22.2. サポート対象の KIE Server Java クライアント

以下は、Red Hat Process Automation Manager の org.kie.server.client パッケージで利用可能な Java クライアントサービスの一部です。これらのサービスを使用して、KIE Server REST API と同様に KIE Server の関連リソースを操作できます。

  • KieServicesClient: 他の KIE Server Java クライアントのエントリーポイントとして使用し、KIE コンテナーを操作します。
  • JobServicesClient: ジョブ要求のスケジュール、キャンセル、再度のキュー入れ、および取得を行うために使用されます。
  • RuleServicesClient: ルール関連の操作を実行するためにサーバーにコマンドを送信するために使用されます (ルールの実行、KIE セッションへのオブジェクト挿入など)。
  • SolverServicesClient: ソルバーステータスや最適解の取得、またはソルバーの破棄など、Red Hat ビルドの OptaPlanner のすべての操作を実行するために使用されます。
  • ProcessServicesClient: プロセスまたは作業アイテムの開始、シグナル送信、および停止を行うために使用されます。
  • QueryServicesClient: プロセス、プロセスノード、およびプロセス変数のクエリーを行うために使用されます。
  • UserTaskServicesClient: (タスクの起動、要求、キャンセルなど) ユーザータスクに関する全操作を実行し、(プロセスインスタンス ID ごと、ユーザーごとなどの) 指定したフィールドでタスクをクエリーするために使用されます。
  • UIServicesClient: フォーム (XML または JSON) およびプロセスイメージ (SVG) の文字列表現を取得するのに使用されます。
  • ProcessAdminServicesClient: (~/org/kie/server/client/admin にある) プロセスインスタンスを使用するオペレーションにインターフェイスを提供します。
  • UserTaskAdminServicesClient: (~/org/kie/server/client/admin にある) ユーザータスクを使用する操作にインターフェイスを提供します。

getServicesClient メソッドは、これらのクライアントのいずれかへのアクセスを提供します。

RuleServicesClient rulesClient = kieServicesClient.getServicesClient(RuleServicesClient.class);

利用可能な KIE Server Java クライアントの完全一覧については、Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Process Automation Manager 7.12.0 Source Distribution をダウンロードして、~/rhpam-7.12.0-sources/src/droolsjbpm-integration-$VERSION/kie-server-parent/kie-server-remote/kie-server-client/src/main/java/org/kie/server/client に移動してください。