Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Process Automation Manager

第15章 GAV チェックの管理

Business Central では、Maven 命名規則または GAV (グループ ID、アーティファクト、バージョン) データを使用してプロジェクトを特定します。GAV の値は、プロジェクトとプロジェクトバージョンを区別し、特定のプロジェクトとの依存関係を識別します。

デフォルトでは、Business Central は GAV の重複を検出します。この機能は、admin ロールを持つユーザーにより無効にできます。

GAV チェックおよび子の GAV エディションの有効化

手順

  1. Business Central にログインします。
  2. MenuDesignProjects の順に選択します。
  3. プロジェクトをダブルクリックして開きます。
  4. Project Editor ウィンドウで、Settings タブをクリックします。
  5. General Settings タブから以下を選択します。

    1. Disable GAV conflict check を選択して、他のプロジェクトに同じ GAV を指定できるようにします。
    2. Allow child GAV edition を選択して、子プロジェクトに GAV エディションを設定できます。
  6. Save をクリックします。

    注記

    Reset をクリックして、すべての変更を元に戻します。

  7. Save をもう一度クリックして、変更を確定します。
注記

Business Central の起動時に、org.guvnor.project.gav.check.disabled システムプロパティーを true に設定して、重複した GAV の削除機能を無効できます。

$ ~/EAP_HOME/bin/standalone.sh -c standalone-full.xml
-Dorg.guvnor.project.gav.check.disabled=true