第4章 Automation Broker を使用した Red Hat Process Automation Manager 環境のプロビジョニング解除

Automation Broker を使用して Red Hat Process Automation Manager 環境をデプロイした場合に、Broker を使用して環境のプロビジョニングを解除することもできます。

Procedure

  1. OpenShift Web UIで、プロジェクトの Overview ページを表示します。
  2. 削除する Red Hat Process Automation Manager 環境のサービスインスタンスの場所を特定します。
  3. インスタンスのメニューボタンをクリックして、Delete を選択します。Automation Broker でプロビジョニング解除の Playbook を実行します。