Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Process Automation Manager

16.3. git フック通知のカスタマイズ

Business Central には、フックの終了コードをもとにしたカスタマイズメッセージを使用して、git フック実行に関するフィードバックを受信できるメカニズムがあります。

手順

  1. 通知を有効にするには、standalone.xml ファイルで appformer.git.hooks.bundle システムプロパティーが、終了コードごとのカスタムメッセージを含む *.properties ファイルを参照するように設定します。

    以下に例を示します。

    <system-properties>
      <property name="appformer.git.hooks.bundle" value="/opt/jboss-as/git-hooks-messages/Messages.properties">
      </property>
      ...
    </system-properties>
  2. メッセージを表示するには、*.properties の各行は以下の形式を使用する必要があります。

    <exit_code>=<display_message>

    <exit_code> は、git フックの終了コードに、<display_message> はユーザーに表示するカスタムメッセージに置き換えます。

    この形式の終了コードメッセージは、以下の例のように表示されます。

    0=Success
    1=Display Message 1
    .
    .
    31=Display Message 31
注記

考えられる終了コードをすべて *.properties ファイルに定義する必要はありません。*.properties ファイルに定義されている終了コードに対する通知のみが表示されます。

16.3.1. git フック通知の国際化

appformer.git.hooks.bundle システムプロパティーに指定のディレクトリーに、別の *.properties ファイルを配置することで通知メッセージを国際化できます。ローカライズファイルの名前の形式は <filename>_<lang>.properties とします。これらのファイルには、元のファイルと同じエントリーを含める必要があります。

たとえば、システムプロパティーが Messages.properties を参照するように指定します。これで、英語は Messages_en.properties、フランス語は Messages_fr.properties、イタリア語は Messages_it.properties などのように、ローカライズしたメッセージの properties ファイルを作成できます。通知サービスは、ユーザー言語をもとに 1 つ選択します。対象の言語に翻訳されたものがない場合には、Messages.properties ファイルで指定した言語を使用します。

重要

通知サービスは、*.properties ファイルに設定されている ISO 8859-1 (LATIN 1) 文字のみサポートします。拡張文字を使用する場合には、Unicode コードを使用してエスケープします。