第3章 Business Central を使用しないプロジェクトデプロイメント

Business Central インターフェイスにプロジェクトを開発およびデプロイする代わりに、独立した Maven プロジェクトまたは独自の Java アプリケーションを使用して、Red Hat Process Automation Manager プロジェクトを開発し、KIE コンテナー (デプロイメントユニット) のプロジェクトを、設定した KIE Server にデプロイします。KIE Server REST API を使用して、ビルドおよびデプロイしたサービスおよびプロジェクトバージョンを含む KIE コンテナーを起動、停止、または削除できます。このような柔軟性により、引き続き既存のアプリケーションのワークフローを使用して、Red Hat Process Automation Manager 機能を使用するビジネスアセットを開発できます。

Business Central のプロジェクトは、プロジェクトをビルドしてデプロイする際に自動的にパッケージ化されます。Business Central 以外のプロジェクト (独立した Maven プロジェクト、Java アプリケーションのプロジェクトなど) をビルドしてデプロイする場合は、追加した kmodule.xml ファイルに KIE モジュール記述子設定を追加するか、Java アプリケーションに直接指定する必要があります。

3.1. KIE モジュール記述子ファイルの設定

KIE モジュールは、追加メタデータファイル META-INF/kmodule.xml を持つ Maven プロジェクトまたはモジュールです。Red Hat Process Automation Manager プロジェクトを適切にパッケージングしてデプロイするには kmodule.xml ファイルが必要になります。この kmodule.xml ファイルは、プロジェクトのアセットの KIE ベースおよび KIE セッション設定を定義する KIE モジュール記述子ファイルです。KIE ベースには、Red Hat Process Automation Manager のルール、プロセス、その他のビジネスアセットがすべて含まれるリポジトリーですが、ランタイムデータは含まれません。KIE セッションは、ランタイムデータを保存および実行し、kmodule.xml ファイルに KIE セッションを定義した場合は KIE ベース、または KIE コンテナーから直接作成されます。

Business Central 以外のプロジェクト (独立した Maven プロジェクト、Java アプリケーションのプロジェクトなど) を作成する場合は、追加した kmodule.xml ファイルに KIE モジュール記述子設定を指定するか、Java アプリケーションに直接指定することでプロジェクトをビルドしてデプロイします。

手順

  1. プロジェクトの ~/resources/META-INF ディレクトリーに、最低でも以下の内容を含む kmodule.xml メタデータを作成します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
    </kmodule>

    プロジェクトの resources パスで見つかったすべてのファイルを含むデフォルトの KIE ベースを 1 つ作成するには、この空の kmodule.xml ファイルで十分です。デフォルトの KIE ベースには、ビルド時にアプリケーションに KIE コンテナーを作成する際に発生するデフォルト KIE セッションも 1 つ含まれます。

    以下は、より高度な kmodule.xml ファイルの例です。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kmodule xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://www.drools.org/xsd/kmodule">
      <configuration>
          <property key="drools.evaluator.supersetOf" value="org.mycompany.SupersetOfEvaluatorDefinition"/>
      </configuration>
      <kbase name="KBase1" default="true" eventProcessingMode="cloud" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg1">
        <ksession name="KSession1_1" type="stateful" default="true" />
        <ksession name="KSession1_2" type="stateful" default="true" beliefSystem="jtms" />
      </kbase>
      <kbase name="KBase2" default="false" eventProcessingMode="stream" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg2, org.domain.pkg3" includes="KBase1">
        <ksession name="KSession2_1" type="stateless" default="true" clockType="realtime">
          <fileLogger file="debugInfo" threaded="true" interval="10" />
          <workItemHandlers>
            <workItemHandler name="name" type="new org.domain.WorkItemHandler()" />
          </workItemHandlers>
          <listeners>
            <ruleRuntimeEventListener type="org.domain.RuleRuntimeListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.FirstAgendaListener" />
            <agendaEventListener type="org.domain.SecondAgendaListener" />
            <processEventListener type="org.domain.ProcessListener" />
          </listeners>
        </ksession>
      </kbase>
    </kmodule>

