Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第15章 Red Hat OpenShift Container Platform での Red Hat ビルドの OptaPlanner のデプロイメントおよび使用: 従業員勤務表スターターアプリケーション

ビジネスルールの作成者は、Red Hat Process Automation Manager ディストリビューションに含まれる optaweb-employee-rostering スタータープロジェクトを OpenShift に簡単にデプロイして、Red Hat ビルドの OptaPlanner 機能をテストして操作できます。

前提条件

  • デプロイした OpenShift 環境にアクセスできる。詳細は、使用する OpenShift 製品のドキュメンテーションを参照してください。

15.1. 従業員勤務表スターターアプリケーションの概要

従業員勤務表スターターアプリケーションは、組織内のさまざまな場所に従業員を割り当てます。たとえば、アプリケーションを使用して、病院での看護師のシフト、さまざまな場所での警備勤務シフト、作業者の組み立てラインのシフトを割り当てます。

従業員勤務表を最適化するには、多くの変数を考慮する必要があります。たとえば、業務が異なれば、求められるスキルが異なります。また、従業員の中には、特定の時間帯に勤務できない場合や、特定の時間帯での勤務を希望する場合があります。さらに、従業員によっては、1 回に就業できる時間に制限がある契約を交わしている可能性があります。

このスターターアプリケーションの Red Hat ビルドの OptaPlanner ルールは、ハード制約およびソフト制約を使用します。最適化時に、従業員が勤務できない (または病欠の) 場合や、ある 1 つのシフト内の 2 つのスポットで働くことができない場合など、プランニングエンジンはハード制約に違反することができません。プランニングエンジンは、ソフト制約 (特定のシフトで勤務しないという従業員の希望など) に順守しようとしますが、最適なソリューションには違反が必要だと判断した場合は、違反することができます。