Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2.3. 従業員の勤務表プロジェクトへのデータモデルの作成

このセクションでは、Business Central で従業員の勤務表サンプルプロジェクトを実行するのに必要なデータオブジェクトを作成します。

前提条件

手順

  1. 新規プロジェクトで、プロジェクトパースペクティブの Data Object をクリックするか、Add AssetData Object をクリックして、新しいデータオブジェクトを作成します。
  2. 最初のデータオブジェクトの名前を Timeslot とし、パッケージemployeerostering.employeerostering を選択します。

    OK をクリックします。

  3. Data Objects パースペクティブで +add field をクリックして、Timeslot データオブジェクトにフィールドを追加します。
  4. id フィールドで endTime と入力します。
  5. Type の横にあるドロップダウンメニューをクリックし、LocalDateTime を選択します。
  6. Create and continue を別のフィールドに追加します。
  7. id startTime および Type LocalDateTime を使用して、フィールドを追加します。
  8. Create をクリックします。
  9. 右上の Save をクリックして、Timeslot データオブジェクトを保存します。
  10. 右上の x をクリックして、Data Objects パースペクティブを閉じ、Assets メニューに戻ります。
  11. 前述の手順で、以下のデータオブジェクトとその属性を作成します。

    表5.1 Skill

    idタイプ

    name

    String

    表5.2 Employee

    idタイプ

    name

    String

    skills

    employeerostering.employeerostering.Skill[List]

    表5.3 Shift

    idタイプ

    requiredSkill

    employeerostering.employeerostering.Skill

    timeslot

    employeerostering.employeerostering.Timeslot

    表5.4 DayOffRequest

    idタイプ

    date

    LocalDate

    employee

    employeerostering.employeerostering.Employee

    表5.5 ShiftAssignment

    idタイプ

    employee

    employeerostering.employeerostering.Employee

    shift

    employeerostering.employeerostering.Shift

データオブジェクトの作成例は『 デシジョンサービスの使用ガイド』 を参照してください。

5.2.3.1. 従業員の勤務表プランニングエンティティーの作成

従業員勤務表の計画問題を解決するには、プランニングエンティティーと Solver を作成する必要があります。プランニングエンティティーは、Red Hat ビルドの OptaPlanner ドックで利用可能な属性を使用して、ドメインデザイナーに定義します。

以下の手順に従って、従業員の勤務表サンプルに、ShiftAssignment データオブジェクトをプランニングエンティティーとして定義します。

前提条件

手順

  1. プロジェクトの Assets メニューから、ShiftAssignment データオブジェクトを開きます。
  2. Data Objects パースペクティブで、右側の OptaPlanner icon をクリックして、OptaPlanner のドックを開きます。
  3. Planning Entity を選択します。
  4. ShiftAssignment データオブジェクトのフィールドリストで employee を選択します。
  5. OptaPlanner ドックで Planning Variable を選択します。

    Value Range Id 入力フィールドに employeeRange を入力します。これにより、@ValueRangeProvider アノテーションがプランニングエンティティーに追加され、デザイナーの Source タブをクリックすると表示されます。

    プランニング変数の値の範囲は @ValueRangeProvider アノテーションで定義されます。@ValueRangeProvider アノテーションには id プロパティーが常にあり、@PlanningVariablevalueRangeProviderRefs プロパティーから参照されます。

  6. ドックを閉じ、Save をクリックして、データオブジェクトを保存します。