション仕様

以下は、Process Server で JMS メッセージングを有効にするのに必要な Java Message Service (JMS) アクティベーション仕様になります。

表4.3 Process Server に必要な JMS アクティベーション仕様

名前デフォルト値用途

KIE.SERVER.REQUEST

jms/activation/KIE.SERVER.REQUEST

全要求を Process Server へ送信

KIE.SERVER.RESPONSE

jms/activation/KIE.SERVER.RESPONSE

Process Server が生成する応答をすべて受信

KIE.SERVER.EXECUTOR

jms/activation/KIE.SERVER.EXECUTOR

Process Server エグゼキューターサービス

4.4. IBM WebSphere Application Server へのシステムプロパティーの設定

Process Server にデプロイする前に、IBM WebSphere Application Server に、本セクションに記載するシステムプロパティーを設定します。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ServersServer TypesIBM WebSphere Application Servers の順にクリックします。
  2. アプリケーションサーバーの一覧で、Process Server をデプロイするサーバーを選択します。
  3. Server InfrastructureJava and Process ManagementProcess Definition をクリックします。

    図4.2 WebSphere 設定ページ

    WebSphere configuration page
  4. Additional PropertiesJava Virtual Machine をクリックします。

    図4.3 プロセスの定義設定ページ

    process definition2

    これにより、IBM WebSphere を起動するのに使用する JVM の設定プロパティーが開きます。

  5. Initial heap size および Maximum heap size の両方を 2048 に設定し、Apply をクリックして Java Virtual Machine (JVM) メモリーサイズを増やします。Process Server はこの値でテストされています。JVM メモリーサイズを増やさないと、Process Server のデプロイ時に IBM WebSphere Application Server がフリーズするかエラーが発生します。
  6. Additional PropertiesCustom Properties をクリックします。
  7. NewCustom JVM Properties の順にクリックし、以下のプロパティーを IBM WebSphere に追加します。

    表4.4 Process Server のシステムプロパティー

    名前説明

    kie.server.jms.queues.response

    jms/KIE.SERVER.RESPONSE

    Process Server が使用する応答用の JMS キューの JNDI 名。

    org.kie.server.domain

    WSLogin

    JMS の使用時にユーザーの認証に使用される JAAS LoginContext ドメイン。

    org.kie.server.persistence.ds

    jdbc/jbpm

    Process Server のデータソースの JNDI 名。

    org.kie.server.persistence.tm

    org.hibernate.engine.transaction.jta.platform.internal.WebSphereJtaPlatform

    Hibernate プロパティーを設定するためのトランザクションマネージャープラットフォーム。

    org.kie.server.persistence.dialect

    例: org.hibernate.dialect.H2Dialect

    使用する Hibernate 方言を指定します。データソースに従って設定します。

    org.kie.executor.jms.queue

    jms/KIE.SERVER.EXECUTOR

    Process Server へのジョブエグゼキューターの JMS キュー。

    org.kie.executor.jms.cf

    jms/cf/KIE.SERVER.EXECUTOR

    Process Serve へのジョブエグゼキューターの JMS 接続ファクトリー。

    org.kie.server.router

    例: http://localhost:9000

    (オプション) クラスター化された Process Server 環境で、アプリケーションサーバーがその一部である 1 つ以上の Process Server ルーター (Smart Router) の URL を 1 つ以上指定します。

    org.jboss.logging.provider

    jdk

    このプロパティーは、CA SiteMinder TAI (SMTAI) が環境にインストールされている場合にのみ必要になります。このプロパティーを使用すると、Dashbuilder でログを記録するために、Hibernate が log4j ではなく、JDK を強制的に使用しようとします。CA SiteMinder TAI (SMTAI) には古いバージョンの log4j が含まれており、これにより競合が生じます。

  8. Save をクリックして、マスター設定への変更を保存します。

4.5. IBM WebSphere Application Server の停止および再起動

IBM WebSphere Application Server に必要なシステムプロパティーをすべて設定したあと、IBM サーバーを停止および再起動して、設定が適用されていることを確認します。

