Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2.2. プロジェクトファクトおよびプランニングエンティティー

従業員勤務表の計画問題の各ドメインクラスは、以下のいずれかに分類されます。

  • 関連性のないクラス: どのスコア制約にも使用されません。計画に関して言えば、このデータは使用されません。
  • 問題ファクト クラス: スコア制約に使用されますが、 (問題が変わらない限り) 計画時には変化しません (例: ShiftEmployee)。問題ファクトクラスのプロパティーはすべて問題のプロパティーです。
  • プランニングエンティティークラス クラス: スコア制約に使用され、計画時に変化します (例: ShiftAssignment)。計画時に変更するプロパティーは プランニング変数 です。その他のプロパティーは問題プロパティーです。

    以下の点についてお考え下さい。

  • 計画時にどのクラスを変更しますか?
  • Solver で変更する変数はどのクラスにありますか?

    そのクラスが、プランニングエンティティーです。

    プランニングエンティティークラスは、@PlanningEntity アノテーションでアノテートする必要があります。または、ドメインデザイナーで Red Hat ビルドの OptaPlanner ドックを使用して Business Central に定義する必要があります。

    各プランニングエンティティークラスには、1 つ以上の プランニング変数 があり、1 つ以上の定義プロパティーが必要です。

    多くのユースケースには、プランニングエンティティークラスが 1 つだけあり、1 つのプランニングエンティティークラスに対してプランニング変数が 1 つだけ含まれます。