21.3. サポート対象の KIE Server REST API エンドポイント

KIe Server REST API は、Red Hat Process Automation Manager で以下のタイプのリソースにエンドポイントを提供します。

  • KIE Server および KIE コンテナー
  • KIE セッションアセット (ランタイムコマンド用)
  • DMN アセット
  • プラニングソルバー
  • プロセス
  • プロセスイメージ
  • プロセスおよびタスクフォーム
  • タスク
  • ケース
  • ドキュメント
  • ジョブ
  • プロセス、タスク、およびケースのクエリー
  • カスタムクエリー

KIE Server REST API のベース URL は http://SERVER:PORT/kie-server/services/rest/ です。ユーザーロール kie-server では、すべての要求で HTTP の Basic 認証またはトークンベースの認証が必要です。

KIE Server REST API エンドポイントの完全一覧と説明については、以下の関連資料を参照してください。

  • jBPM ドキュメントページ (静的) の Execution Server REST API
  • http://SERVER:PORT/kie-server/docs (動的。稼働中の KIE Server が必要) ページの KIE Server REST API 用 Swagger UI

    注記

    デフォルトでは、org.kie.swagger.server.ext.disabled=false システムプロパティーが指定されており、KIE Server の Swagger Web インターフェイスが有効になっています。KIE Server で Swagger Web インターフェイスを無効にするには、このシステムプロパティーを true に設定してください。

API がプロセスイメージにアクセスするには、システムプロパティー <storesvgonsave enabled="true"/>$SERVER_HOME/standalone/deployments/business-central.war/org.kie.workbench.KIEWebapp/profiles/jbpm.xml で Red Hat Process Automation Manager プロジェクト用に設定されている必要があります。このプロパティーは、デフォルトで true に設定されています。API がプロセスイメージを使用していない場合は、ファイルで true に設定して KIE Server を再起動し、関連プロセスを変更して保存します。その後、プロジェクトをビルドしてデプロイします。このプロパティーの設定により SVG イメージが保存されるので、KIE Server REST API が取得できるようになります。

21.3.1. カスタムクエリー

カスタムクエリーエンドポイントを使用して、Red Hat Process Automation Manager でカスタムクエリーを作成およびアクセスできます。カスタムクエリーは、Red Hat Process Automation Manager データベースから任意のデータをリクエストできます。

Red Hat Process Automation Manager には、多数のカスタムクエリーが含まれています。これらのクエリーを使用して、プロセスインスタンスとユーザータスクの完全なリストにアクセスできます。

カスタムクエリーの実行時に、mapper パラメーターに クエリーマッパー の名前を指定する必要があります。マッパーは、SQL クエリー結果を JSON 応答のオブジェクトにマッピングします。独自のクエリー結果マッパーか、Red Hat Process Automation Manager で提供されているマッパーのいずれかを実装することができます。Red Hat Process Automation Manager のクエリーマッパーは、テーブルをエントリーにマッピングする、Hibernate などの他のオブジェクト関係マッピング (ORM) プロバイダーと同様のものです。

たとえば、カスタムクエリーがプロセスインスタンスデータを返す場合は、org.jbpm.kie.services.impl.query.mapper.ProcessInstanceQueryMapper マッパーを使用することもできます。これも ProcessInstances として登録されています。カスタムクエリーがヒューマンタスクデータを返す場合は、org.jbpm.kie.services.impl.query.mapper.UserTaskInstanceQueryMapper マッパーを使用することもできます。これも UserTasks として登録されています。追加情報を提供する他のマッパーを使用することもできます。

Red Hat Process Automation Manager に含まれるクエリーマッパーのリストは、GitHub リポジトリー を参照してください。