手順

端末で、インストール時に指定した IBM WebSphere Application Server の /bin ディレクトリーの場所に移動し、以下のコマンドを実行して IBM WebSphere を停止して再起動し、設定変更を適用します。

sudo ./stopServer.sh <SERVER_NAME>
sudo ./startServer.sh <SERVER_NAME>

<SERVER_NAME> は、WebSphere 統合ソリューションコンソールの ServersServer TypesIBM WebSphere Application Servers で定義した IBM WebSphere Application Server の名前です。

第5章 IBM WebSphere Application Server への Process Server のインストールおよび実行

IBM WebSphere Application Server に必要なシステムプロパティーをすべて設定したら、IBM WebSphere に Process Server をインストールして、Red Hat Process Automation Manager アプリケーション管理を合理化します。

前提条件

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページに移動し (ログインが必要)、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

    • 製品: Process Automation Manager
    • バージョン: 7.6
  2. Red Hat Process Automation Manager 7.6.0 Process Server for All Supported EE7 Containers をダウンロードします。
  3. rhpam-7.6.0-kie-server-ee7.zip アーカイブを一時ディレクトリーに展開します。以下の例では、このディレクトリーを TEMP_DIR とします。
  4. kie-server.war ディレクトリーを再パッケージ化します。

    1. TEMP_DIR/rhpam-7.6.0-kie-server-ee7/kie-server.war ディレクトリーに移動します。
    2. TEMP_DIR/rhpam-7.6.0-kie-server-ee7/kie-server.war ディレクトリーのコンテンツを選択し、kie-server.zip ファイルを作成します。
    3. kie-server.zip の名前を kie-server.war に変更します。これは、Process Server をデプロイするのに使用するファイルです。
    4. オプションで、新しい kie-server.war ファイルを、デプロイしやすい便利な場所にコピーします。
  5. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ApplicationsApplication TypesWebSphere Enterprise Applications の順に移動します。
  6. Install をクリックします。
  7. 再パッケージ化した kie-server.war ファイルに移動して選択し、アップロードします。
  8. Fast Path を選択し、Next をクリックします。

    Install New Application ウィザードが開きます。

  9. Application Namekie-server に変更し、Next をクリックします。
  10. 要件に合わせて Process Server モジュールをサーバーにマッピングし、Next をクリックします。
  11. Bind Listeners for Message-Driven Beans の場合は 、両 Bean に Activation Specification を選択し、Target Resource JNDI Name フィールドに jms/activation/KIE.SERVER.REQUEST を入力し、KIE.SERVER.REQUEST 接続ファクトリーの jms/cf/KIE.SERVER.REQUEST JNDI 名を入力します。
  12. Map Virtual Hosts for Web Modules セクションでは、デフォルト値をそのままにして、Next をクリックします。
  13. コンテキストのルートを kie-server に設定します。
  14. Metadata for Modules セクションで、デフォルト値をそのままにして Next をクリックします。
  15. Finish をクリックして Process Server をインストールし、Save をクリックして master 設定に変更を保存します。

5.1. Process Server グループおよびロールの作成

Process Server をインストールしたら、kie-server グループと、ユーザーを作成します。

前提条件

  • Process Server が IBM WebSphere Application Server インスタンスにインストールされている。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、Users and GroupsManage Groups の順にクリックします。
  2. Manage Groups 画面で Create をクリックします。
  3. Create a Group 画面の Group name ボックスに kie-server と入力し、Create をクリックします。
  4. kie-server グループに追加するユーザーを作成するには、Users and GroupsManage Users の順にクリックします。
  5. Create a User セクションで、必要な情報を入力します。
  6. Group Membership をクリックします。
  7. Group Membership 画面で kie-server をクリックして Mapped To に移動し、Close をクリックします。
  8. Create a User 画面で Create をクリックします。