    この例では、KIE ベースが 2 つ定義されます。ルールアセットの特定の パッケージ は両方 KIE ベースに含まれます。このようにパッケージを指定した場合は、指定したパッケージを反映するディレクトリー構造にルールファイルを整理する必要があります。KIE ベース KBase1 から 2 つの KIE セッションをインスタンス化し、KBase2 から KIE セッションを 1 つインスタンス化します。KBase2 の KIE セッションは ステートレス な KIE セッションですが、これは 1 つ前の KIE セッションで呼び出されたデータ (1 つ前のセッションの状態) が、セッションの呼び出しと呼び出しの間で破棄されることを示しています。また、その KIE セッションには、ファイル (またはコンソール) ロガー、WorkItemHandler、サポートされる 3 種類のリスナー (ruleRuntimeEventListeneragendaEventListener、および processEventListener) も指定されます。<configuration> 要素は、kmodule.xml ファイルをさらにカスタマイズするのに使用できる任意のプロパティーを定義します。

    プロジェクトに kmodule.xml ファイルを手動で追加する代わりに、Java アプリケーションの KieModuleModel インスタンスを使用するか、プログラムで kmodule.xml ファイルを作成し、KIE ベースおよび KIE セッションを定義し、KIE 仮想ファイルシステム KieFileSystem に、プロジェクトのリソースをすべて追加します。

    プログラムを使用して kmodule.xml を作成し、KieFileSystem に追加

    import org.kie.api.KieServices;
    import org.kie.api.builder.model.KieModuleModel;
    import org.kie.api.builder.model.KieBaseModel;
    import org.kie.api.builder.model.KieSessionModel;
    import org.kie.api.builder.KieFileSystem;
    
    KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
    KieModuleModel kieModuleModel = kieServices.newKieModuleModel();
    
    KieBaseModel kieBaseModel1 = kieModuleModel.newKieBaseModel("KBase1")
      .setDefault(true)
      .setEqualsBehavior(EqualityBehaviorOption.EQUALITY)
      .setEventProcessingMode(EventProcessingOption.STREAM);
    
    KieSessionModel ksessionModel1 = kieBaseModel1.newKieSessionModel("KSession1_1")
      .setDefault(true)
      .setType(KieSessionModel.KieSessionType.STATEFUL)
      .setClockType(ClockTypeOption.get("realtime"));
    
    KieFileSystem kfs = kieServices.newKieFileSystem();
    kfs.writeKModuleXML(kieModuleModel.toXML());

  2. 手動またはプログラムで kmodule.xml ファイルをプロジェクトに設定したら、設定を検証する KIE コンテナーから KIE ベースおよび KIE セッションを取得します。

    KieServices kieServices = KieServices.Factory.get();
    KieContainer kContainer = kieServices.getKieClasspathContainer();
    
    KieBase kBase1 = kContainer.getKieBase("KBase1");
    KieSession kieSession1 = kContainer.newKieSession("KSession1_1"),
        kieSession2 = kContainer.newKieSession("KSession1_2");
    
    KieBase kBase2 = kContainer.getKieBase("KBase2");
    StatelessKieSession kieSession3 = kContainer.newStatelessKieSession("KSession2_1");

    kmodule.xml ファイルに、KieBase または KieSessiondefault="true" と設定している場合は、先ほどの kmodule.xml 例のように、名前を渡さずに KIE コンテナーから取得できます。

    KieContainer kContainer = ...
    
    KieBase kBase1 = kContainer.getKieBase();
    KieSession kieSession1 = kContainer.newKieSession(),
        kieSession2 = kContainer.newKieSession();
    
    KieBase kBase2 = kContainer.getKieBase();
    StatelessKieSession kieSession3 = kContainer.newStatelessKieSession();

    Red Hat Process Automation Manager ディストリビューションの以下のシステムプロパティーの値を変更して、デシジョンエンジンにキャッシュする KIE モジュールまたはアーティファクトバージョンの最大数を増減できます。

    • kie.repository.project.cache.size: デシジョンエンジンにキャッシュする最大 KIE モジュール数。デフォルト値は 100 です。
    • kie.repository.project.versions.cache.size: デシジョンエンジンにキャッシュする同一のアーティファクトに対して最大指定可能なバージョン数。デフォルト値は 10 です。

    KIE リポジトリー設定の完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.12.0 Source Distribution の ZIP ファイルをダウンロードして、~/rhpam-7.12.0-sources/src/drools-$VERSION/drools-compiler/src/main/java/org/drools/compiler/kie/builder/impl/KieRepositoryImpl.java に移動してください。

kmodule.xml ファイルの詳細は、(まだダウンロードしていない場合には) Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.12.0 Source Distribution の ZIP ファイルをダウンロードし、$FILE_HOME/rhpam-$VERSION-sources/kie-api-parent-$VERSION/kie-api/src/main/resources/org/kie/api/ に保存してある XML スキーマ kmodule.xsd を参照してください。

