はじめに

システムエンジニアは、Red Hat OpenShift Container Platform に Red Hat Process Automation Manager 環境をデプロイしてプロセスや他のビジネスアセットを開発または実行するインフラストラクチャーを提供できます。Automation Broker を使用して、対話プロセスで Red Hat Process Automation Manager 環境をデプロイし、必要に応じて全パラメーターを設定します。Automation Broker 向けの Red Hat Process Automation Manager Ansible Playbook が提供されています。

前提条件

  • Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 3.11 がデプロイされている。
  • OpenShift 環境で 4 ギガバイト以上のメモリーが利用できる。
  • OpenShift Ansible Broker が OpenShift 環境にインストールされており、起動している。
  • デプロイメントに使用する OpenShift プロジェクトが作成されている。
  • OpenShift Web コンソールと oc コマンドを使用してプロジェクトにログインしている。

    • 管理者アクセスがある(OpenShift 環境に Red Hat Process Automation Manager 7.5 イメージストリームが提供されていない場合)。
  • 動的永続ボリューム (PV) のプロビジョニングが有効になっている。または、動的 PV プロビジョニングが有効でない場合は、十分な永続ボリュームが利用できる状態でなければなりません。デフォルトでは、以下のサイズが必要です。

    • それぞれのデプロイされた Process Server Pod のセットには、デフォルトでデータベースに 1 つの 1Gi PV が必要になります。データベース PV のサイズは Playbook パラメーターで変更できます。複数のイミュータブルサーバーをデプロイでき、それぞれには別個のデータベース PV が必要になります。この要件は、外部データベースサーバーを使用する場合には適用されません。
    • デフォルトでは、Business Central は 1 Gi 分の PV が必要です。Playbook パラメーターで、Business Central 永続ストレージの PV サイズを変更できます。
    • Business Central Monitoring には、1 つの 64Mi PV が必要です。
    • Smart Router には、1 つの 64Mi PV が必要です。
  • Business Central または Business Central Monitoring Pod のいずれかをスケーリングする予定がある場合は、OpenShift 環境では、ReadWriteMany モードで永続ボリュームがサポートされます。

    重要

    ReadWriteMany モードは、OpenShift Online および OpenShift Dedicated ではサポートされません。

注記

Red Hat Process Automation Manager バージョン 7.5 以降、Red Hat OpenShift Container Platform 3.x のサポートは非推奨となっています。新機能が追加されない可能性があり、この機能は今後のリリースで削除予定です。