5.2. Process Server グループおよびロールのマッピング

Process Server をインストールしたら、WebSphere 統合ソリューションコンソールで kie-server ロールを kie-server グループにマッピングして、Process Server を実行します。

前提条件

  • Process Server が IBM WebSphere Application Server インスタンスにインストールされている。
  • IBM WebSphere Application Server には、1 人以上のユーザーが追加されている kie-server グループがある。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ApplicationsApplication TypesWebSphere Enterprise Applications に移動し、新たにインストールした kie-server アプリケーションを選択します。
  2. Detail PropertiesSecurity Role to User/Group Mapping をクリックします。
  3. kie-server ロールを選択し、Map Groups をクリックして、kie-server グループを検索します。
  4. kie-server グループを、Available 一覧から Selected 一覧に移動し、OK をクリックします。

    このマッピングにより、IBM WebSphere Application Server の kie-server グループのユーザーに、Process Server にアクセスが付与されます。

  5. Save をクリックしてマッピングを完了します。

5.3. Process Server のクラスローディングの設定

Process Server をインストールしたら、親クラスを最後にロードするように、クラスローディングを設定する必要があります。

手順

  1. ApplicationsApplication TypesWebSphere Enterprise Applications に移動し、kie-server をクリックします。
  2. 左側の Detail Properties の見出しにある Class Loading and Update Detection をクリックします。
  3. プロパティーで、Class Loader OrderClasses loaded with local class loader first (parent last) に、WAR Class Loader PolicySingle class loader for application に変更します。
  4. 変更をマスター設定に保存します。

5.4. インストールの検証

Process Server をインストールして Process Server グループマッピングを定義したら、サーバーが実行していることを確認します。

前提条件

  • Process Server が IBM WebSphere Application Server インスタンスにインストールされている。
  • ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーに必要なシステムプロパティーをすべて設定している。
  • IBM WebSphere Application Server に Process Server グループマッピングを定義している。

手順

Process Server の URL (http://<HOST>:<PORT>/kie-server) に移動し、サーバーが実行していることを確認するか、GET 要求を http://<HOST>:<PORT>/kie-server/services/rest/server に送信して、Process Server REST API が応答するかどうかを確認します。

<HOST> は、Process Server ホストの ID または名前です (例: localhost または 192.7.8.9)。

<PORT> は Process Server ホストのポートです (例: 9060)。

Process Server が実行していない場合は、IBM WebSphere Application Server インスタンスを停止して再起動して、Process Server の URL または API にアクセスしてみてください。

第6章 IBM WebSphere Application Server へのヘッドレス Process Automation Manager コントローラーのインストールおよび実行

Process Server REST API または Java Client API を使用して Process Server に接続するには、IBM WebSphere Application Server にヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストールします。ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーは、一元化された方法で Process Server 設定を管理するため、このコントローラーを使用してコンテナーの作成および維持を行い、サーバーレベルのタスクを実行できます。

注記

実稼働環境で最適な結果を得るには、Process Server とヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを別のサーバーにインストールします。開発環境の場合は、Process Server とヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを同じサーバーにインストールできます。

前提条件

  • 4章Process Server への IBM WebSphere Application Server の設定」の説明通りに IBM WebSphere Application Server インスタンスを設定している。
  • Process Server が IBM WebSphere Application Server インスタンスにインストールされている。
  • インストールを完了するのに必要なユーザーパーミッションがある。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページに移動し (ログインが必要)、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

    • 製品: Process Automation Manager
    • バージョン: 7.6
  2. Red Hat Process Automation Manager 7.6.0 Add-Ons をダウンロードします。
  3. ダウンロードした rhpam-7.6.0-add-ons.zip ファイルを一時ディレクトリーに展開します。
  4. rhpam-7.6.0-add-ons.zip ファイルを一時ディレクトリーに展開します。以下の例では、このディレクトリーを TEMP_DIR とします。
  5. rhpam-7.6.0-add-ons/rhpam-7.6-controller-ee7.zip ファイルを展開します。
  6. controller.war ディレクトリーを再パッケージ化します。