3.1.1. KIE モジュール設定のプロパティー

プロジェクトにおいて、KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) の任意の <configuration> 要素は、プロパティーの キー および ペアを定義し、kmodule.xml ファイルをさらにカスタマイズするのに使用できます。

kmodule.xml ファイルの設定プロパティーの例

<kmodule>
  ...
  <configuration>
    <property key="drools.dialect.default" value="java"/>
    ...
  </configuration>
  ...
</kmodule>

以下は、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) でサポートされる <configuration> プロパティーのキーおよび値です。

drools.dialect.default

デフォルトの Drools 方言を設定します。

サポートされる値: javamvel

<property key="drools.dialect.default"
  value="java"/>
drools.accumulate.function.$FUNCTION

指定した関数名に累積関数を実装するクラスのリンク。デシジョンエンジンにカスタムの累積関数を追加できます。

<property key="drools.accumulate.function.hyperMax"
  value="org.drools.custom.HyperMaxAccumulate"/>
drools.evaluator.$EVALUATION

デシジョンエンジンにカスタムのエバリュエーターを追加できるように、指定したエバリュエーター名にエバリュエーター定義を実装するクラスをリンクします。エバリュエーターは、カスタムオペレーターと類似しています。

<property key="drools.evaluator.soundslike"
  value="org.drools.core.base.evaluators.SoundslikeEvaluatorsDefinition"/>
drools.dump.dir

Red Hat Process Automation Manager の dump/log ディレクトリーにパスを設定します。

<property key="drools.dump.dir"
  value="$DIR_PATH/dump/log"/>
drools.defaultPackageName

プロジェクトのビジネスアセットにデフォルトパッケージを設定します。

<property key="drools.defaultPackageName"
  value="org.domain.pkg1"/>
drools.parser.processStringEscapes

文字列のエスケープ機能を設定します。このプロパティーを false に設定すると、\n 文字が改行文字として解釈されません。

サポートされる値: true (デフォルト)、false

<property key="drools.parser.processStringEscapes"
  value="true"/>
drools.kbuilder.severity.$DUPLICATE

KIE ベースがビルドされたときに報告される重複したルール、プロセス、または関数のインスタンスの重大度を設定します。たとえば、duplicateRuleERROR に設定すると、KIE ベースのビルド時に検出された重複ルールに対してエラーが生成されます。

サポートされるキー接尾辞: duplicateRuleduplicateProcessduplicateFunction

サポートされる値: INFOWARNINGERROR

<property key="drools.kbuilder.severity.duplicateRule"
  value="ERROR"/>
drools.propertySpecific

デシジョンエンジンのプロパティーの反応を設定します。

サポートされる値: DISABLEDALLOWEDALWAYS

<property key="drools.propertySpecific"
  value="ALLOWED"/>
drools.lang.level

DRL 言語レベルを設定します。

サポートされる値: DRL5DRL6DRL6_STRICT (デフォルト)

<property key="drools.lang.level"
  value="DRL_STRICT"/>

3.1.2. KIE モジュールでサポートされる KIE ベース属性

KIE ベースは、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) を定義するリポジトリーで、Red Hat Process Automation Manager のルール、プロセス、その他のビジネスアセットが含まれます。kmodule.xml ファイルで KIE ベースを定義した場合は、特定の属性および値を指定して、KIE ベース設定をさらにカスタマイズできます。

kmodule.xml ファイルの KIE ベース設定例

<kmodule>
  ...
  <kbase name="KBase2" default="false" eventProcessingMode="stream" equalsBehavior="equality" declarativeAgenda="enabled" packages="org.domain.pkg2, org.domain.pkg3" includes="KBase1" sequential="false">
    ...
  </kbase>
  ...
</kmodule>

以下は、プロジェクトの KIE モジュール記述ファイル (kmodule.xml) でサポートされる kbase 属性および値です。

表3.1 KIE モジュールでサポートされる KIE ベース属性

属性サポートされている値説明

name

すべての名前

KieContainer から KieBase を取得する名前を定義します。この属性は必須です。

includes

KIE モジュールのその他の KIE ベースオブジェクトのコンマ区切り一覧

この KIE ベースに追加するその他の KIE ベースオブジェクトとアーティファクトを定義します。モジュールの pom.xml ファイルに依存関係として宣言している場合は、KIE ベースを複数の KIE モジュールに追加できます。

