Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.4. OptaPlanner ドメインアクセスの指定

デフォルトでは、OptaPlanner はリフレクションを使用してドメインにアクセスします。リフレクションは信頼性がありますが、直接アクセスに比べると遅くなります。または、Gizmo を使用してドメインにアクセスするように OptaPlanner を設定できます。これにより、リフレクションなしにドメインのフィールドとメソッドに直接アクセスするバイトコードが生成されます。ただし、この手法には以下の制限があります。

  • プランニングアノテーションは、パブリックフィールドおよびパブリック getter でのみ指定できます。
  • io.quarkus.gizmo:gizmo はクラスパス上にある必要があります。
注記

Gizmo がデフォルトのドメインアクセスタイプであるため、Quarkus で OptaPlanner を使用する場合、これらの制限は適用されません。

手順

Quarkus の外部にある Gizmo を使用するには、ソルバー設定で domainAccessType を設定します。

  <solver>
    <domainAccessType>GIZMO</domainAccessType>
  </solver>