    1. TEMP_DIR/rhpam-7.6.0-add-ons/rhpam-7.6-controller-ee7/controller.war ディレクトリーに移動します。
    2. TEMP_DIR/rhpam-7.6.0-add-ons/rhpam-7.6-controller-ee7/controller.war ディレクトリーの内容を選択して、controller.zip ファイルを作成します。
    3. controller.zip の名前を controller.war に変更します。これは、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをデプロイするのに使用するファイルです。
    4. オプションで、新しい controller.war ファイルを、デプロイしやすい場所にコピーします。
  7. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、ApplicationsApplication TypesWebSphere Enterprise Applications の順に移動します。
  8. Install をクリックします。
  9. 再パッケージ化した controller.war ファイルに移動し、選択してアップロードします。
  10. Fast Path を選択し、Next をクリックします。

    Install New Application ウィザードが開きます。

  11. Application Namecontroller に変更し、Next をクリックします。
  12. 要件に合わせて ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーモジュールをサーバーにマッピングし、Next をクリックします。
  13. Bind Listeners for Message-Driven Beans の場合は 、両 Bean に Activation Specification を選択し、Target Resource JNDI Name フィールドに jms/activation/KIE.SERVER.REQUEST を入力し、KIE.SERVER.REQUEST 接続ファクトリーの jms/cf/KIE.SERVER.REQUEST JNDI 名を入力します。
  14. Map Virtual Hosts for Web Modules セクションでは、デフォルト値をそのままにして、Next をクリックします。
  15. コンテキストルートを controller に設定します。
  16. Metadata for Modules セクションで、デフォルト値をそのままにして Next をクリックします。
  17. Finish をクリックしてヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストールし、Save をクリックして master 設定への変更を保存します。

6.1. ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーへのクラスローディングの設定

ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストールしたら、親クラスを最後にロードするように、Process Server クラスローディングを設定する必要があります。

手順

  1. ApplicationsApplication TypesWebSphere Enterprise Applications に移動し、kie-server をクリックします。
  2. 左側の Detail Properties の見出しにある Class Loading and Update Detection をクリックします。
  3. プロパティーで、Class Loader OrderClasses loaded with local class loader first (parent last) に、WAR Class Loader PolicySingle class loader for application に変更します。
  4. 変更をマスター設定に保存します。

6.2. ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーのシステムプロパティーの設定

ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストールしたら、本セクションで紹介するシステムプロパティーをアプリケーションサーバーに設定して、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーとの適切な接続を有効にします。

注記

実稼働環境で最適な結果を得るには、Process Server とヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを別のサーバーにインストールします。開発環境の場合は、Process Server とヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを同じサーバーにインストールします。いずれの場合も、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがインストールされているすべてのアプリケーションサーバーでこのプロパティーを変更します。

前提条件

  • Process Server およびヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがアプリケーションサーバーインスタンスにインストールされている。

手順

  1. ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがインストールされているアプリケーションサーバーインスタンスに、以下の JVM プロパティー値を指定します。

    表6.1 ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーに必要なプロパティー

    名前要件

    org.kie.server.user

    kie-server ロールが割り当てられているユーザー

    org.kie.server.pwd

    org.kie.server.user プロパティーに指定したユーザーのパスワード

  2. Process Server がインストールされているアプリケーションサーバーインスタンスに、以下の JVM プロパティー値を指定します。

    表6.2 ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがインストールされている場合に Process Server に必要なプロパティー

    名前要件

    org.kie.server.controller.user

    kie-server ロールが割り当てられているユーザー

    org.kie.server.controller.pwd

    org.kie.server.controller.user プロパティーに指定したユーザーのパスワード

    org.kie.server.id

    Process Server インストールの ID または名前 (rhdm700-decision-server-1 など)

    org.kie.server.location

    Process Server の URL (http://<HOST>:<PORT>/kie-server/services/rest/server)

    org.kie.server.controller

    ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーの URL (http://<HOST>:<PORT>/controller/rest/controller)

