Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Process Automation Manager

第16章 リポジトリーフック

Business Central で、フックとして知られるスクリプトを使用し、特定のイベントが発生するたびに、リポジトリーが指定のアクションをトリガーするように設定できます。

16.1. Git フックの設定

Business Central は、Git フックを使用してリモートのリポジトリーに変更を自動的にプッシュすることができます。コミット後のフックを設定した後に、Decision Central は自動的にリモートリポジトリーに変更をプッシュします。

注記

現在、コミット後にフックのみがサポートされています。コミット後のフックは、コミットプロセスの完了後にトリガーされます。

前提条件

  • Red Hat Process Automation Manager プロジェクトが外部の Git リポジトリーに存在している。
  • 外部の Git リポジトリーへの読み取りアクセスに必要な認証情報が利用できる。

手順

  1. Business Central にログインします。
  2. MenuProjects を選択します。
  3. プロジェクトをインポートするスペースを選択または作成します。
  4. 画面の右側の dots をクリックして、Import Project を選択します。
  5. Import Project ウィンドウで、インポートするプロジェクトが含まれる git リポジトリーの URL (例: https://github.com/USERNAME/REPOSITORY_NAME.git) と認証情報を入力し、Import をクリックします。

    プロジェクトを Business Central の Git リポジトリーに追加して、作成したスペースまたはデフォルトのスペースで使用できるようにします。

    重要

    SCP スタイルの SSH URL の代わりに、HTTPS または Git プロトコルを使用します。Business Central は基本的な SSH URL をサポートしないため、この URL を使用する場合はエラーが発生します。

  6. ターミナルウィンドウで、作成したリポジトリーに移動します。

    cd JBOSS_HOME/bin/.niogit/REPOSITORY_NAME.git
  7. JBOSS_HOME/bin/.niogit/REPOSITORY_NAME.git/hooks ディレクトリーに post-commit ファイルを作成し、パーミッションを rwxr-​r- に設定し、以下の内容を追加します。

    #!/bin/sh
    git push origin master
  8. Business Central で新しいガイドルールを作成して、設定が正しいことを確認します。

    1. MenuProjectsAdd AssetGuided Rule を選択します。
    2. 表示された Create new Guided Rule ウィンドウで、必要な情報を入力します。
    3. OK をクリックします。

      Business Central は、リモートリポジトリーにすべての変更を自動的にプッシュします。

org.uberfire.nio.git.hooks システムプロパティーを指定することも可能です。このプロパティーの値として、デフォルトのフックファイルでディレクトリーを指定します。このディレクトリーは、新たに作成した Git リポジトリーにコピーします。この設定を使用する、以下の standalone.xml ファイル例を参照してください。

<system-properties>
  <property name="org.uberfire.nio.git.hooks" value="/opt/jboss-as/git-hooks">
  </property>
  ...
</system-properties>
関連情報