2.6.3. KIE コンテナーのエイリアス

KIE コンテナー (デプロイメントユニット) のエイリアスは、KIE Server インスタンスのプロキシーとして、同じコンテナーをデプロイする場合に異なるバージョンを処理しやすくします。単一のエイリアスを異なるバージョンのコンテナーにリンクできます。コンテナーをアップグレードすると、リンクされたエイリアスはコンテナーの新規バージョンを自動的に参照します。KIE コンテナーエイリアスの作成に関する詳細は、「Business Central でのデプロイメントユニットの作成」 を参照してください。

たとえば、新しいバージョンのコンテナーをデプロイするたびにクライアントアプリケーションが変わる場合は、クライアントアプリケーションがコンテナーのエイリアスを参照するようにできます。新しいコンテナーのバージョンがデプロイされると、関連付けられたエイリアスが自動的に更新され、クライアントアプリケーションを変更しなくても、全要求が自動的に新規コンテナーにルーティングされるようになります。

プロセスを 1 つ持ち、以下のプロパティーを使用するプロジェクト例を見ていきます。

  • GroupId: org.jbpm
  • ArtifactId: my-project
  • Version: 1.0
  • containerID: my-project

上記のプロジェクトを更新、ビルド、デプロイする場合に、関連付けられたプロジェクトは KIE Server で最新のバージョンに更新され、以下のプロパティーが含まれます。

  • GroupId: org.jbpm
  • ArtifactId: my-project
  • Version: 2.0

プロジェクトの最新バージョンをデプロイする場合、my-project は以前のバージョンを参照しているため、containerIDmy-project2 に更新する必要があります。

注記

すべてのプロジェクトバージョンには、異なる containerID 名が含まれます。関連付けられたクライアントアプリケーションでは、対話するプロジェクトの全バージョンを認識しておく必要があります。

コンテナーエイリアスを使用すると、KIE コンテナーを管理しやすくなります。コンテナーの作成時にコンテナーのエイリアスを明示的に設定することも、関連付けられた ArtifactId 名をもとに暗黙的に設定することもできます。必要に応じて、複数のコンテナーにエイリアスを 1 つ追加できます。コンテナーエイリアスを指定しない場合は、プロジェクトの ArtifactId が、デフォルトでコンテナーエイリアスとして設定されます。

GroupIdArtifactId の名前を含む複数のコンテナーにエイリアスを設定する場合、KIE Server と対話するたびに同じエイリアスを使用できます。

通常、コンテナーエイリアスは以下のユースケースで使用します。

  • プロセスバージョンが最新のクライアントアプリケーションで、新しいプロセスインスタンスを起動する
  • 特定のバージョンの 既存のプロセスを操作する
  • プロセス内の 既存のタスクを操作する
  • プロセス定義の イメージやフォームを操作する

たとえば、プロジェクトのバージョン 1.0 をデプロイしたら、POST 要求を以下の KIE Server REST API エンドポイントに送信してプロジェクトのプロセスを開始します。

/http://localhost:8230/kie-server/services/rest/server/containers/my-project/processes/evaluation/instances

送信要求は、org.jbpm:my-project:1.0 から新しいプロセスインスタンスを起動します。ここで、my-project はコンテナーのエイリアスとして定義しています。後に、プロジェクトのバージョン 2.0 をデプロイする場合に、同じ要求を送信すると、新規インスタンスが org.jbpm:my-project:2.0 から起動します。containerID 名を追加せずに、プロセスの最新バージョンをデプロイできます。