    <HOST> は、Process Server ホストの ID または名前です (例: localhost または 192.7.8.9)。

    <PORT> は Process Server ホストのポートです (例: 7001)。

6.3. ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーグループおよびロールのマッピング

ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストールしたら、WebSphere 統合ソリューションコンソールに kie-server グループを作成し、kie-server ロールを kie-server グループにマッピングします。

前提条件

  • ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーが IBM WebSphere Application Server インスタンスにインストールされている。

手順

  1. WebSphere 統合ソリューションコンソールで、「Process Server グループおよびロールの作成」の記載通りに、kie-server グループおよびそのユーザーを作成します。
  2. ApplicationsApplication TypesWebSphere Enterprise Applications に移動し、新たにインストールしたヘッドレス Process Automation Manager コントローラーを選択します。
  3. Detail PropertiesSecurity Role to User/Group Mapping をクリックします。
  4. kie-server ロールを選択し、Map Groups をクリックして、kie-server グループを検索します。
  5. kie-server グループを、Available 一覧から Selected 一覧に移動し、OK をクリックします。

    このマッピングにより、事前に作成した管理者ユーザーに Process Automation Manager へのアクセスが付与されます。

  6. Save をクリックしてマッピングを完了します。

6.4. インストールの検証

ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーをインストールし、必要なシステムプロパティーとロール要件をアプリケーションサーバーに定義したら、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーが正しく動作していることを確認します。

前提条件

  • Process Server およびヘッドレス Process Automation Manager コントローラーがアプリケーションサーバーインスタンスにインストールされている。
  • アプリケーションサーバーで、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーに必要なシステムプロパティーおよびロール要件をすべて設定している。

手順

端末で以下のコマンドを実行して、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーが動作していることを確認します。

curl -X GET "http://<HOST>:<PORT>/controller/rest/controller/management/servers" -H  "accept: application/xml" -u '<CONTROLLER>:<CONTROLLER_PWD>'

<HOST> は、Process Server ホストの ID または名前です (例: localhost または 192.7.8.9)。

<PORT> は Process Server ホストのポートです (例: 7001)。

<CONTROLLER> および <CONTROLLER_PWD> は、本セクションで作成したユーザーの認証情報です。

このコマンドにより、Process Server インスタンスに関する情報が返されます。

注記

あるいは、Process Server Java API Client を使用して、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーにアクセスすることもできます。

ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーが実行していない場合は、アプリケーションサーバーインスタンスを停止して再起動し、ヘッドレス Process Automation Manager コントローラーの URL または API へ再度アクセスしてみてください。

第7章 IBM WebSphere Application Server での埋め込みのプロセスエンジンとデシジョンエンジンの設定

埋め込みエンジンとは、デシジョンとビジネスプロセスを実行できるようにする軽量のワークフローおよびルールエンジンです。埋め込みエンジンは、Red Hat Process Automation Manager アプリケーションに含めるか、OpenShift、Kubernetes および Docker 経由でサービスとしてデプロイできます。また、API を使用して Red Hat Process Automation Manager アプリケーションにエンジンを埋め込むか、または contexts and dependency injection (CDI) サービスセットとして、埋め込むことができます。

Red Hat Process Automation Manager アプリケーションで埋め込みされたエンジンを使用する予定の場合には、Red Hat Business Automation 部品表 (BOM) ファイルをプロジェクトの pom.xml ファイルに追加して、プロジェクトに、Maven の依存関係を追加する必要があります。Red Hat Business Automation BOM は、Red Hat Decision Manager および Red Hat Process Automation Manager に適用されます。Red Hat Business Automation BOM に関する詳細は、「What is the mapping between Red Hat Process Automation Manager and the Maven library version?」を参照してください。

