Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第6章 OptaPlanner および Quarkus の使用ガイド

https://code.quarkus.redhat.com の Web サイトを使用して Red Hat ビルドの OptaPlanner Quarkus の Maven プロジェクトを生成し、アプリケーションで使用する拡張機能を自動的に追加および設定できます。その後、Quarkus Maven リポジトリーのダウンロードや、プロジェクトでのオンライン Maven リポジトリーの使用が可能になります。

6.1. Apache Maven および Red Hat ビルドの Quarkus

Apache Maven は分散型構築自動化ツールで、ソフトウェアプロジェクトの作成、ビルド、および管理を行うために Java アプリケーション開発で使用されます。Maven は Project Object Model (POM) ファイルと呼ばれる標準の設定ファイルを使用して、プロジェクトの定義や構築プロセスの管理を行います。POM ファイルは、モジュールおよびコンポーネントの依存関係、ビルドの順番、結果となるプロジェクトパッケージのターゲットを記述し、XML ファイルを使用して出力します。これにより、プロジェクトが適切かつ統一された状態でビルドされるようになります。

Maven リポジトリー

Maven リポジトリーには、Java ライブラリー、プラグイン、およびその他のビルドアーティファクトが格納されます。デフォルトのパブリックリポジトリーは Maven 2 Central Repository ですが、複数の開発チームの間で共通のアーティファクトを共有する目的で、社内のプライベートおよび内部リポジトリーとすることが可能です。また、サードパーティーのリポジトリーも利用できます。

Quarkus プロジェクトでオンライン Maven リポジトリーを使用するか、Red Hat ビルドの Quarkus の Maven リポジトリーをダウンロードできます。

Maven プラグイン

Maven プラグインは、POM ファイルの定義済みの部分で 1 つ以上のゴールを達成します。Quarkus アプリケーションは以下の Maven プラグインを使用します。

  • Quarkus Maven プラグイン (quarkus-maven-plugin): Maven による Quarkus プロジェクトの作成を実現して、uber-JAR ファイルの生成をサポートし、開発モードを提供します。
  • Maven Surefire プラグイン (maven-surefire-plugin): ビルドライフサイクルのテストフェーズで使用され、アプリケーションでユニットテストを実行します。プラグインは、テストレポートが含まれるテキストファイルと XML ファイルを生成します。

6.1.1. オンラインリポジトリーの Maven の settings.xml ファイルの設定

ユーザーの settings.xml ファイルを設定して、Maven プロジェクトでオンライン Maven リポジトリーを使用できます。これは、推奨の手法です。リポジトリーマネージャーまたは共有サーバー上のリポジトリーと使用する Maven 設定は、プロジェクトの制御および管理性を向上させます。

注記

Maven の settings.xml ファイルを変更してリポジトリーを設定する場合、変更はすべての Maven プロジェクトに適用されます。

手順

  1. テキストエディターまたは統合開発環境 (IDE) で Maven の ~/.m2/settings.xml ファイルを開きます。

    注記

    ~/.m2/ ディレクトリーに settings.xml ファイルがない場合には、$MAVEN_HOME/.m2/conf/ ディレクトリーから ~/.m2/ ディレクトリーに settings.xml ファイルをコピーします。

  2. 以下の行を Maven の settings.xml ファイルの <profiles> 要素に追加します。

    <!-- Configure the Maven repository -->
    <profile>
      <id>red-hat-enterprise-maven-repository</id>
      <repositories>
        <repository>
          <id>red-hat-enterprise-maven-repository</id>
          <url>https://maven.repository.redhat.com/ga/</url>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </repository>
      </repositories>
      <pluginRepositories>
        <pluginRepository>
          <id>red-hat-enterprise-maven-repository</id>
          <url>https://maven.repository.redhat.com/ga/</url>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </pluginRepository>
      </pluginRepositories>
    </profile>
  3. 以下の行を settings.xml ファイルの <activeProfiles> 要素に追加し、ファイルを保存します。

    <activeProfile>red-hat-enterprise-maven-repository</activeProfile>

6.1.2. Quarkus Maven リポジトリーのダウンロードおよび設定

オンライン Maven リポジトリーを使用しない場合は、Quarkus Maven リポジトリーをダウンロードして設定できます。Quarkus Maven リポジトリーには、Java 開発者がアプリケーションの構築に使用する要件の多くが含まれています。この手順では、Maven の settings.xml ファイルを編集し、Quarkus Maven リポジトリーを設定する方法を説明します。

注記

Maven の settings.xml ファイルを変更してリポジトリーを設定する場合、変更はすべての Maven プロジェクトに適用されます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの Software Downloads ページから Red Hat ビルドの Quarkus Maven リポジトリーの ZIP ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたアーカイブを展開します。
  3. ~/.m2/ ディレクトリーに移動し、テキストエディターまたは統合開発環境 (IDE) で Maven の settings.xml ファイルを開きます。
  4. 以下の行を settings.xml ファイルの <profiles> 要素に追加します。ここで、QUARKUS_MAVEN_REPOSITORY はダウンロードした Maven リポジトリーのパスです。QUARKUS_MAVEN_REPOSITORY の形式は file://$PATH でなければなりません。たとえば file:///home/userX/rh-quarkus-2.2.3.GA-maven-repository/maven-repository のようになります。

    <!-- Configure the Quarkus Maven repository -->
    <profile>
      <id>red-hat-enterprise-maven-repository</id>
      <repositories>
        <repository>
          <id>red-hat-enterprise-maven-repository</id>
          <url>QUARKUS_MAVEN_REPOSITORY</url>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </repository>
      </repositories>
      <pluginRepositories>
        <pluginRepository>
          <id>red-hat-enterprise-maven-repository</id>
          <url>QUARKUS_MAVEN_REPOSITORY</url>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
        </pluginRepository>
      </pluginRepositories>
    </profile>
  5. 以下の行を settings.xml ファイルの <activeProfiles> 要素に追加し、ファイルを保存します。

    <activeProfile>red-hat-enterprise-maven-repository</activeProfile>
重要

Maven リポジトリーに古いアーティファクトが含まれる場合は、プロジェクトをビルドまたはデプロイしたときに以下のいずれかの Maven エラーメッセージが表示されることがあります。ここで、ARTIFACT_NAME は不明なアーティファクトの名前で、PROJECT_NAME は構築を試みているプロジェクトの名前になります。

  • Missing artifact PROJECT_NAME
  • [ERROR] Failed to execute goal on project ARTIFACT_NAME; Could not resolve dependencies for PROJECT_NAME

この問題を解決するには、~/.m2/repository ディレクトリーにあるローカルリポジトリーのキャッシュバージョンを削除し、最新の Maven アーティファクトを強制的にダウンロードします。