Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.2. 従業員勤務表スターターアプリケーションの構築と実行

ソースコードから従業員勤務表スターターアプリケーションを構築して、JAR ファイルとして実行します。

または、Eclipse (Red Hat JBoss CodeReady Studio を含む) などの IDE を使用して、アプリケーションを構築し、実行します。

14.2.1. デプロイメントファイルの準備

デプロイメントファイルをダウンロードし、準備してから、アプリケーションの構築、デプロイを行う必要があります。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの「Software Downloads」ページに移動し (ログインが必要)、ドロップダウンオプションから製品およびバージョンを選択します。

    • Product: Process Automation Manager
    • Version: 7.12
  2. Red Hat Process Automation Manager 7.12.0 Kogito and OptaPlanner 8 Decision Services Quickstarts (rhpam-7.12.0-kogito-and-optaplanner-quickstarts.zip)をダウンロードします。
  3. rhpam-7.12.0-kogito-and-optaplanner-quickstarts.zip ファイルを展開します。
  4. Red Hat Process Automation Manager 7.12 Maven Repository Kogito およびOptaPlanner 8 Maven Repository (rhpam-7.12.0-kogito-maven-repository.zip) をダウンロードします。
  5. rhpam-7.12.0-decision-services-quickstarts.zip ファイルを展開します。
  6. rhpam-7.12.0-kogito-maven-repository/maven-repository サブディレクトリーのコンテンツを ~/.m2/repository ディレクトリーにコピーします。
  7. optaweb-8.11.1.Final-redhat-00006/optaweb-employee-rostering ディレクトリーに移動します。このディレクトリーは、後述する例でベースとなるディレクトリーです。

    注記

    ファイルおよびディレクトリーの名前で使用されるバージョン番号は、本書で使用するバージョンよりも新しい場合があります。