手順

  1. Red Hat Business Automation BOM を pom.xml ファイルで宣言します。

    <dependencyManagement>
     <dependencies>
      <dependency>
       <groupId>com.redhat.ba</groupId>
       <artifactId>ba-platform-bom</artifactId>
       <version>7.6.0.redhat-00002</version>
       <type>pom</type>
       <scope>import</scope>
      </dependency>
     </dependencies>
    </dependencyManagement>
    <dependencies>
    <!-- Your dependencies -->
    </dependencies>
  2. <dependencies> タグでお使いのプロジェクトに必要な依存関係を宣言します。製品の BOM をプロジェクトにインポートしたら、ユーザー向け製品依存関係のバージョンが定義されるため、<dependency> 要素のサブ要素 <version> を指定する必要はありません。ただし、<dependency> 要素を使用して、プロジェクトで使用する依存関係を宣言する必要があります。

    • 標準的な Red Hat Process Automation Manager プロジェクトでは、使用する機能に応じて、以下の依存関係を宣言します。

      埋め込みプロセスエンジン依存関係

      <!-- Public KIE API -->
      <dependency>
        <groupId>org.kie</groupId>
        <artifactId>kie-api</artifactId>
      </dependency>
      
      <!-- Core dependencies for process engine -->
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-flow</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
       <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-flow-builder</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-bpmn2</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-runtime-manager</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-persistence-jpa</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-query-jpa</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-audit</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-kie-services</artifactId>
      </dependency>
      
      <!-- Dependency needed for default WorkItemHandler implementations. -->
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-workitems-core</artifactId>
      </dependency>
      
      <!-- Logging dependency. You can use any logging framework compatible with slf4j. -->
      <dependency>
        <groupId>ch.qos.logback</groupId>
        <artifactId>logback-classic</artifactId>
        <version>${logback.version}</version>
      </dependency>

    • CDI を使用する Red Hat Process Automation Manager プロジェクトでは、通常、以下の依存関係を宣言します。

      CDI が有効化されたプロセスエンジンの依存関係

      <dependency>
        <groupId>org.kie</groupId>
        <artifactId>kie-api</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-kie-services</artifactId>
      </dependency>
      
      <dependency>
        <groupId>org.jbpm</groupId>
        <artifactId>jbpm-services-cdi</artifactId>
      </dependency>

      埋め込みデシジョンエンジン依存関係

      <dependency>
        <groupId>org.drools</groupId>
        <artifactId>drools-compiler</artifactId>
      </dependency>
      
      <!-- Dependency for persistence support. -->
      <dependency>
        <groupId>org.drools</groupId>
        <artifactId>drools-persistence-jpa</artifactId>
      </dependency>
      
      <!-- Dependencies for decision tables, templates, and scorecards.
      For other assets, declare org.drools:business-central-models-* dependencies. -->
      <dependency>
        <groupId>org.drools</groupId>
        <artifactId>drools-decisiontables</artifactId>
      </dependency>
      <dependency>
        <groupId>org.drools</groupId>
        <artifactId>drools-templates</artifactId>
      </dependency>
      <dependency>
        <groupId>org.drools</groupId>
        <artifactId>drools-scorecards</artifactId>
      </dependency>
      
      <!-- Dependency for loading KJARs from a Maven repository using KieScanner. -->
      <dependency>
        <groupId>org.kie</groupId>
        <artifactId>kie-ci</artifactId>
      </dependency>

    • Process Server を使用するには、以下の依存関係を宣言します。

      クライアントアプリケーションの Process Server 依存関係

      <dependency>
        <groupId>org.kie.server</groupId>
        <artifactId>kie-server-client</artifactId>
      </dependency>

    • Red Hat Process Automation Manager にリモートクライアントを作成するには、以下の依存関係を宣言します。

      クライアントの依存関係

      <dependency>
        <groupId>org.uberfire</groupId>
        <artifactId>uberfire-rest-client</artifactId>
      </dependency>

