3.7. KIE Server でのサービスの停止および削除

Business Central 以外の Maven または Java プロジェクトから Red Hat Process Automation Manager サービスを起動した場合は、KIE Server REST API コールを使用して、サービスを含む KIE コンテナー (デプロイメントユニット) を停止して削除できます。KIE Server REST API を使用して、デプロイメントの種類 (Business Central からのデプロイメントを含む) にかかわらずサービスを停止できますが、Business Central からのサービスは Business Central インターフェイス内で停止できます。

前提条件

手順

コマンドターミナルで、以下の API 要求を実行して、KIE Server のサービスで KIE コンテナーを停止および削除します。

$ curl --user "<username>:<password>" -X DELETE http://<serverhost>:<serverport>/kie-server/services/rest/server/containers/<containerID>

以下の値を置き換えます。

  • <username><password>: kie-server ロールを持つユーザーのユーザー名およびパスワード。
  • <containerID>: KIE コンテナー (デプロイメントユニット) の識別子。ランダムの識別子を使用することもできますが、コマンドの URL およびデータの両方で同じものを使用する必要があります。
  • <serverhost>: KIE Server のホスト名 (KIE Server と同じホストでコマンドを実行する場合は localhost)。
  • <serverport>: KIE Server のポート番号。

例:

curl --user "rhpamAdmin:password@1" -X DELETE http://localhost:39043/kie-server/services/rest/server/containers/kie1