Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.2.2. 従業員勤務表スターターアプリケーションの JAR ファイル実行

Red Hat Process Automation Manager 7.12.0 Kogito および OptaPlanner 8 Decision Services Quickstarts ダウンロードに含まれる JAR ファイルから、従業員勤務表スターターアプリケーションを実行します。

前提条件

  • 「デプロイメントファイルの準備」 」に従って rhpam-7.12.0-kogito-and-optaplanner-quickstarts.zip ファイルをダウンロードして展開している。
  • Java 開発キットがインストールされている。
  • Maven がインストールされている。
  • ホストからインターネットにアクセスできる。ビルドプロセスは、インターネットを使用して、外部のリポジトリーから Maven パッケージをダウンロードします。

手順

  1. コマンドターミナルで rhpam-7.12.0-kogito-and-optaplanner-quickstarts/optaweb-8.11.1.Final-redhat-00006/optaweb-employee-rostering ディレクトリーに移動します。
  2. 以下のコマンドを実行します。

    mvn clean install -DskipTests
  3. ビルドプロセスが完了するまで待ちます。
  4. rhpam-7.12.0-kogito-and-optaplanner-quickstarts/optaweb-8.11.1.Final-redhat-00006/optaweb-employee-rostering/optaweb-employee-rostering-standalone/target ディレクトリーに移動します。
  5. 以下のコマンドを実行して、従業員勤務 JAR ファイルを実行します。

    java -jar quarkus-app/quarkus-run.jar
    注記

    quarkus.datasource.db-kind パラメーターの値は、ビルド時にデフォルトで H2 に設定されます。別のデータベースを使用するには、スタンドアロンモジュールを再構築し、コマンドラインでデータベースタイプを指定します。たとえば、PostgreSQL データベースを使用するには、以下のコマンドを入力します。

    mvn clean install -DskipTests -Dquarkus.profile=postgres

  6. アプリケーションにアクセスするには、Web ブラウザーで http://localhost:8080/ と入力します。