    • ルール、プロセス定義など、アセットを含む JAR ファイルを作成する場合は、お使いの Maven プロジェクトのパッケージングの種類を kjar とし、org.kie:kie-maven-plugin を使用して、<project> 要素に置かれた kjar パッケージングタイプを処理します。以下の例の ${kie.version} は、「What is the mapping between Red Hat Process Automation Manager and the Maven library version?」に記載されている Maven ライブラリーのバージョンです。

      <packaging>kjar</packaging>
      <build>
       <plugins>
        <plugin>
         <groupId>org.kie</groupId>
         <artifactId>kie-maven-plugin</artifactId>
         <version>${kie.version}</version>
         <extensions>true</extensions>
        </plugin>
       </plugins>
      </build>
  3. プロジェクトで永続サポートのあるプロセスエンジンまたはデシジョンエンジンを使用する場合には、Red Hat Business Automation BOM ファイルから version.org.hibernate-4ee7 プロパティーをコピーして、pom.xml ファイルの dependencyManagement セクションに以下の Hibernate の依存関係を宣言する必要があります。

    Hibernate の依存関係

    <!-- hibernate dependencies -->
    <dependencyManagement>
      <dependencies>
        <dependency>
        <groupId>org.hibernate</groupId>
        <artifactId>hibernate-entitymanager</artifactId>
        <version>${version.org.hibernate-4ee7}</version>
        </dependency>
    
        <dependency>
        <groupId>org.hibernate</groupId>
        <artifactId>hibernate-core</artifactId>
        <version>${version.org.hibernate-4ee7}</version>
        </dependency>
      </dependencies>
    </dependencyManagement>

第8章 キーストアを使用したパスワードセキュリティーの確保

キーストアを使用して、Business Central と Process Server の間の通信に使用するパスワードを暗号化できます。コントローラーと Process Server の両方のパスワードを暗号化する必要があります。Business Central と Process Server を別のアプリケーションサーバーにデプロイする場合には、いずれのアプリケーションサーバーもキーストアを使用する必要があります。

Java Cryptography Extension KeyStore (JCEKS) は、対称鍵をサポートするので、キーストアには JCEKS を使用してください。

注記

Process Server が JCEKS で設定されていない場合には、Process Server のパスワードはシステムプロパティーにプレーンテキスト形式で保存されます。

前提条件

  • Process Server が IBM WebSphere Application Server にインストールされている。
  • 「Process Server グループおよびロールの作成」 の記載通りに、kie-server ロールを割り当てた Process Server ユーザーが作成されている。
  • Java 8 以降がインストールされている。

手順

  1. JCEKS キーストアを作成します。
  2. プロンプトが表示されたら、作成した Process Server ユーザーのパスワードを入力します。
  3. 以下の表に記載のシステムプロパティーを設定します。

    表8.1 Process Server JCEKS を読み込む時に使用するシステムプロパティー

    システムプロパティープレースホルダー説明

    kie.keystore.keyStoreURL

    <KEYSTORE_URL>

    使用する JCEKS の URL。例: file:///home/kie/keystores/keystore.jceks

    kie.keystore.keyStorePwd

    <KEYSTORE_PWD>

    JCEKS のパスワード

    kie.keystore.key.server.alias

    <KEY_SERVER_ALIAS>

    パスワードの保存先となる REST サービスのキーのエイリアス

    kie.keystore.key.server.pwd

    <KEY_SERVER_PWD>

    保存したパスワードを使用する REST サービスのエイリアスのパスワード

    kie.keystore.key.ctrl.alias

    <KEY_CONTROL_ALIAS>

    パスワードの保存先のデフォルトの REST Process Automation Controller のキーのエイリアス

    kie.keystore.key.ctrl.pwd

    <KEY_CONTROL_PWD>

    保存したパスワードを使用する、デフォルトの REST Process Automation Controller のエイリアスのパスワード

  4. Process Server を起動して、設定を検証します。

第9章 次のステップ

付録A バージョン情報

本書の最終更新日: 2019 年 10 月 31 日 (木)

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.