packages

KIE ベースに追加するパッケージのコンマ区切りの一覧

デフォルト値: all

(ルールやプロセスなど) この KIE ベースに追加するアーティファクトのパッケージを定義します。デフォルトでは、~/resources ディレクトリーのすべてのアーティファクトは KIE ベースに含まれます。この属性は、コンパイルしたアーティファクトの数を制限できます。この属性に指定した一覧に含まれるパッケージだけがコンパイルされます。

default

truefalse

デフォルト値: false

KIE ベースは、モジュールのデフォルトの KIE ベースで、名前を渡さずに KIE コンテナーから作成できます。各モジュールにはデフォルトの KIE ベースを 1 つだけ指定できます。

equalsBehavior

identityequality

デフォルト値: identity

新しいファクトが作業メモリーに挿入された場合の Red Hat Process Automation Manager の動作を定義します。identity に設定した場合は、同じオブジェクトがワーキングメモリーに存在する場合を除いて、常に新しい FactHandle が作成されます。equality に設定時には、挿入した equals() メソッドに従い、新たに挿入したオブジェクトが既存のファクトと異なる場合に限り新しい FactHandle が作成されます。オブジェクトを明示的な ID ではなく、機能の同等性をもとに評価する場合は、equality モードを使用します。

eventProcessingMode

cloudstream

デフォルト値: cloud

イベントが KIE ベースで処理される方法を指定します。このプロパティーを cloud に設定すると、KIE ベースはイベントを通常のファクトとして扱います。stream に設定すると、イベントに対する一時的な推論が可能になります。

declarativeAgenda

disabledenabled

デフォルト値: disabled

宣言型アジェンダが有効かどうかを指定します。

sequential

truefalse

デフォルト値: false

シーケンシャルモードが有効かどうかを判断します。順次モードでは、デシジョンエンジンは、ワーキングメモリーでの変更に関係なく、デシジョンエンジンアジェンダにリスト化された順番でルールを一度評価します。ステートレスの KIE セッションを使用しており、ルールを実行することで、アジェンダで次に出てくるルールに影響を与えないようにするには、このプロパティーを有効にします。

3.1.3. KIE モジュールでサポートされる KIE セッション属性

KIE セッションがランタイムデータを保存および実行し、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) で KIE セッションを定義した場合は KIE ベース、または KIE コンテナーから直接作成されます。KIE ベースおよび KIE セッションを kmodule.xml ファイルに定義すると、特定の属性および値を指定して、KIE セッション設定をさらにカスタマイズできます。

kmodule.xml ファイルの KIE セッション設定例

<kmodule>
  ...
  <kbase>
    ...
    <ksession name="KSession2_1" type="stateless" default="true" clockType="realtime">
    ...
  </kbase>
  ...
</kmodule>

以下は、プロジェクトの KIE モジュール記述子ファイル (kmodule.xml) でサポートされている ksession 属性および値です。

表3.2 KIE モジュールでサポートされる KIE セッション属性

属性サポートされている値説明

name

すべての名前

KieContainer から KieSession を取得する名前を定義します。この属性は必須です。

type

statefulstateless

デフォルト値: stateful

KIE セッションの呼び出しと呼び出しの間にデータを保持 (stateful) するか、破棄 (stateless) するかを指定します。stateful に設定したセッションでは、ワーキングメモリーを繰り返し使用できますが、stateless に設定したセッションでは、通常、アセットを 1 回だけ実行するために使用されます。stateless セッションは、新しいファクトが追加、更新、または削除され、ルールが実行されるたびに変更するナレッジの状態を保存します。stateless セッションの実行には、ルール実行など、以前のアクションに関する情報はありません。

default

truefalse

デフォルト値: false

KIE セッションをモジュールのデフォルトセッションにし、名前を渡さずに KIE コンテナーから作成できるようにするかどうかを指定します。各モジュールにはデフォルトの KIE セッションを 1 つだけ指定できます。

clockType

realtimepseudo

デフォルト値: realtime

イベントのタイムスタンプを、アプリケーションが制御するシステムクロック、または疑似クロックから割り当てられるかどうかを指定します。このクロックは、一時的なルールをテストするユニットで特に便利です。

beliefSystem

simplejtmsdefeasible

デフォルト値: simple

KIE セッションが使用する信念体系の種類を定義します。信念体系は、ナレッジ (ファクト) から事実を推測します。たとえば、後ほどデシジョンエンジンから削除される別のファクトに基づいて新しいファクトが挿入されると、この体系では、新たに挿入されたファクトも削除する必要があると判断します。